プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

ビジネスで成功する人の行動について考えてみよう


あらゆるビジネスシーンにおいて、成功する人もいればどんなに頑張っているつもりでも、成功しないままの人もいますね。その違いはいったい、どのようなところにあるのでしょうか。

ビジネスで成功する人と成功しない人、その大きな違いは、ビジネスに関わる人とのふだんの接し方にあると思います。
「成功者になるためのブログ」には、成功している人の行動について、してほしいこととしてほしくないことについて掲載されていますが、仕事が絶好調のときは、ともすれば自分ひとりの力でここまでこれたという達成感が、だんだん優越感に変わってしまうこともあります。
しかし、ここで、決してそうではないことに、気づかなければいけません。
じぶんがひとりでしているから良い結果が出せたというわけではなく、ここまでの結果が出せたのは、自分を信頼してついてきた人が協力してくれたおかげであるということです。
そこに気づく人と気づかないままでいる人との差は、かなり大きなものになると思います。

成功している人の回りについてきてくれる人は、その人を信頼して、しっかりサポートしてあげようと思う人ですから、その人たちを大切にすることです。
成功している人には、その人を助けてあげようとする人たちが、集まるその理由について、このブログでは、自分がして欲しいと思うことを相手に対してしているからだと書かれていますね。
まさにその通りであり、当然と言えば当然のことなのですが、意外と気づきにくく、難しいことのようにも思えてきます。

ビジネスに成功している人は、部下の使い方が上手と言われていますが、部下の良い点をほめて伸ばし、そのあとに注意点があれば注意するといった感じで、祭祀よから相手に対してけなすような態度ではなく、長所を伸ばしながら短所にさりげなく気づかせてあげて、やる気を出させるのが上手です。

自分がしてほしいと思ったことを相手にしてもらうのは、自分の部下であれば業務命令として出せば簡単なことかもしれませんが、これとは別に、自分が本当に相手にしてほしいことについて、自分には必要不可欠と思っていることであっても、相手にとっては、そのことがそれほど重要なことだとは思われていないこともあります。

ビジネスで成功している人は、自分がしてほしいと思うことを自ら、相手に対してもしているからであり、自分から最初に行動を起こすことが大切ですね。こうしたほうが自分にとって得だから、損だからといった損得勘定で考えているのでは、ビジネスは成功しないし、相手も自分に対して良くしてくれません。

自分が相手に対してしてほしいことについて、はっきりと伝えて、どんな結果を生み出すのか、きちんと説明しておけば、相手も安心しますし、これによって誤解を招いて、人間関係がこじれるといったリスクを未然に防ぐこともできます。

自分のことを理解してもらうためには、相手のことを理解しようとすることによって、自分のことも理解してもらえるようになる、という不変の原則に基づいている部分もあり、コミュニケーションを密にとることがいかに大切なのか、気づかせてくれることと思います。このことに気づいている人は、プライベートでは友達もたくさんいて、信頼関係が厚く、ビジネスシーンでも上司や部下と、より良い人間関係を築いていけることでしょう。

当たり前のことだとはわかっていても、いざ行動に、言動にするとなると、難しいとは思いますが、まずは自分から行動して相手に働きかけることが大切ですよね。ビジネスに成功する人は、こういった努力を惜しまず、常に前進していくのみ!ですよね。このブログでは、成功者になるためのポイントがしっかり押さえられていて、ビジネスシーンはもちろん、自分のプライベートにもきっと活かされることでしょう。