プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

副業を持つメリットについて考えてみよう! 本業と副業を両立させよう


副業を持つメリットについて考えてみよう! 本業と副業を両立させよう

日中は、サラリーマンやOLとして本職を持っていながら、土・日・祝日など、会社が休日のときに、副業をする人が増えていますね。
これまでは、サラリーマンやOLが安定した仕事で、経験年数に合わせて昇給やボーナスなど、収入が安定していて、将来的な見通しが良いと認識されてきました。

ところが、長年の不況で、ボーナスをカットされたサラリーマンOLもたくさんいて、残業代もカットされる人もいます。見通しが明るいはずのサラリーマンが、見通しがたたなくなってしまい、世の中はつくづく厳しいと思いますね。

そんな状況の中で、残業して残業代をカットされるぐらいなら、夕方5時にすみやかに仕事を終えて、夕方以降、または休日に副業を持つ人も増えてきました。
労働組合で給料アップを訴えたところで、長引く不景気の中、本業でお金を稼ぐのにはどうしても限界があります。

昇給アップを見込めない本業を一生懸命やるよりは、景気に左右されない副業を持っているほうが、収入アップにつながり、仕事としてのやりがいもある!と思っている人も増えてきましたね。
本業に対する価値観が大きく変わろうとしている今、副業を持つ人が増えてきて、副業の種類にもいろいろあります。
一時期、マルチ商法と呼ばれていた仕事は、男性にも女性にも副業として人気でしたが、現在はやや下火になっていますね。

仕事が終わってアフターファイブを利用した副業には、家庭教師や塾の講師、ピアノやエレクトーン講師など、子供や大人にものを教える仕事に人気があります。
持っている資格を会社で活かせられなくても、副業なら十分に活かすことができます。

休日に副業するなら、転職サイトやアルバイトサイトなどに会員登録して、自分の希望に合う仕事を見つけることもできます。
イベントスタッフとして休日に仕事したり、単発でできるアルバイトは、時給日給が良くて、その日のうちに報酬がいただけるので、本業にプラスアルファで考えて、副収入が得られると思うと、とても心強いですよね。

副業には、本業にはない仕事の魅力がありますし、その日だけの仕事であれば、とくに職場での人間関係に気を使う必要もないので、安心できると思います。
パソコンが得意な方であれば、パソコンの仕事を家でしたりすることもできます。

会社での仕事は、会社という組織の中で仕事をしていますので、なかなか自分の思うような仕事ができないことのほうが多いのですが、個人でできる副業を持っていると、自分の思いのままに仕事ができることもあります。

本業でたまったストレスを副業でストレス発散できたら、とてもいいことですよね。
中には、ネットにかじりついて、株式投資やFX闘志をしている人もいますが、副業とは言っても投資である以上は、元本保証がありません。
無理のない程度にとどめておいて、確実に収入になる副業を探したほうがいいでしょう。

副業には、いろんなメリットがありますが、これからの日本は、ダブルインカム時代がやって来ると言われています。本業というひとつの収入源に不安を持つ人が多い中で、副業を持つことはいまや常識といってもいいほどで、副業を持つことが最高のステイタスなのかもしれませんね。

本業で安定した収入があると言っても、ある日突然リストラされてもおかしくない時代になりました。現実に、サラリーマンの年収が平成9年以降から少しずつ下がっていて、ピークの平成9年と平成20年を比較すると、かなりの格差が生じていますね。
こういったデータから見ても、もっと危機感を持つべきで、自分のライフスタイルに合った副業を上手に賢く選ぶことが、不況を乗り切る秘訣なのかもしれませんね。
副業を持つもうひとつのメリットは、視野が広がることです。
若いうちにいろんなことを吸収して、本業と副業を両立させましょう。