プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

副業が長く続けられる秘訣について考えてみよう! 副業の注意点とポイントは?


副業が長く続けられる秘訣について考えてみよう! 副業の注意点とポイントは?

いまやサラリーマンやOLが副業を持つことは、ごく当然のことといった感じで、自分の知り合いに副業を持っている友人がいても、とくに珍しいことではありませんね。
ところで、サラリーマンや公務員は、原作として副業は禁止されており、万が一、企業にバレてしまった場合、クビになる場合もありますので、注意が必要ですね。

会社で副業をしていることをあからさまに、上司や同僚に話す人は、まずいないと思いますが、ではなぜ会社に副業していることがわかってしまうのでしょうか。
副業をしているすべての人が会社にバレるとは限りませんが、毎月のお給料は住民税が天引きされていて、とくに自分で気をつけて住民税を支払わなくても、すでに引かれています。
これは、特別徴収と呼ばれる徴収であり、サラリーマンやOLは、基本的にこの方法で住民税が引かれているのですが、実はこのことが副業と大いに関係があるんですね。

これは、知っておとくトクをするという話ではなく、むしろ反対に知らないでおくとかなり損をしてしまうというか、自分の人生の明暗を分けてしまうことにもなりかねません。
特別徴収の場合、会社に前年度の収入について、詳しく記載された書類が、市区町村役場から送付されてきますので、これによってどういった副業をしているのかが、会社側にわかってしまうという仕組みになっているんです。

副業をしているサラリーマンやOLは、意外にこのことを知らないままで過ごしている人が多いですね。これでは、知らぬが仏どころか、知らぬが地獄です。

また、あるサラリーマンは、マルチ商法を副業にしていて、それなりに毎月定収入があったのですが、会社のお給料の銀行口座とマルチ商法で得られた収入の口座と同じだったことから、会社にバレてクビになったということです。
おそらく、会社のお給料の振込口座と別にしていれば、バレなかったかもしれないのですが、なんとももったいないと話ですね。

副業を持っていることは、自分にとっては会社と副業でツインカムの収入源ができて、この不景気の中、少しでも収入が多いほうがもちろん生活が安定するのですが、会社側は、誠心誠意一生懸命会社のために尽くしてほしいと思っていますので、本業以外に副業を持つことで、本業に身が入らないと思うかもしれません。

今、副業をしているサラリーマンやOLで、副業が会社にバレないようにするなら、住民税の徴収方法を普通徴収にしてもらい、自宅に納付書が届くようにしてもらうのがいいでしょう。
しかし、特別徴収から普通徴収に変更するときに、ここで問題点が出てきますね。
特別徴収から普通徴収に、どのように変更すればよいかということです。
会社の経理の人にわざわざそのことを知らせる必要はなく、副業をしている人は、年間20万円以上の収入がある場合、確定申告を行う必要が出てきます。
そのときに確定申告の用紙に、住民税について普通徴収と特別徴収のいずれかを任意選択する欄がありますので、普通徴収にチェックを入れておくと、会社のお給料からは天引きされない代わりに、納付書が自宅に届いて、自分で支払うことになります。

副業を長く続ける秘訣は、自分に合った副業を選ぶこと、そして本業に支障のない程度にとどめて、収入についてはプラスアルファで考える程度で、細く長く続けることが大切ですね。副業は、休日にしたり、会社が終わったあとの時間を利用して行う人が多いですが、副業が忙しくなり、本業に支障をきたして、そのために有給を使ったりしないように注意しましょう。

また、夕方から副業をする人は、飲み会など付き合いが悪くならないように注意しなければなりません。飲み会も会社の仕事のうちで、職場の人とのコミュニケーションを円滑にするためにも、必要なことなのです。