プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

アロマセラピストは女性に人気の副業! 自宅でアロマサロンで週末を利用して副業しよう


アロマテラピーは、今や若い女性から主婦にまで大人気ですよね。全国各地にアロマオイルを使ったマッサージのお店が増えてきました。
アロマテラピーのお店が増えて理由は、現代社会がストレス社会で、仕事をしている女性も家事や育児に専念している女性も、みんなさまざまなストレスを抱えていることではないでしょうか。

ところで、アロマテラピーってどんなことを指す言葉なのか詳しく知っていますか?
アロマテラピーとはフランス語で、樹木や草花など、自然の植物由来の香りの成分を精油として抽出されたものがアロマオイルで、アロマオイルを用いて、身体のマッサージをすることを指します。

アロマオイルを用いたマッサージは、アロマ専用のサロンやエステサロンでもよく行われていますね。アロマテラピーの意味はもっと幅広くて、自然由来の植物の精油を用いたおこうやキャンドル、ハーブティーを飲むこともアロマテラピーのひとつと言えるでしょう。

アロマテラピーは、趣味として楽しんでいる人もいますが、アロマに関する資格もあります。アロマオイルを用いたマッサージをする仕事をしたい人には、アロマテラピストの資格を目指す人もいますね。

平日は会社員として仕事をして、土・日や祝日を利用して、アロマテラピストと仕事をしている女性もたくさんいますよ。

アロマオイルの種類によっては、高級なものもあります。希少価値が高いオイルは、たくさんの花や葉っぱを摘み取っても、わずか数滴分しか作られないものもあるそうです。
アロマオイルが高いため、アロママッサージは、1回の施術料金が6,000~8,000円ぐらいが相場となっていますね。

アロママッサージを行なうのは、アロマテラピストの仕事で、専門学校に通って本格的に勉強している人もたくさんいますね。この仕事の良いところは、休日を利用して仕事ができること、結婚してもしごとを続けられて、自宅で開業できるなどさまざまなメリットがあります。

アロマテラピストの仕事をしている女性の口コミ情報をひとつご紹介したいと思います。
「平日は会社員をしていて、月2回土曜日に自宅でアロマテラピストの仕事をしています。

自宅に看板を立てて、チラシをパソコンで作成して配布したり、アロマサロンのホームページを作成して、問い合わせが来ました。完全予約制にしていて、1日あたら4~5人程度のお客様が訪れています。ヘッドスパやアロマオイルを使った全身マッサージなどを中心にしていま。

予約制にしていても、多少の時間のずれが出て、お客様にお待ちいただくこともあるので、そんなときは、ラベンダーやカモミール、ローズヒップのハーブティーを飲んでいただいて、ゆっくりとくつろいでもらっています。

アロマテラピストの資格を取得して開業してから、1年になりますが、リピーターで訪れて下さるお客様もいて、とてもうれしいです。

この仕事は、とてもやりがいがあるので、結婚まで今の会社の仕事を続けるつもりですが、結婚したら退職して、アロマテラピストとして、もっともっと勉強して、いい仕事ができるように頑張っていきたいですね。

不定期にアロマの研修にも通っていて、勉強することがまだまだたくさんあります。」といった声が寄せられています。

アロママッサージは、血液循環やリンパの流れを良くしたり、美容と健康にとても良いので、会社の帰りにアロマサロンを訪れる女性も多いですよね。とくに、パソコンなどのデスクワークで、肩がこったり腰痛になったりする女性が多いので、アロママッサージでストレス解消や気分転換になります。

最初は、会社員をしながら副業としてアロマテラピストの仕事をして、副業として仕事をする女性は多いですが、仕事になれてきたら本格的に独立・開業を目指す女性も多いようですね。
これからもますます、アロマテラピストのニーズが高まりそうな感じですね。