プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

副業で生活をより豊かにしよう! 自分の適性を知って上手な副業選び


副業をしている人に「副業を続けている理由は?」と話を聞くと、「本業だけでは生活が成り立たないから」「本業だけでも、収入は十分あるけど、もう少しプラスアルファで、収入アップしたい。でも本業だけでは、そう簡単に給料は上がらないから」と答える人もいれば、「副業を持つことで、生活をもっと豊かにして、自分の趣味を仕事にしたいから」と答える人もいます。

副業を持つということは、なんらかの目的や目標があって、続けられるものだということですね。「ただなんとなく副業を始めたくなったから」といった漠然とした理由では、副業は長続きできません。

一言で副業と言っても、実にさまざまな職種があります。
単発アルバイトの仕事は、1日だけで終わる仕事がほとんどなので、土・日・祝日など、休日に1日に時間をあけておけば十分できます。
職種として、接客業や飲食業、代行業などいろんな仕事があります。

副業を始めた理由について聞くと、中には、「長い間本業を続けていて、だんだんマンネリ化してきたから、他の仕事を持つことで、本業の良さがわかれば・・・」と答える人もいます。副業には、本業とはまったく違った仕事を選ぶ人もいますね。

本業が事務の仕事であれば、副業は事務とはまったく異なる性質を持つ仕事で、清掃作業やペットシッター、飲食業などの仕事を選ぶなど、両極端なところが、まったく違う特色があって、気分転換になると思う人もいるようですね。

また、自分の特技や資格を活かして、休日に副業をする人もいます。
パソコンが得意な人は、パソコンの資格を活かした仕事をしたり、英語などの語学が得意な人は、翻訳や英会話教室の講師の仕事をするなど、やはりなにか資格や特技があると強いですよね。

副業を長く続けて成功するには、自分の特技や資格などを持つことも必要ですが、とくに資格がなくて副業をする場合、自分の適性をよく知ることが必要です。
自分にどんな仕事が向いているのか、よく知っておくといいですね。

まずは、自分の性格についてよく分析してみるといいでしょう。
そして、パソコンのスキルがどれぐらいあるか、特技、資格、これまでに経験した仕事、こんな仕事がしたいなど、副業の選び方次第で、副業では自分の可能性を思い切り広げられることもあります。

仕事を選ぶということは、自分のライフスタイルを選ぶということでもあり、自分の持っている能力を活かして、長所を伸ばすといったプラス方向で自分に合った副業を選んでいきたいものです。「この仕事は収入が良いから」「収入がイマイチだから」といった観点で選ぶよりも、自分の適性に合った仕事を探すことですね。
それで、納得いく副業ができれば、それはその人にとっての「適職」ということになります。

本業を持つ人に、「自分の仕事に満足していますか」と聞くと、「転職を考えているけど、不景気だし、なかなか今の仕事を辞めてまで他の仕事を探す勇気が出ない」と答える人が多いのにびっくりしますね。
「本業を辞めることを考えるなら、副業を探して、視野を広げてみたい」と答える人も増えてきています。

不景気な今の時代では、転職するのはかなり勇気がいる行動だと思います。とくに、長年勤めてきた会社を辞めるとなると、会社では信頼が厚いと思うので、引き継ぎも大変になると思うし、退職の意思を示しても、引き止められる場合もあるでしょう。
本業を続けながら、無理のない範囲で副業を続けることによって、本業の良さが見えたり、会社組織で働けることのありがたさがわかってくるかもしれません。

副業探しは自分の適性を知ることが大切で、良い副業探しとは、もしかしたらそれは、自分探しなのかもしれませんね。