プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

副業のメリットについて考えてみよう! 本業の合間に副業で稼いで長続きする方法


これまでは、正社員という雇用形態が定着していたのに、ここ数年間に日本国内の景気が下がり、本業を持っていながら副業を持つ人も増えてきましたよね。
ごく普通に考えるなら、「本業を持っていれば、わざわざ副業をする必要がないのでは」と思う人も多いと思いますが、正社員やパートという雇用形態から派遣や期間限定で短期間での雇用が増えてきて、正社員のように本業を持つ人が少なくなってきています。

そんな中で、副業をしている人が増えてきましたが、副業のメリットは、本業がお休みの間に副業をすることができたり、本業をしている間にも副業ができてしまうということです。
副業には、実にさまざまな種類があり、本業を持っていて、休日の日に1日に4~5時間ぐらいの時間を費やして副業に打ち込む人もいます。
そういったワーキングスタイルだと、時給いくらといった感じで、単発のアルバイトが多いと思いますが、本業をしながら副業をしているとはどういうことでしょうか。

パソコンが普及してきて、アフェリエイトをする人が増えてきました。
アフェリエイトは、ホームページやブログを持っている人にオススメの副業で、本業わ持っている人が、本業をしている最中にも、アクセス数が増えたり、アフェリエイトサイトから商品を購入したり、サービスを利用する人がいれば、収入アップにつながります。

副業を持っている人の中には、職種やワーキングスタイルにもよりますが、副業が長続きする人もいれば長続きせずに、すぐにやめてあきらめてしまう人もいるようですね。その違いは、どういった点にあるのでしょうか。

自分がやりたいと思う副業と、自分がやってみて向いていないと思う副業もあると思います。副業は、本業がうまくいっていない人、または本業はうまくいっていても、もう少し収入が欲しいから副業を続けている人もいます。

本業の妨げになるぐらいに副業にのめりこんだり、あまり頑張って副業をすると、肝心の本業にさしさわりが出てきたりして、結果として副業が長続きできない人もいます。
「2匹を追うものは一頭も得ず」ということわざがありますが、副業にのめりこむあまりに、本業を見失わないように心がけたいですよね。

また、本業も副業も、そのどちらもうまくいかなくなった、なんていう事態にならないように、仕事を上手に調整していくのも、長続きの秘訣であり、本業と副業のバランスをよくとることが大切ですよね。

私の体験談をお話しますと、20代頃、OL時代にエレクトーンの先生になりたいと思い、休日は時間があれば演奏力をみがくことに時間をさいて、講師になる勉強をしたり、ブライダルプレーヤーの副業をしていました。

その後、OLを退職してからは本格的にピアノ・エレクトーン講師として稼働しながら、ブライダルプレーヤーの仕事は副業として続けることになりました。
ブライダルプレーヤーの仕事は、結婚式で演奏する仕事ですが、副業として成り立ち、継続できたのは、それほど仕事がしょっちゅうあるわけではないからです。
シーズンオフの時期には、まったく仕事はありませんし、友引や大安などに集中して仕事が来るので、仕事がないときにはまったくないので、メリハリがあったので適度に休養する時間もあったので続けられたのかなと思います。

これはほんの一例なので、他にも本業とのバランスをうまくとれるような副業を選び、仕事の割合を自分のペースで決めて、あまり欲張らずに無理のないペースで続けていくことが、「継続は力なり」につながっていくのではと思いますよ。

「副業をしている」という人に、「どんな副業をしていますか?」と聞くと、株やFXなどの投資をしていると答える人がたくさんいます。投資が副業というと、正直、ちょっと疑問ですが、投資は元本保証がないので、投資で確実に収入になるとは言えないからです。

副業の種類はいろいろありますが、身体的にも心理的にも負担がかからないものを選び、無理のないペースで続けて、すぐに収入に結び付きやすいものを選ぶのが長続きの秘訣ではないでしょうか。