プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

不景気で年収ダウンを副業でカバーしよう! 転職よりも資格取得で収入アップ!


不景気で年収ダウンを副業でカバーしよう! 転職よりも資格取得で収入アップ!

不景気が長く続いて、給料が下がったり、ボーナスがカットされるなど、同じ仕事をしていても去年より昇給の見込みがあるどころか、どんどん収入がダウンしてしまう・・・と嘆いている方が多いことと思います。

不景気は、全国的にこの傾向が続いているので、おそらく「給料やボーナスがいいところに転職したい」と思って、転活を一生懸命頑張っても、必ずしもうまくいくとは限らないでしょう。
むしろ、転職することで、かえって今の状況よりも悪化する確率のほうが高いかもしれません。というのが、「転職をして以前より状況はいかがでしたか?」という口コミ情報を見ても、「以前の職場のほうが良かった」と答える人が多いし、お給料は上がって生活は安定してきたものの、以前の職場のほうが人間関係が良かったという方が多いようです。

それなら、転職をわざわざ考えるよりも、今の職場での仕事を続けながら、スキルアップを考えて、休日などあいた時間に他の仕事をすることを考えたほうがいいですよね。
つまり、本業に対して副業を持ち、二足ワラジの生活をスタートすることはを考えてみては、ということですね。

副業を持っている方に、「副業を始めた理由は?」と聞くと、「会社員をしていても、いつなにがどうなるかわからないし、少しでも収入を得て安定したいから」と答える人もいれば、「本業だけだと視野が狭くなるし、副業を持つことで、収入アップとともに視野が広がって社会勉強になるから」と答える人が多いですね。

中には「転職しようかなと考えたこともあるけれど、転職することに精神的なエネルギーを使うよりも、副業を持つことで、本職への不満をカバーできると思った。」と答える人もいます。
みなさん、とても賢くて、上手に副業をしていますね。

「副業をしようと思ったのは、会社が土・日・祝日が休みで、平日は5時まででとくに残業もなくて、アフター5を有効に活用しながら、副業をする準備に向けたい」と答えた人もいます。副業を成功させるには、アフター5や休日を上手に活用することなんですね。

会社員が副業を持つ理由には、いろいろあると思いますが、相次ぐ企業の倒産やリストラ、ボーナスがカットされたり、年々昇給されるはずのお給料がダウンしたり、残業代のカットなど、雇われている以上、会社の規定に従わざるを得ない部分がたくさんあるんですね。

会社に対して不満があっても、不景気という状況もあって、なかなか思うように満足できない部分を副業を持つことで収入がカバーできるので、会社に少々賃金の面で不満があっても、目をつぶってもいいかなあと思えるようになるので、副業を持つことは、とてもいいことだと思いました。

会社の仕事に支障のない範囲での副業をしている人はたくさんいますが、どんな副業を持っているのか、職種や仕事内容を聞いてみると「平日は残業がまったくないので、夕方以降は自宅で塾の講師をしたり、家庭教師をしています」という人もいれば、「休日を利用して、ブライダルプレーヤーの仕事をしています。大安や友引の日に仕事が集中するので、休みがはっきりしていて、スケジュールが立てやすい。」という人もいます。

中には、「仕事というよりは、投資ですが、以前は株投資をしていましたが、不景気なので、最近はFXでの投資に切り替えました。無理のない取引をしてるので、少しずつ投資しながら、そこそこに副収入になっています。」と答える人もいます。

副業について、自分の時間やエネルギーをものすごくつぎ込むというよりは、無理のない範囲で、副業をして、本業と副業のバランスをよく取っているという感じなので、うまくいっているようですね。