プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

CADの資格を活かして週末土・日に副業しよう 建築業界でニーズが高い!


CADの資格を活かして週末土・日に副業しよう 建築業界でニーズが高い!

資格を活かして週末に副業をしたいというサラリーマンやOLが増えていますね。
建築業界ではニーズの高い仕事には、住宅の設計図など、コンピュータを使って製図をするCADと呼ばれる資格があるのをご存知でしょうか。

CADとは、「computer aided design」という言葉の頭文字をとったもので、「コンピュータによる設計を行うこと」で、従来は人の手作業により、設計の作業をしていたものをコンピュータで行うことで、より正確にスムーズにできるようになります。

平日はサラリーマンやOLの仕事をして、週末土・日の休日を利用して、CADの仕事をしている人もいるようです。CADの仕事をするには、専門学校などに通い、資格を取得すると良いでしょう。

では、CADの仕事の魅力ってどんなところにあるのか、簡単にご紹介しましょう。
従来は、手作業で行われていた設計図などが、コンピュータを用いて設計することによって、作業効率がアップしたので、その分スムーズにスピーディーに仕事ができるようになりました。作業効率が良くなってきたことで、その分収入アップにもつながる! これが最大の魅力なのではないでしょうか。

なんといっても、身につけた資格が仕事にそのまま活かせる!ということで、仕事としてのやり甲斐がありますよね。

CADの仕事は、男性にも女性らも性別や年齢に関係なくできる仕事で、建築業界では今後もニーズが高まっているので、1度仕事を依頼されて、信頼関係ができれば、コンスタントに仕事が続けられると思います。

それでは、CADの仕事をするにはどのように仕事を探したらいいの?と、気になりますよね。
もし、友人や知り合いなどに建築関係の仕事をしている人や、設計事務所などのツテがあれば、紹介してもらう方法があります。

CADの仕事は、建築関係の会社や設計事務所の中で仕事をする人もいますが、自宅でCADの仕事をすることも可能です。仕事の打ち合わせなどで、何度か事務所に行くことはあっても、仕事は在宅で十分できるので、集中できますよね。

CADの仕事をする人のことをCADオペレーターといった呼び方をすることもありますが、最初は週末だけの副業として仕事をしながら、現場でスキルを身につけて経験を重ねて、将来的には会社を退職して、CADの仕事を本業にする人もいるようです。
CADの仕事をしていく上で、CADのソフトに関する知識があることはもちろん、パソコンの操作に慣れていることが前提となります。

サラリーマンやOLの中には、今はまだCADに関する知識や技術、資格を持っていなくて、これから本格的にCADの基礎から応用、技術を学んで資格を取得したいと思っている人も多いようです。

では、CADについて学ぶには、週末を利用して専門学校に通ったり、仕事が終わったあと、夜間の専門学校に通うといった方法があります。学校に通う時間のゆとりがない人は、通信講座で学ぶ方法もありますので、これなら自分のペースでゆっくりと学習できますね。

できるだけ早い時期に、CADの資格を取得して仕事ができるようになりたいと思う人も多いようですが、CADの資格を取得するまでには、通信講座を受講しても1年以内には学習過程を終えるようなカリキュラムになっているので、あとは自分の頑張り次第で資格を取得すれば、建築の現場で資格を活かせることと思います。

専門学校に通う、または通信講座で学ぶことを検討している人は、気になる講座があれば無料資料請求しておくと良いでしょう。
ところで、CADに使用する専用のソフトにはどのような種類があるか、ご存知ですか?

CAD専用のソフトの種類には、JW-CAD DOS、JW-CAD Win、AutoCAD LTといったタイプのものがあります。
通信講座は、テキストと問題集だけで学ぶよりは、インターネットを活用したオンラインによるスクーリングや動画配信講座などもありますので、学校に通って授業を受けるような雰囲気で、学ぶことができるのが魅力ですね。