プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

週末土・日の副業なら結婚式の代理出席のバイトで副業しよう


週末土・日の副業なら結婚式の代理出席のバイトで副業しよう

平日は会社員として仕事をして、週末土・日は休日なので、あいた時間を利用して副儀容したいという人が増えてきていますが、副業にはおもに2通り分けられると思います。自分の特技や趣味、資格などを副業に活かして仕事をする人もいれば、難しい資格や経験も必要なく、素人でもできる仕事があります。

ちょっとユニークなところでは、結婚式に出席するだけで収入が得られるという仕事があるのをご存知でしょうか。結婚式に招待する客について、新郎側と新婦側の招待客の人数が、アンバランスになってしまうと、見た目にはよくありませんよね。結婚式には、それぞれの家族や親族、友人、知人、恩師、職場の同僚や部下、上司などを招待しますが、新郎側と新婦側の人数に格差が出て、アンバランスになると、ちょっと体裁が悪いものです。

そんなときに活躍するのが、結婚式の代理出席です。その日だけ新郎側または新婦側の知り合いになってもらい、年齢や役を設定して、指定された通りになりきって出席します。
結婚式に招待されているわけですから、披露宴では他の招待客と同じように、食事をいただくことになります。

結婚式の代理出席は、1本の結婚式につき、5,000~6,000円程度が相場といったところでしょうか。ただし、誰でも無条件にこの仕事ができるということではなく、年齢や性別などが問われますので、そのニーズに合うようであれば、仕事が来ると思います。

結婚式の代理出席の仕事は、人材派遣会社に登録しておくと良いでしょう。単発のアルバイト求人情報サイトに登録しておくのも良い方法です。結婚式は、基本的に単発での仕事になり、しかも土・日・祝日中心に行われていますので、副業としては十分成り立つと思います。

近年は、結婚式の代理出席の仕事のニーズが増えてきたことから、専門とする業者も増えてきました。結婚式の代理出席は、出席するはずだった友人や知人が、急に都合が悪くなり、これなくなってしまった、新郎側と新婦側の招待客の人数をそろえたい、招待たくない親族がいる、披露宴を楽しく盛り上げてくれるムードメーカーになれる友人を呼びたいというときに、役立ちます。

専門業者は、おもに首都圏や大都市にオフィスを構えていますが、派遣先は全国各地どこでも対応できるところもあるようです。
単に人数を埋めるために代理出席を依頼する場合もあれば、スピーチや余興を盛り上げてほしいために、代理出席を依頼する人もいるようです。代理出席については、結婚式や披露宴に限らず、合コンや講習会、研修会などに出席を依頼されることもあります。
たとえば、急に出張が入り、出席できなくなったので、代わりに講習会に出席してほしいといった依頼や、サクラでの出席を依頼する場合もあるようです。

基本的には、依頼された場所に出向いて、代理をしてもらえば良いので、とくにこれといつた技術や知識、スキルも必要はありません。ただし、ある特定の人になりきってもらう必要がある場合は、その人のキャラクターを理解して、なりきってもらう必要がありますので、会話力や演技力といったものが要求される場合もあるかもしれませんね。

代理出席を専門とするオフィスでは、基本料金プラスオプションプランで、結婚式の受付や余興、写真撮影まで参加するとなると、上乗せされますので、代理出席を副業としている人は、プラスアルファで収入が得られるチャンスですよね。

結婚式やパーティー、研修会、合コンの他には、お通夜や葬儀に代理出席する仕事の依頼も増えてきているようです。代理で行う仕事はこれだけの領域にはとどまらず、お墓参り代行や、電話代行といった仕事もあります。なんともユニークな仕事ですが、コンスタントに仕事ができるようになれば、立派な副業ですよね。