プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

週末に派遣のお仕事をして副業しよう! パソコンのスキルを活かした副業


週末に派遣のお仕事をして副業しよう! パソコンのスキルを活かした副業

平日月曜日から金曜日までは、会社員として仕事をして、毎週土・日は休みなので、休日を利用して、副業をしたいと考えている人も多いようですね。
アメリカでは、副業を持っている人が多く、もはや副業を持つことは当たり前といった風潮がありますが、日本国内では、副業を持っている人はいても、あまりオープンにそのことを人に語るのはタブーであり、会社には知られてはいけないので、内密にしている人がほとんどです。

週末の土・日の休日を利用して、派遣社員として仕事している人も増えてきているようです。派遣社員の良い点を挙げると、自分がこのような資格や特技を持っていて、このような仕事ならできるということをあらかじめ登録したり、専任コンサルタントに相談しておくことで、希望に見合う仕事について紹介してくれますので、仕事探しにはそれほど時間をかける必要がないということです。

週末に派遣社員として行う仕事には、パソコンなどコンピュータ関係のオペレーターの仕事や、インストラクターとしてパソコンなどを指導したり、量販店などでソフトウェアに関する扱い方などの説明や指導をするといった仕事など、多岐に渡ります。

パソコンが得意な人やソフトウェアに強い人は、週末に派遣社員として、自分の得意分野を活かして仕事ができるので、副業として最適ですよね。とくに、ソフトウェアの説明を行う仕事では、自分の会社がそのようなソフトウェアを取り扱う業務を行う場合に、役立つことと思います。

週末に派遣される仕事については、とくにパソコン関係の仕事に限ったわけではありませんが、今やパソコンは全国的に普及していますので、ニーズはかなり高いようです。週末にこのような副業ができれば、平日の本業にとくに支障もなくて、スケジュール的に無理がなければできますので、コンスタントに仕事が入ってくれば、理想的ですよね。

週末に派遣社員として働く場合、仕事を探すには、まずは派遣会社に登録しておくことです。自分が持っている資格やスキル、経験といったものについて、会員登録時に思い切りアピールしておくと良いでしょう。派遣会社では、専任コンサルタントがついていますので、自分がこのような仕事がしたいといった希望について、アピールしておくのがポイントです。

良い仕事はただ待っているだけではなく、自分から働きかけていく姿勢が大切ですよね。週末に派遣社員として働く場合の気になる収入は、日給で計算される場合もあれば、時給で実働時間で計算されるところもあるようです。時給にして、1,000~1,500円程度が相場のようです。派遣会社によっては、交通費が全額支給されるところもあれば、時給または日給の中に交通費が含まれている場合もあります。

パソコンやコンピュータなどのオペレーターとして仕事をする場合、パソコンに関する検定試験に合格した人や、実務経験がある人、OA関係の知識が豊富な人が望ましいでしょう。入力作業が性格にスピーディーにできる人であれば、安心して仕事を任せられるので、信頼度も高くなります。

ソフトウェアが新しい発売されて、デモンストレーションをしたり、製品に関する説明をする仕事は、ソフトウェアに関する専門的な知識を身につける必要がありますので、事前に研修が行われる場合があります。
この他には、週末に、パソコンの講習会を開いて、パソコンの初歩から指導するインストラクターの仕事もあります。パソコンのインストラクターの仕事は、年賀状作成や、ワードでの文書作成、エクセルの計算の仕方など、幅広い内容で指導するなど、指導内容も多岐に渡ります。

週末に、自分が持っている知識や技術を活かして仕事ができるので、副業を持っておくと収入アップはもちろん、スキルアップにもつながりますよね。