プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

アフェリエイトやWEBライティングのお仕事もとっても魅力的だけど、主婦にピッタリの在宅ワークと言えばやっぱりポイントサイトですよね。そもそもポイントサイトとは、どのようなウエブサイトのことを指しているのかご存知ですか?

ポイントサイトとは、簡単に言えばそのウエブサイトに登録したユーザーが、サービスを活用することによってポイントが貯まる仕組みになっていて、貯まったポイントを現金に交換することはもちろん、電子マネーのポイントなどに交換することができるサービスのことを指しています。

子どもがいてなかなか外に働きに出ることができない、自宅にあるパソコンで在宅ワークをしたいと思うけれど、ワードやエクセルの扱い方もよく知らないし、パソコンに関するこれといったスキルがない、そんな人にこそポイントサイトでの在宅ワークは向いていると思います。

ポイントサイト自体が主婦の在宅ワークを目的として運営されているというわけではありませんが、賢く上手に活用することによって、ちょっとしたお小遣い稼ぎになると思います。

そうなると、ポイントサイトではいったいどのようなサービスが提供されているのか、ちょっと気になっちゃいますよね。一言でポイントサイトとはいっても、中小規模のものから国内最大規模を誇るサイトまで数多くあります。

ポイントサイトの数があまりにも多すぎて、いったいどのサイトに登録したら良いの?と思うかもしれませんが、サイトの選び方や使い方によってもポイントの貯まり具合が変わってくると思うので、慎重に選びたいですよね。

ポイントサイトに登録・利用するのに、とくに初期費用がかかることはなく、登録料・利用料ともに完全無料サービスとなっており、ポイントサイトを運営する企業が日本国内の数多くの企業と提携してサービスや商品の宣伝活動といった目的もありますので、ユーザーからお金を集める必要もありません。

ポイントサイトでは、ネット広告を閲覧してポイントを貯めることもできれば、ちょっとした簡単なアンケートに回答してポイントを獲得することもできます。ポイントサイトに掲載されているオンラインゲームにアクセスして、ポイントを貯めることもできるので、ゲームが大好きな人にはもってこい!という感じですよね。ただクリックするだけでポイントが貯まるサービスもあるし、無料のおみくじや占いをして今日の運勢をチェックしながらポイントが貯まるサービスも用意されています。

この他には、無料資料請求やカード発行の申し込みなどで、まとまったポイントがもらえるサービスも提供されているので、今の自分に必要と思われるサービスがあれば、ポイントサイトを通してどんどん活用していけばポイントがどんどん貯まることはもちろん、毎日の生活をより豊かにもしてくれるわけです。

ポイントサイトに登録してポイントをたくさん貯めようと思うのなら、1つのサイトだけではなくできるだけ数多くのサイトに登録してこれをおおいに活用すると良いですね。ポイントサイトを利用するには、そのサイトの会員登録をする必要がありますが、ネット上で簡単に登録手続きができます。

今ではほとんどのポイントサイトがスマホにも対応しているので、自宅にパソコンがない人でも、スマホが1台あれば自宅以外の場所にいても、空いた時間を活用してポイントがどんどん貯まっていきます。

「今日はどれくらいポイントが貯まったかな?」と気になる時は、ポイントサイトからマイページにログインすると、これまでの明細や現在までに獲得したポイント数が一目でわかります。ある程度まとまったポイントがあれば、現金に交換してもらうのも良いし、お手持ちの電子マネーにポイント交換してショッピングや電車、バスの交通費として使うなど、さまざまな活用法があります。

パソコンやスマホのインターネットが普及している今だからこそ、ポイントサイトを活用して在宅ワークができるのは、とても魅力的ですよね。

一昔前、在宅ワークという言葉すら存在していなかった時代には、主婦が自宅でする仕事のことを内職と呼んでいましたね。今では、内職という言葉を使うことはほとんどなくなり、在宅ワークと呼ぶようになりました。

内職という言葉を耳にすると、自宅でひそひそと仕事をしているようなイメージ、どこかネガティブなイメージがありますが、在宅ワークという言葉の響きはどうでしょうか。ネガティブな感じではなく、家でしっかり仕事しているんだぞ!という雰囲気が感じられますよね。

一言で在宅ワークといっても、実にいろんな種類の仕事がありますが、家で細かい手作業をする仕事は、単価が低く作業効率も良くないため、今ではほとんどないようです。その代わりに、パソコンを使った仕事はずいぶんと増えてきているようです。

パソコンが一家に一台あれば、ワードやエクセル、パワーポイントなどのソフトを使って仕事をすることができます。ワードを使った仕事にはレイアウトやライティングなどの文章作成、表作成、エクセルでは名簿やデータベース、アンケート入力、パワーポイントではプレゼンテーションの資料作成の仕事などがあります。

あとは、インターネット経由でできる仕事もいくつかありますが、ブログ記事作成・投稿、ホームページ制作、アフェリエイトなどもあります。パソコンで仕事をするために、なにか特別な資格やスキルが必要になるのでは?と思うかもしれませんが、文章作成やブログ記事の作成・投稿などの仕事は、これといったスキルがなくても、文飾を書くのが好きで普段メールのやりとりができる程度のスキルがあれば、大丈夫です。

パソコンを使った在宅ワークは、子育て中の主婦に根強い人気があるようですが、そのメリットと魅力はどんなところにあるのでしょうか。在宅ワークをする人は、当然のことですが、決まった場所に出勤する必要がなく、人間関係のいざこざに巻き込まれることもまずないでしょう。

在宅ワークでクライアントとのおもな連絡手段は、メールや電話、FAX、スカイプなどがありますが、案件によってはメールの連絡のみでOKなので、スムーズに仕事ができると思います。しかし、メールによる連絡だから煩わしさがなくて楽だと思うのは間違っています。
仕事を請けた以上は責任感を持ち、決められた納期に間に合わせるのは、在宅ワーカーとしては当たり前のことです。

仕事を請ける上で、万が一、間に合いそうにない場合や、家庭の事情などで仕事を休む場合や、クライアントには早めにその旨相談をして了解を得ることです。パソコンで在宅ワークを長続きさせるには、最初にクライアントからいただいた仕事をうまくこなして、信頼を得ることが肝心ですね。そして、ふたたび仕事の依頼が来るようになれば、信頼されているものとみて良いでしょう。

「私はパソコンのスキルもなく、友人とメールをする程度だけど」と控えめな人でも、やる気と責任感があれば、仕事ができると思います。最初は簡単なブログ記事の作成・投稿の在宅ワークをしていた人が、文章を書くことの楽しさや表現力の豊かさを身につけるようになり、在宅ライターとして活躍している事例もたくさんあります。

最初は簡単な仕事で、報酬が少なくても、地道に続けていけば、クライアントもしっかり認めてくれるようになり、定期的に仕事の依頼が来るようになり、報酬アップの見込みも期待できるので、在宅ワークでスキルアップ・収入アップの可能性アリ!ですよね。

在宅ワークでパソコンの仕事をするには、ノートパソコンまたはデスクトップパソコン1代、光ファイバーまたはケーブルなどの安定した通信速度のインターネット接続環境が整っていれば十分ですね。あとは必要に応じてパソコンのソフトやプリンターなどを揃えておけば、在宅ワークの準備完了!ですね。

在宅ワークという言葉を頻繁に耳にしますが、簡単に言えば自宅で仕事をすることをいい、子どもがいる主婦にはとくに人気が高いようですね。在宅ワークといっても、自宅でできる仕事にはいろんな種類がありますので、とてもここではすべて紹介しきれません。

子どもがいる主婦に在宅ワークが人気の理由を挙げると、外に出て働く必要がなく、いつでも空いた時間に自宅で仕事ができるので、子どもと過ごす時間が持てるようになること、職場での人間関係に振り回されることなく、周囲に気を遣う必要もなく、リラックスして仕事ができることです。

一昔前の時代は、手芸など手作業をする主婦もたくさんいましたが、その頃は在宅ワークといった言い方をせずに、内職と呼んでいましたね。今では、内職という言葉が使われることはほとんどなく、自宅で行う仕事のことを在宅ワーク、またはSOHOといった呼び方をするようになりました。

SOHOとはスモールオフィス・ホームオフィスという英語の頭文字をとった呼び方で、在宅ワークとほぼ同じような意味があります。在宅ワークやSOHOと言えば、パソコンを使った仕事がその代表格といった感じですが、スマホが普及した今では、スマホのインターネットを活用して場所や時間を問わずに仕事ができるようになったから便利ですよね。

パソコンやスマホを活用してできるお仕事と言えば、メールレディやチャットレディの仕事がありますが、とくに未婚・既婚を問わず、運営会社が定める年齢条件に見合う女性ならサイトに登録すれば誰でもできる仕事です。

パソコンで仕事をする場合は、パソコンを自由に持ち出しするのが大変なので、基本的には家でのお仕事となりますが、スマホを持っている人は自宅でも外出先でもどこにいても仕事ができるのが魅力ですよね。

メールレディやチャットレディは、主婦の在宅ワークとしてはもちろん、OLの副業、学生のアルバイトとしても人気が高くなっています。これまで、パソコンを使った在宅ワークの場合、データ入力やWEBライティング、ホームページ制作、イラスト制作などの仕事がありますが、クライアントから指示された仕事を引き受けて、決められた納期に間に合わせる必要があります。

しかし、メールレディやチャットレディの仕事は、インターネット接続環境が安定したパソコンやスマホが1台あれば、空いた時間に自由に仕事ができて、とくにノルマやペナルティが課せられることもありません。
基本的に個人事業主として仕事をするので、決められた場所に出勤する必要もなく、自宅でも外出先、旅行中にも空いた時間があれば、いつでもどこでも仕事ができます。

メールレディやチャットレディの仕事の内容は、ラインのような感じで男性会員とメッセージのやりとりをしたり、御背による通話やお互いの顔を見ながら通話をすることです。会話が苦手なら、メッセージのやりとりだけでも良いし、会話が得意なら音声通話やビデオ通話をメインにすると、効率良く収入が得られるのが魅力ですね。

男性会員とどんな話をすれば良いのか、どんなメッセージのやりとりをしたりすれば良いのか、慣れないうちは戸惑うかもしれませんが、政治や経済などの難しい話をする必要はなく、普通に雑談をしている感じで良いので、リラックスして仕事ができると思います。

在宅ワークをするのに、パソコンのスキルや学歴、職歴、資格などが問われる場合もありますが、メールレディやチャットレディの仕事をするのに、資格や学歴、職歴に関係なく、やる気があれば誰でもできます。ただもくもくとパソコンに向かって、データ入力の仕事をするよりも、人との会話を思い切り楽しみながら収入を得られるようにしたいと考えている人や社交的な人に、この仕事は向いていると思います。

テレビの番組や雑誌、新聞、インターネットなどで懸賞を見つけたらすぐに応募する人もいますが、これくらいのレベルになると、懸賞は在宅ワークといっても良いほどですよね。毎日、家事や子育てに忙しく追われている主婦にとっては、懸賞への応募は副業や在宅ワークのような感覚になっているようです。

しかし、懸賞に応募したからといって、必ずしも当選するとは限らないし、抽選によって当選結果が発表されるので、当たれば商品がもらえますが、外れてしまっては何にももらえません。中には懸賞を趣味にしている人もいるようですが、懸賞に応募して当たりやすい人もいれば、当選確率が高い懸賞に応募しても外れる人もいます。

あるテレビ番組を見ていると、懸賞マニアの専業主婦の方が紹介されていて、これまでに当選した賞品などについて紹介していました。テレビやステレオ、パソコンなどの家電製品や雑貨、キッチン用品などなど。高額商品を多数ゲットしているのですが、懸賞マニアの主婦の言葉を借りると「当選するにはコツがある」とのことです。

懸賞への応募は、時間が有り余っている人が暇つぶしにすることだと思うかもしれませんが、懸賞に応募するからにはぜひとも当選したいと願うのが当然ですから、応募ハガキを書くにも気合いを入れて書くそうです。たとえば、ある雑誌で懸賞クイズについて掲載されていて、応募ハガキの裏面には1番目にクイズの答え、2番目に応募者の氏名、3番目に応募者の郵便番号と住所、4番目に電話番号、5番目に希望する商品の番号について必須項目になっている場合に、1~5までについて、ただその通りに書くのは、ごく普通の書き方ですね。

懸賞マニアの主婦はこれらの項目以外にも、雑誌の懸賞であれば雑誌に関する感想や意見、励ましのメッセージなどを書いたり、かわいらしいイラストを描いて目立つようにハガキの書き方を工夫するそうです。そんなちょっとした工夫が、懸賞の主催者側にとっては大変喜ばれるので、応募ハガキは丹精こめてオリジナリティあふれる工夫をすると良いとのことです。

1枚の応募ハガキを書くのに、1時間以上も時間をかける主婦もいるので、ここまでくるともはや懸賞は趣味の領域ではなく、完全なる在宅ワークですよね。

懸賞に応募するハガキは、市販のハガキや郵便はがき、または年賀状の余ったものでもかまいません。宝くじを買うのに、当選確率を上げようとして1度にたくさん購入する人もいますが、そうたやすく当たるものではないし、懸賞にしても同じことです。もちろん、応募枚数は何通でもとくに制限がなければ、たくさんハガキを書いて応募しても良いですが、意外にも懸賞マニアの主婦の多くは、1つの懸賞に対して1通しかハガキを出さない人も多いようです。

懸賞に応募して当選して商品をもらうことができても、それで収入を得るというわけではないので、在宅ワークと言えるかどうかはわかりませんが、欲しいと思っていた品物が当たればうれしいですよね。懸賞によく当たる人は、ハガキの裏面の書き方について常に工夫を心がけていて、色鉛筆やマジック、ボールペンなどの筆記用具を上手に使い分けていて、見る人の目を楽しませてくれます。

動物や子ども、風景や花などのかわいいイラストを描く人もいますが、イラストを描くのが苦手な人は、ハガキの裏面にシールを貼っても良いですね。絵を描くのは苦手だけど、文字を美しく書くことには自信がある人は、コメントを丁寧に書くと良いと思います。

コメントの書き方にもコツがあり、あまりわざとらしくほめるのではなく、時には辛口な意見を書くこともあるかもしれませんが、やんわりと伝えるようにすると、好感度大ですね。
辛口な意見を書く時には苦情にならないようにして、最初に辛口な意見を1つか2つ書いた後には、最後にはほめ言葉で完結させると良いですね。

結婚するまでは会社でバリバリ働いていたけど、妊娠・出産を機に専業主婦になり、子育てに追われる毎日に物足りない!  子育ての合間になにか在宅でできる仕事があればやりたいけど、どんな仕事が自分に向いているのかわからない! そんな悩みを抱えている主婦も多いようですね。

毎日家事と子育てに追われていると、社会から取り残されたような気持ちになり、在宅で仕事をすることで生きがいを見いだそうとする人もいます。在宅ワークは、その名の通り、自宅でする仕事のことをいい、パソコンやスマホを使った仕事や、手作業での仕事などいろんな種類がありますよね。その中から、どんな仕事が自分に向いているのか、まずは適性を知ること、そして今の自分にはどんなスキルがあるのか、再確認することです。

パソコンが得意な人は、ワードやエクセルなどのソフトを使った仕事やホームページ作成、イラスト製作などの仕事があります。パソコンのスキルが高い人は、このような仕事を在宅で行うこともできるので、毎日家事や子育てに追われている人におすすめです。
外に出て働くのも良いけれど、人間関係が苦手な人も、空いた時間に自宅にてひとりでできるのでおすすめです。

在宅ワークで思い切り収入アップしたい!と思うのなら、やはりしっかりとした知識と技能、スキルを身につけておくことですよね。ふだんメールやインターネットをする程度では、まだこれといったスキルがないので、アンケートに答えてポイントをゲットする、広告をクリックしてポイントを貯めるといった程度の在宅ワークに限られてきます。

ポイントが貯まるまでに時間がかかるので、それほどたいした収入は期待できないし、パソコンで在宅ワークをしようと思えば、なにか得意な分野を持っておくと良いですね。文章を書くのが好きな人はライティングの仕事や、データを作成するだけのスキルを持っていれば、データ入力やデータベースなどの仕事もあります。

それでは、パソコン以外では、どのような在宅ワークがあるのでしょうか。懸賞によく当たる主婦の人は、懸賞を在宅ワークとして捉える人もいるようです。懸賞に関する情報を新聞や雑誌、広告をくまなくチェックして、欲しい商品があればハガキを書いて送ります。
懸賞に何度応募しても1度も当選したことのない人もいれば、当選確率が低い懸賞でも、よく当たる人もいますね。

懸賞に当選して、お金を稼ぐことはできなくても欲しい品物をゲットすることで、満足度も高くなり、生活がより豊かになってきます。そういった意味では、懸賞はもはや主婦の人にとっては、在宅ワークなのかもしれませんね。

もうひとつ、主婦に人気の在宅ワークとして、番組モニターがあります。テレビ局では定期的に番組モニターを募集しているので、機会があれば応募してはいかがでしょうか。テレビ局から視聴するように依頼された番組を見て、感想などをレポートにまとめるといったお仕事です。これといったスキルがなくても、観察力が鋭くて文章を書くのが好きな人には、番組モニターは向いていると思います。

モニター系の在宅ワークが好きな人は、この他にも商品モニターなどがあります。ある特定の商品を試しに使ってみて、感想をレポートにまとめることもあれば、簡単な電話アンケートやメールでのアンケートに答えるといった仕事です。たとえば、日用品を販売している企業のモニター募集があり、応募して採用されると、新商品として洗剤などが届き、実際に使ってみて、従来品とどのような近い心地の違いがあるのか、良いところや改善してほしいところなどをレポートにまとめたり、アンケートに記入するといった仕事です。

商品モニターになると、自宅に届いた商品が無料でお試しできることはもちろん、謝礼として商品券などが届きます。在宅ワークとしての観点からは少し外れますが、企業によっては、商品モニターが参加するミーティングなどが開催される場合もあるようです。交通費や謝礼としてお金を受け取ることもあるようなので、ちょっとしたお小遣い稼ぎになりそうですよね。