プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

女性にピッタリの副業をご紹介します! 技術を身につけてPOPの仕事が大人気!!


POPっていう言葉を聞いたことがありますか?
POPという言葉は知らなくても、スーパーに行くと、手描きのプライスカードをよく目にしますよね。そのことをPOP、またはPOP広告と呼んでいます。
POPは、太いカラーマジックを使ってPOP広告を作る仕事ですね。

POPの仕事を始めるには、ある程度の技術を身につける必要があります。
POPは、文字の雰囲気や書体を変えたり、あとは色彩感覚が必要です。できれば絵が描けるとなおいいですよね。

スーパーの食料品売り場に行くと、手描きPOPを見て、購買意欲がそそられることもありますよね。POPについて本格的に学ぶなら、通学や通信講座がオススメです。
ところで、POPの技能を身につけるには、POP広告クリエーターと呼ばれる資格試験があるのをご存知ですか?

POP広告クリエーターの資格は、受験資格を問わず、3級から1級まであります。
今の世の中は、資格の時代。資格は実力を証明することができます。
POPは女性に大人気の仕事で、とくに主婦に大人気です。POPの仕事は、自宅でできるからいいですよね。子供がいるご家庭でも、安心してできる仕事です。
本業を持っていて、副業としている人もたくさんいますよ。

カラーマジックの色は、商品によって使い分けたり、いろいろ工夫しています。単にプライスカードとしての役割を果たしているだけでなく、購買意欲をそそることも大切。
POPのセンスが問われます。そういった意味では、POPの仕事は、とてもやりがいのある仕事だと思いますよ。

POPの仕事は、スーパーだけでなく、レストランや喫茶店などでも大活躍していますね。手描き文字で商品の価格だけでなく、カードやチラシをデザインしたものも、幅広くPOPと呼ばれることもあります。

ところで、気になるPOPの報酬は・・・というと、ノート大ぐらいの大きさのカードが1枚あたりで500~1,000円が相場と言われています。
では、POPを本格的に学ぶにはどうしたらいいの?というと、通信講座やカルチャースクールなどで学ぶことができますね。
興味があれは、資料請求してみてはいかがでしょう?

OLさんでも資格を取って、副業としている人もいるようですよ。
仕事を探すには、アルバイト情報誌やPOP関係の求人広告などをチェックしてみるといいでしょう。

勇気を出して、スーパーに飛び込みで営業するのもいいかも・・・。
どんな場所で道が開けるかはわかりませんね。
はじめの第一歩を踏み出すのはあなた次第なのですから。

近年は、パソコンが普及してきて、パソコンのグラフィックソフトでPOPを制作する人も増えてきましたね。パソコンに内蔵されているワードのワードアートを使ったPOPも目立つようになってきました。

スーパーに行ったら、POPに注目してみませんか?
イラストや文字を書くのが好きな人には、POPの仕事に向いていると思います。観察力を鋭く持ち、色に対する興味の深い人にも向いていますよね。
レイアウト力や色彩感覚が求められますね。

職人気質的な部分もありますが、センスの良い人、まじめでコツコツと取り組むのが好きな方に適していますね。ある程度絵心のある人に向いています。
POPの仕事に関して、色彩感覚を磨きたい!と思う方は、カラーコーディネーター試験の資格を受ける人も多いようです。POPの資格と合わせて取得するのもいいですね。資格を取得したら、どんどんアピールしちゃいましょう。

ところで、POPとは、「point of purchase」という言葉の略で、小売店頭といった意味を持つ言葉なんですね。消費者が商品を見て購入するかどうかは、POPにかかっていると言ってもいいぐらいです。