プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

新聞や女性向けの雑誌を見ると、星占いや六星占術などが必ずどこかに載っていて、「今月の運勢はどんな感じなのかな、何かいいことがあるかなあ。」とワクワク心待ちにする人も多いようです。

星占いでは12星座、または13星座に分類されていて、その人の誕生日によって星座が決まります。そして、六星占術では、生年月日のデータから計算をすることによって、土星人や金星人、水星人など6種類の星人が決まります。

今やパソコンやスマホのインターネットから24時間いつでも、占ってもらいたいときに、いつでも占いができるようになり、無料の占いサイトや電話占い、メール占い、チャット占い専門のサイトも増えてきましたね。

ふだんわたしたちが、趣味のひとつとして身近な存在となっている占い、実はこの占いを仕事にしていて、独立・開業する人や在宅ワークとする女性が増えているのをご存知でしょうか。

商店街やショッピングセンター内には、占いの館のようなスペースがあり、手相や顔の相、四柱推命やタロット占いなど多彩なジャンルの占いがあり、占い師の専門分野を活かして、運勢をみる、それが占い師の仕事ですね。

それでは、どうすれば占い師になれるのか、どうすれば開業できるのでしょうか。実は、占い師には国家資格や公的資格といったものが存在していなくて、極端に言えば「あなたの運勢を見ます。私は占い師です。」といった看板を掲げておけば、周りの人からは「あの人は占い師だ。」という目で見られるわけです。

もともと霊感が強くて、占いに興味を持つようになり、星占いやタロット占いなどについて独学で学び、在宅ワークとして占い師の仕事をしている人もいれば、占い師を養成するスクールや講座などに通って、占いの基礎から専門的な知識・技能を時間をかけてじっくりと学んできた人もいます。

インターネットで占い師、電話占い、メール占いといったキーワードで検索すると、占い専門のポータルサイトが出てきますね。このようなサイトには、多彩なジャンルの占いがあり、数多くの占い師が在籍していて、どの占い師を選んだら良いか迷うほどです。実は、このようなサイトに在籍する占い師の中には、自宅の一室を占いの館として開放していて、在宅ワークとして占いの仕事をする女性も多いようです。

わたしたちから見た占い師って、ちょっぴり神秘的で日常的な空間からどこかかけ離れたようなイメージがありますが、占い師で在宅ワークをする女性が多いことを考えると、なんだか身近な存在に感じられますよね。

現在、占い師をしている女性の中には、もともと趣味として占いをしていて、スクールに通って本格的に勉強した人もいれば、有名な占い師の弟子となってみっちり修業して独立・開業した人もいるようです。占い師になりたい!と思ったら、占い師のサイトやブログなどを見て、「占い師で在宅ワークをするのに、どうすればなれますか?」とメールで尋ねてみるのも良いですね。

本格的に占い師として在宅ワークがしたいのであれば、専門分野を1つだけではなく2つ3つ持っていると強いと思います。たとえば、星占いだけに的を絞るのではなく、タロット占いや四柱推命など、女性に人気の高いこれらのジャンルの占いができるように、しっかりと学ぶことが大切ですね。

占いの仕事で在宅ワークを始める前に、まずは友人や家族など、身近な人から占ってみてはいかがでしょうか。人を相手にする仕事ですから、仮に占いの結果が良くなくても、相手を傷つけないように優しくいたわる思いやりの心を持って接することで、相手にとっては安心感と信頼感が生まれるようになります。

占い師として本格的に稼働したい!と思ったら、ホームページを開設して、お問い合わせメールフォームを設置して、そこから相談やお問い合わせしてもらう方法もありますが、占い専門のポータルサイトなどに登録しておくと、写真やプロフィール、メッセージなどを多くの人に見てもらえるので、それを見た人からお問い合わせがどんどん来ると思います。

このように、インターネットを通じて、占い師をしていることについてアピールしておけば、遠くに離れている人からの相談や依頼も来るので、在宅ワークとしておすすめですね。相談者と直接対面しての占いだと、よほど有名な占い師でもない限りは、はるばる遠方から訪れるケースは少ないので、ネットを上手に活用して集客数を増やしていけば、占い師の在宅ワークがうまく軌道に乗ることと思います。

パソコンを使って在宅ワークや副業をする女性が増えていますが、自宅にパソコンがない人や、とくにパソコンのスキルがない人にも手軽にできる在宅ワークには、どんなものがあるのでしょうか。在宅ワークと言えば、一昔前なら手芸や簡単な手作業などの内職といったイメージでしたが、今ではそのような仕事を自宅でする人は少なくなりましたよね。

今ではスマホが普及したことにともない、インターネットやメール、ラインやツイッターなどプライベートからビジネスに至るまで、スマホのインターネット環境が整っていれば何でもできるようになりましたね。ちょっと前までは、パソコンで在宅ワークをする人がたくさんいましたが、今ではスマホ1台あれば在宅ではもちろん、外出先や移動中、出張先など、家の外にいてもスマホで仕事ができるようになりました。

スマホを使った仕事と言えば、メールレディやチャットレディなどの仕事もありますが、これらの仕事には年齢制限がありますので、誰でもできるというわけではありません。メールや会話をするのが苦手だけど、スマホを使って何かできる在宅ワークをしたいと思っているなら、お小遣いアプリをダウンロードしてはいかがでしょうか。

スマホのお小遣いアプリにはポイントをガッツリ貯められるアプリやネット上で商品の販売ができるアプリなどいろいろありますが、アプリ自体は無料でダウンロードできるので、とくに初期費用はかかりません。中には「スマホでインターネットやメールをしていると、ウイルスが入ってきたらどうしよう。」と気にする人もいるようですが、スマホ専用のウイルス対策アプリがありますので、ダウンロードしておくと良いですね。

お小遣いアプリをダウンロードすることによって、自分が持っているスマホに直接悪影響を及ぼす心配はまずないと考えて良いですが、やはりスマホを安全に長く使うためにも、ふだんからウイルス対策は万全にしておきたいものです。

お小遣いアプリにはいろんな種類があるので、なかなか的を絞りきれない時は、実際にお小遣いアプリを使って在宅ワークや副業をしている人の口コミ情報を参照してはいかがでしょうか。お小遣いアプリを上手に活用してポイントをたくさん貯めて稼いでいる人もいれば、オークションなどに品物を出品して、高額で買取りされてガッツリ稼いでいる人もいるようです。

これまでにネットオークションに出品した経験がある人や、自宅に使わない物が増えてきたら、スマホ用のアプリを活用して出品して買取してもらうのも良い方法ですね。自分ではそれほど高くは売れないだろうとは思っていても、そのような品物を欲しがっている人は全国各地にたくさんいるので、ニーズが高い品物であれば、思った以上に高い価格で売れることも馬頭らしくはないようです。

とくに出品する物がなく、人と関わってお金を稼ぐよりは地道にコツコツ型の人は、ポイントが貯められるお小遣いアプリがとくにおすすめです。お小遣いアプリでポイントをガッツリためた後は、商品券や電子マネーのポイント、現金などに交換してもらうことができます。

ポイントをガッツリ貯める方法は、ネット上の広告を閲覧する方法やゲームをする方法、アンケートに答える方法やネットショッピングなどいろいろあるので、このようなサービスをおおいに活用して賢く上手にポイントを貯めていけば、お小遣いを稼ぐこともできるし、空いた時間を活用して簡単に在宅ワークができるので、なかなかおすすめです。スマホを使った在宅ワークは、とくにこれといったスキルや資格、学歴がなくても誰にでも簡単にできるし、初期費用など経費もかからずにできるのでおすすめです。

在宅ワークと言えば、家庭の主婦に根強い人気があり、とくに子どもがいてなかなか外に働きに出るのが難しい人にとっては、ニーズが高いようですね。一般的に、在宅ワークとはその名の通り、自宅でする仕事のことを指しており、とくに自宅でパソコン関係の仕事を在宅ワークとしている人や、その仕事の形態のことをSOHOと呼ぶこともあります。

SOHOとはソーホーと言い、英語でスモール・オフィス・ホーム・オフィスの頭文字を省略した呼び方ですね。SOHOとして仕事をする人のことをSOHOワーカーと呼ぶこともあり、主婦の在宅ワークは、SOHOが定番となりつつあるようです。

そもそも主婦にとっての在宅ワークのメリットは、どんなところなのでしょうか。基本的に家でできる仕事なので、特定の場所に出向いて行く必要がなく、そのための交通費や時間の手間が省けることです。

とくに、育児や介護に日々追われている女性にとっては、近くのスーパーやコンビニに行く時間すらとれなくなることもあります。その点、在宅ワークなら自宅でできるので便利ですよね。職場での人間関係が憂鬱になる人もいるようですが、在宅ワークだとひとりで仕事をするので、人間関係の煩わしさを感じることもなくて済みます。

とくに、パソコンのスキルが高い人は、仕事の量はそれなりにありますので、自分の経験やスキルに合わせて仕事のレベルや量を調節することができます。自分の特技や資格、スキルなどを活かせる仕事なので、とてもやりがいが感じられることと思います。

在宅ワークの仕事の内容によっては、納期が短いものもあるかもしれませんが、ある程度は時間にゆとりを持って働けるので、やりやすいと思います。会社に出勤するのとは違い、朝何時から夕方何時までと働く時間が決まっていないので、自分で自由に働く時間を決められるのも、在宅ワークならではの魅力ですよね。

今日は在宅ワークをするつもりだったけれど、子どもが急に風邪をひいて熱を出した時は、仕事をお休みにすることもできるわけです。急なハプニングがあっても、臨機応変に対応できるという点では、在宅ワークだと働きやすいですね。

パートや正社員として働いていると、自分の都合で急にお休みをするのが難しく、ともすれば職場の人にひんしゅくを買うようなこともあるかもしれませんが、在宅ワークではそのような心配もなく、周囲のことを気にする必要もありません。

もうひとつ、在宅ワークの良いところは、急に転勤や引っ越しになっても、基本的には自宅で空いた時間にいつでもできる仕事なので、生活環境の変化によって仕事ができなくなることがないということです。

それでは、在宅ワークのデメリットは、どんなところなのでしょうか。在宅ワークは、自宅にてひとりで仕事をするので、なにかわからないことがあった場合に、自分で解決するのが難しくなることもあるかもしれません。しかし、わからないことがあれば、メールや電話などで尋ねることができるので、コミュニケーションがしっかりしていれば、それほど困ることはないと思います。

パソコンを浸かって在宅ワークをしている人は、パソコンの急なトラブルが発生した時に、速やかに対応しなければなりません。しかし、ふだんからそのような事態が発生しても戸惑うことがないように、仕事用のパソコンをもう1台用意しておけば、いざという時にも安心です。

納期が近づいている時に、風邪をひいて寝込んでしまった時など、なにか仕事ができない事情がある場合は、まずはクライアントに相談してみましょう。在宅ワークでは、クライアントとはお互いに顔が見えないお付き合いになるので、お互いの信頼関係を築き上げることが大切ですね。「ほうれんそう」という言葉がありますが、報告・連絡・相談、この3つのことを指しています。ふだんからこの「ほうれんそう」がきちんと出来てこそ、SOHOのプロフェッショナルであると言えるでしょう。

在宅ワークという言葉を聞くと、いまだに内職というイメージを抱く人もいるようですが、内職言えば主婦が家の中で手芸などの手作業をして単価が低くて、1時間ずっと一生懸命仕事をしてもパートの時給よりも給料が安い、なんだかそんなイメージがありますね。

しかし、今日ここでご紹介するチャットレディについては、どんな感じでしょうか。チャットレディは、パソコンやスマホのインターネットを介して、運営会社のサイトに登録した男性会員とメールやリアルタイムでの会話をする仕事のことをいい、現在チャットレディとして働いている女性は、女子大生やOL、専業主婦などもたくさんいます。

なぜこのようにチャットレディに人気が集中しているかというと、頑張ったら頑張った分の報酬が得られるからですよね。中には、本業だけでは生活が大変なので、副業として始めたチャットレディの仕事が、今ではすっかり本業になってしまった!という女性も少なくないようです。そんなにおいしい仕事があると知れば、だんだん興味がわいてきますね。

チャットレディの仕事は、おもにノンアダルト系、アダルト系といった2つのジャンルが存在していますが、運営会社によっては人妻系や熟女系といったジャンルもあるようで、現在チャットレディとして活躍している女性は、最初はノンアダルト系から始めて、そのうちアダルト系や人妻系、熟女系に移行する人もいるようです。

「チャットレディの仕事をして報酬はどれくらい?」「スーパーのレジ打ちのパートの仕事よりも、儲かるの?」といった疑問がわいてくると思いますが、チャットレディの報酬は時給いくらではなく、1分につきいくらといった計算になるんですよね。

たとえば、男性会員とのツーショットでのチャットで、分給が50円とした場合、1時間会話が続いたら50円×60分ですから、これを1時間に換算すると3000円の報酬になるわけです。そう考えると、スーパーのレジ打ちの時給と比べると、約4倍に相当すると思います。

しかし、男性会員と会話が続けば良いですが、待機時間が長くなると、報酬が発生しないので、時間を効率良く使って、男性会員に振り向いてもらえるように、プロフィール写真やメッセージなどで思い切りアピールしておくのも仕事のうちです。

運営会社によっては、新人チャットレディは1か月間は待機保証アリのサイトもあるのですが、1か月なんてあっという間に過ぎてしまうので、あとは自分の努力次第ですね。チャットレディの仕事は、パソコンやスマホのインターネット環境が安定していれば、運営会社に登録してカメラテスト完了後に、仕事が始められるので、今すぐにでも在宅ワークを始めたいと思う人は、ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。

チャットレディの在宅ワークで効率良く稼ぎたいと思ったら、まずは少しずつ仕事に慣れていくことですよね。男性との会話が好きな人は、最初からツーショットでチャットをして、会話の雰囲気に慣れてきたら、複数の男性会員とのチャットを楽しむパーティーチャットにチャレンジすることをおすすめします。

チャットをした男性会員の数が多いほど人数分の報酬が得られるわけですから、メールのみのやりとりやツーショットよりも、効率良く収入を得ることができます。もし、身近に友人や知り合いに現役チャットレディがいれば、効率良く稼ぐための方法やテクニックなどを尋ねてみるのも良いかなと思います。

男性会員は、性格がとても明るくて親しみやすくて、話を素直に聞いてくれる女性を求めているようです。もちろん人によって求めるチャットレディ像にはいろんな違いがあるとは思います。男性会員が何を求めているのか、どんな会話をしたいのか、スピーディーキャッチして、そのようなニーズに応えられるようになれば、リピーター客がどんどん増えてくると思います。

主婦の在宅ワークや副業としても人気の高いテープ起こしって、どのようなお仕事のことを指しているのでしょうか。SOHO求人サイトを見ていると、「テープ起こしの仕事ができる人を募集しています。」といった求人情報をよく見かけることがあります。

テープ起こしって、簡単に言えばカセットテープやICレコーダーなどに収録された音声データを文字にする仕事のことを言います。つまり、音声データを直接聞いて、そのまま活字にしたり、必要に応じて編集して文章として表わすのがテープ起こしなんですよ。

テープ起こしという言葉知らなくても、実はわたしたちは身近なところで、テープ起こしの仕事をした人が作成した記事をよく目にしています。雑誌のインタビューや会議、講演会、座談会などの内容をICレコーダーやカセットテープなどに収録して、それを文字にしていくという地道な作業になります。

音声データの内容を聞きながら文字にする作業なので、中には音声データが聴き取りにくいものもあるかもしれません。テープ起こしの仕事に向いているのは、耳が良い人、編集作業に慣れている人、根気強い人です。

ちょっと前の時代だとワープロ、今ではパソコンやタブレット、スマホが普及しているの゛で、音声データを聴きながらパソコンのワードのソフトで聴き取った音声を文字入力・編集するといった作業を行います。しかし、ワープロやパソコンが普及していなかった頃は、速記で文字にしていたそうです。

速記と言えば、よく雑誌の通信講座の折り込みハガキに掲載されていますね。今ではICレコーダーや動画などの機能が充実してきたので、速記の技能を持っている人が少なくなってきたようです。

気になるのは、テープ起こしの仕事の報酬ですよね。1時間あたりいくらと決められている場合もあれば、1文字につきいくらと決められている場合もあるようです。テープ起こしの仕事の内容によっては、納期を急ぐものもありますので、納期が短い仕事だと単価がアップする可能性もあります。

とくに雑誌のインタビューでのテープ起こしの場合は、雑誌を発刊する日が決められているので、納期が厳しくなる場合もあります。
これからテープ起こしの仕事を在宅ワークとして始めるにあたり、まずは何を用意しておけば良いのでしょうか。まったくの素人がいきなりSOHO求人サイトなどに応募して、「テープ起こしの仕事やります!」と意欲を燃やしていても、仕事を請けてからが大変かもしれませんね。

テープ起こしの通信講座を受講して、必要な物をすべて揃えておくと良いでしょう。最低限必要なものはパソコンや、音声データを再生する機器などです。通信講座は、テキストとDVDで学べる講座もありますが、オンラインの動画講座などもあります。学習期間は最短で3か月、長くて半年ですから、地道にコツコツしっかり学んでいけば、通信講座の受講でしっかりとしたテープ起こしの技能を身につけることができます。

通信講座によってはテープ起こしの検定試験に対応しているものもありますので、頑張って資格を取得してはいかがでしょうか。

テープ起こしの技能をマスターした後は、SOHO求人サイトに会員登録の手続きをして、プロフィールを作成しておくと良いでしょう。テープ起こしの仕事の未経験者は、まずはSOHO求人サイトに応募して、仕事を探すと良いですね。

希望条件に見合う求人があれば、不定期にメールで知らせてくれるので、このようなサービスを活用することで、受注ができるようになり、1回目の仕事ぶりがクライアントに高く評価されるようになれば、リピーターで仕事が来ることと思います。

韓国語や英語など語学に自信がある人は、日本語以外の言語でのテープ起こしの仕事を請けて、仕事の幅をより広げてはいかがでしょうか。コンスタントにテープ起こしの仕事が来るようになれば、近い将来に独立・開業も夢ではないかもしれませんね。

テープ起こしの仕事は、日本語・英語・韓国語やその他の国々の言語など得意な分野があれば、それを活かしていけば良いですね。雑誌のインタビュー記事や、医療の分野では医療セミナーや学会、研究発表の場でも、テープ起こしのニーズが高くなっています。議事録や裁判法廷、企業のミーティングなど、ビジネスからわたしたちの暮らしに身近なところでもニーズが高いので、仕事探しに困ることはないと思います。