プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

本業に専業する人と本業と副業を持っている人、副業を始める人が増えた理由は?


本業を持っている人には、2通りのワーキングスタイルがありますよね。ひとつは、本業を持っていて、本業だけをしている人、つまり本業に専業している人と、もうひとつは本業をしっかり持っていて、なおかつ副業を持っている人がいます。しかし、本業を持ちながら副業、といった表現は、少し変かもしれませんね。
副業は、あくまでも「副」であり、それが主体となるわけではないので。

本業に専念している人にも、さらに2通りの考え方を持つ人がいます。
本業があれば十分、ひとつの仕事に打ち込みたいという考えを持つ人もいれば、本業を持っているけど、最近どうも会社の業績が不振で、このままいくとますます業績が悪化しそう、本業を続けながらも副業を持っていたいと思うけれど、なにをしていいかわからないと思っている人もいます。

本業を持っていて、ベテラン社員になるほどキャリアが長い人でも、会社が倒産してしまえば、本業を失ってしまうことになります。
不景気な時代、いつ本業を失うかわからない不安定な時代となりました。
本業を持っていて副業をしようと思うなら、本業に時間のゆとりがある人、残業がなくて休日が多い人に向いていますよね。

本業を持っていて、副業をするには、体力の負担が少なくて自分のペースでできる副業や、短時間で自給や日給が良い仕事が向いていますね。
副業に力を入れすぎて、肝心の本業に身が入らなくなった、というようなことでは困ります。

副業を持っておくことで、月収が増えて生活にもゆとりができたら理想的ですよね。
そして、もうひとつは自分が興味のある分野で副業ができて、自分が興味を持っていることで、仕事ができればなお理想的ですよね。

インターネットや携帯電話、メールが普及してきて、ネットやメールを介して副業に励んでいる人もたくさんいます。
副業をしている人は、人を相手にすることなく、電話でのやりとりやメールでのやりとりで仕事の打ち合わせをすませて、自宅で仕事をしている人もいます。

絵が好きな方は、パソコンのソフトを使ってイラストレーターの仕事をしたり、パソコンを使いこなせる人は、データ入力やライティング、ホームページ作成の仕事をしたりと、自分の得意な分野を活かせる仕事をする人がどんどん増えています。
パソコンが好きな方は、パソコンを活かした仕事をするといいだろうし、自分に技術や資格を持っているなら、それが活かせる副業を探してみるのもいいですよね。
副業探しは、まさに自分探しでもあるのかなと思います。

副業を持っている人は、本業よりも趣味や自分が興味がある分野についての仕事をしている人が多く見られますね。そして、いずれは、副業を本業にしたいと考えている人も少なくありません。
そう考えてみると、副業は、自分の将来の夢をかなえてくれる希望でもあるような気がしますね。そして、自分の生活に豊かさをプラスしてくれることと思います。

最近、副業が増えてきた理由について考えてみると、残業がない人なら昇給でもない限り、お給料はずっと同じで、残業をしても残業手当が出ないようなら、ちょっと言い方は悪いかもしれないけど、労働力がムダになるという感じがします。
とくに、近年は、不景気の企業が急増していて、ボーナスがカットされたりすることもあります。

本業に副業をプラスすることで、月収、年収が増えて自分のやりたいことができて、夢が叶えられますよね。
これまでは、副業を持つというワーキングスタイルは、とても考えられませんでしたが、企業の中には社員が副業を持つことを認めているところも出てきているようですね。
自分にピッタリ合う副業を見つけて、今後の人生に豊かさをプラスしてみてはいかがでしょうか。