プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

モチベーションを高く維持して信頼関係を築くことがビジネスの成功を生み出す


モチベーションを高く維持して信頼関係を築くことがビジネスの成功を生み出す

成功者になるためのブログには、プライベートにもビジネスシーンにおいても、役立つ情報が満載で、どの記事を読んでいても大変奥深い内容になっていますね。
その中で、「成功者の原則:モチベーションの原動力」、「成功者は偶然ではなく計画的に得るもの」といったタイトルには大変興味深く、つい引き込まれて読みたくなりますね。

とくに、ビジネスシーンにおいて、モチベーションを常に高く維持しておくことは大変重要なことです。日本は資本主義の国ですから、常に前進して一歩前に出て、ビジネス活動していなければ、ライバル業者に先を越されてしまうこともあります。

ビジネスシーンにおいて、ネガティブな感情を持つことで、うまくいく商談もうまくいかなくなったり、接待をしてもお得意様とのコミュニケーションがうまくいかなくなったり、マイナス方向に動いてしまうこともあります。
とはいってもやはり人間ですから、誰だっていつもポジティブ志向でいられるかと言われれば、なかなかそうはいきませんよね。

ネガティブな感情を持つことは、決して悪いことではありません。また、常にポジティブ志向なのは、前向きで良いことではあるものの、必ずうまくいくとポジティブ志向が続くと、自信過剰になってしまい、かえって裏目に出るケースも少なくありません。
ネガティブとポジティブ、そのバランスを上手に保つことが、理想的なのかもしれませんね。

もうひとつには、自分のモチベーションを高く維持することは、ビジネスの相手のモチベーションをアップさせることにもつながります。では、ビジネスの相手に対して、モチベーションを高く持っていくにはどうしたらよいでしょうか。
成功者の原則:モチベーションの原動力とは?」の文章を読むと、信頼関係を築くことが大切と説かれていますね。自分のモチベーションを高くもっていくだけでは、ビジネスが成功するというものではなく、ビジネスの相手とのコミュニケーションを円滑にとり、お互いにより良い信頼関係が成り立つことによって、初めて信頼会計を築くことができます。

ですから、信頼関係は、自分ひとりの力ではどうにもならないことであり、信頼できる相手がいてこそ、お互いが信頼し合えるということですよね。
相手から先に信頼されたいと思うなら、自分がまず相手を信頼することです。そうすることで、好感度が高まり、信頼されやすくなり、そこで初めてお互いの信頼関係が成り立つようになります。

とくに、ご自身が企業の重要なプロジェクトチームのリーダーであれば、企業の外部の人とのコミュニケーションをとることはもちろん、リーダーとしてチームを盛り上げて上手にまとめていかなくてはなりません。
そういう立場に立った時に初めて、このような言葉の意味が理解できるかもしれませんね。

もうひとつ、「成功者は偶然ではなく計画的に得るもの」について、この記事を読むといろいろと考えさせられることが多いですね。
成功する人、成功しない人の差は偶然がもたらすものではなく、成功は自分の手でつかむものであり、ビジネスチャンスがあったとしても、それを上手に活かしきれなければなりません。せっかくのチャンスを活かしきれる人もいれば、チャンスを自らつぶしてしまう人もいます。

また、自分の目標に向かって、常に計画を立てていくことが必要で、行き当たりばったりの考えや行動では、成功するのはまず難しいでしょう。
このブログの記事では、お正月の「1年の計は元旦にあり」という言葉に例えてわかりやすく説明されていますが、まさにそのとおりで、わかりやすいですよね。

もちろん、綿密に計画を立てていても、その通り確実に実行されるとは限りません。しかし、計画を立てておくことは、目標を達成することにもつながり、100%すべて計画通りには実行できなかったにしても、60 ~ 70%ぐらいは実行できて、ある程度は満足感が得られることと思います。