プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

副業している方必見! 確定申告について知識を持っておこう


副業している方必見! 確定申告について知識を持っておこう

副業をしていて、収入をあげることは大切だけど、もうひとつ忘れてはならないのが、確定申告ですよね。確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の収入と経費、所得との関係を明確にしたもので、前年の所得について翌年に所得税を支払うことになります。

サラリーマンやOLで副業をしている人が、どんどん増えてきていますが、アメリカに比べると、日本の副業人口はまだまだ少ないほうです。そして、副業をするからには、1年間の収支について明確にわかるようにしておく必要があります。

確定申告を行う期間は、2月中旬から3月中旬までの約1か月間で、サラリーマンやOLなどの会社員が副業を持っている場合は、給与所得者となりますので、副業の年間の所得が20万円以上である場合、確定申告を行う必要が出てきます。

副業の年間の所得が20万円以下であれば、確定申告を行う必要はとくにありませんが、副業のために購入した備品や消耗品など、経費が明確にわかるように、領収書やレシートなどは、きちんととっておきましょう。

ところで、確定申告により、所得税を支払う際に、どの程度所得税が課税されるか、ご存知でしょうか。
税金を納める率は、年間の収入が330万円までの方は、必要経費を差し引いた金額の10%が所得税として、算出されます。
つまり、年間の収入が200万円で必要経費の合計が70万円だった場合、200万円から70万円を差し引いた金額で130万円で、この金額に対して10%の所得税が課税されるということになります。

年間の収入が330万を超える人は、必要経費を差し引いた金額の20%が所得税として算出され、収入が多ければ多いほど、所得税を支払う金額が高くなるという仕組みです。
サラリーマンやOLが副業をする場合、本業は会社員ですから、それほど副業にかける時間は少ないと思われますので、ほとんどの人が年間で300万円以内の収入におさまっていると思います。あまり稼ぎすぎても、税金がその分高くなりますから、注意が必要ですよね。

ところで、確定申告では、収入金額に対して、支出として経費を算出する必要が出てきますが、経費をあげることによって、この分は税金の対象外となり、収入から経費を引いた所得に対して課税されるので、必要経費をあげます。

副業を行う上で、パソコンを使用する場合は、パソコンにかかる費用は、必要経費としてあげることが可能です。副業を行う上で、交通費がかかった場合は、交通費として計上できますので、領収書があればとっておきましょう。
電車や地下鉄などの切符を購入する場合は、交通費の支出について、しっかりメモしておくと良いでしょう。

電子マネーで交通費を支払う場合は、履歴が残りますので、履歴を印刷しておいて、経費をしっかりチェックしておきましょう。
「副業を持っていて、収入があると確定申告が大変!所得税の支払いが心配」と思うでしょうが、実は所得税を控除するための制度として、所得控除があるのはご存知でしょうか。

所得控除には、1年間にかかった医療費について控除が受けられる医療費控除や寄付金をしたときには寄付金控除が受けられます。誰でも無条件に受けられる控除として、基礎控除があります。ご主人の扶養に入っている女性には扶養控除、医療保険や生命保険に加入している方には生命保険控除、年金や健康保険料はまとめて社会保険料控除ということで、控除されます。
副業を行う上で、確定申告は初めての方には、ちょっと頭が痛いかもしれませんが、わからないことがあれば、税務署や確定申告の相談受付をしているところもありますので、お気軽に尋ねておくと良いでしょう。