プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

今大人気のパズル作家になってガッツリ稼いで副業しよう! パズル雑誌が今大人気! 


パズル作家という言葉を聞いたことがある人は、意外にも少ないかもしれませんね。
「えっ? パズルを作るのに作家という仕事が成り立っているの?」とびっくりする人も多いようですね。
書店やコンビニに行くと、クロスワードパズルやナンプレ (数独) など、いろんな種類のパズルの雑誌の種類が多くて、手にとってみると、初心者向けの簡単なパズルから、中身が複雑なものまで、レベルが幅広くなっていますね。

新聞や雑誌を見ると、まちがいさがしのパズルやナンプレ、クロスワードなどのパズルには、懸賞がついているものもあります。
単なるクイズというよりも、ちょっと頭の体操にもなるし、クロスワードパズルは、意味と言葉が一致して、タテとヨコが合うように言葉をあてはめることで、語彙を増やす勉強にもなりますよね。

実は、このようなパズルは、パズル作家と呼ばれる職業の人たちが作成しているんですよ。
パズル作家は、クロスワードやナンプレなど、ひとりの人がたくさんの種類のパズルを引き受けるというよりは、あるひとつのものが得意な人は、それを中心に引き受ける人が多いようですね。

クロスワードパズルが得意な人は、クロスワードパズルを中心に、といった感じですね。いろんなパズルの種類の中でも、もっともニーズが高いのがクロスワードパズルだそうです。気になるのが、パズル作家の報酬ですよね。

1作品につき、2,000 ~ 5,000円程度が相場と言われていますが、ベテランのパズル作家なら5,000円以上も夢ではありません。
クロスワードパズルでは、パズル自体の難易度や、クロスワードパズルで取り扱うテーマなどが決められていて、それに基づいて、クロスワードパズルを作るという仕事になりますね。

パズルを解く人も大変だろうけど、パズルを作る人も大変だと思いますよ。とくに、マス目が多ければ多いほど、パズルが複雑になって、うまく組み合わせるのが大変ですよね。

パズル作家としてデビューするには、どうしたらいいのでしょうか。
パズル作家を目指したい!と思うなら、パズル関係の雑誌に、パスセルの問題を作って投稿してみるのはいかがでしょうか。
実際のところ、パズル作家を目指すための学校や通信講座というのは、まず聞いたことがありませんが、パズル作家になろうと思うなら、雑学的な知識や、いろんなことに興味を持ったりすることが大切で、好奇心が旺盛な人に向いているかなと思いますね。

また、世の中で今どんなことが流行っているのか、どんなことに関心が集まっているのか、といったことを、常にアンテナを張って最新の旬の情報をキャッチするということも必要になってくると思いますよ。

パズル作家とは、「作家」である以上、小説家や漫画家と同じように作家であり、パズル関係の雑誌に掲載するパズルの問題を作成する仕事を依頼されたら、当然、締切りがあります。つまり、パズル作家は、締切りに追われることも覚悟しておかないといけませんね。

なんだか大変そう・・・と思う人もいると思いますが、このような仕事は、パズルを解くのが好きな方はもちろん、根気強い人や言葉に敏感な人に適していると思います。
パズル作成の仕事をしているパズル作家は、パソコンに打ち込んで、パズルを作成している人も多いようです。

パソコンで作成すれば、データが保存できて、作成されたものをクライアントにロールで送って納品という形になりますね。
パズル作家の仕事は、自宅でできるので、副業にもピッタリ!ですよね。
仕事探しには、まずアプローチが必要ですね。

SOHOサイトでも、パズル作家の募集をしているところもありますので、「パズル作家」などのキーワードで、検索をかけてみると、なにかいい情報が得られるかもしれませんね。
これから先、ますますニーズが高まりそうな仕事なので、期待大!ですよ。