プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

ネット副業について ~「身近なもののライティング」について実体験記 -1


ネット副業について ~「身近なもののライティング」について実体験記 -1 


私が実際にしてみたネット副業、「身近なもののライティング」について書いていきます。

これは、副業の掲示板で見て、適職かもしれないと思い応募したものです。

社会人として働いていたときは、広報誌の記事を書いていたこと、実は文学部出身だったりしたこともあったので、記事を書くという仕事は私にもできそうだと思って応募しました。

「ライティング」として括ってあり何社からも応募があったので、まずは何社かに応募をして反応を見てみました。

その中で反応が返ってきたところが多くあったので、お仕事をさせてもらいました。

まずはその中の1社目について書いていきます。

自分が興味を持っているもの、例えばおいしいお店を知っている、自動車についてならまかせて、株取引を調べているなど何でもいいので記事を書いてくださいというものでした。

「何でもいい」というのが少しうさんくさいと思いながらも、「株主優待」「MOS」「化粧品」というカテゴリーで応募しました。

そうしたところ、最初にライティングテストをするので、「MOS」で記事を書いてみてください、とテスト依頼を請けました。

テンプレートが準備されていて先方からテキストファイルで送付されてきます。

内容は500文字で1記事。基本記事は一つの項目に5記事書きます。5記事のまとめ、概要として更に500文字。

まずは、タイトルと、5記事の項目タイトルを決めて、メール連絡をします。

先方からの許可が出たら書き始めます。

この方法はもう決まっているようで、自由書式で書いてくださいと言われるよりやりやすいと感じました。

「MOS」の項目を決めるときに、体験談のような項目を作ってしまい、情報提供の色が濃いものがいいですと言われてからは取り組みやすく、先方からの依頼がはっきりしていて好感が持てました。

無事、合格をいただき、それから一週間に一度のペースでお仕事をしています。

株主優待についての記事を書いたときは、書きたい項目がたくさんあったので、できれば5項目以上買いてみたいと申請したところ、こころよくお返事がもらえ、書いて納品しました。

そうしたところその次の週もその続編を書いて欲しいと先方より依頼がありました。

なので書きたい項目、伝えたい項目がはっきりしていて、相手もそれを望んでいたので意思疎通がうまくできましたし、よかったと思います。

当初は「何でもいい」というのがネックかもしれないと思っていましたが、メールのやりとりをしていくうちに興味対象と先方のニーズが合って上手くお仕事ができています。

もらえる金額は1記事100円。単価が安いです。

通常だと5記事100円×5に、概要100円で600円。


例えばこの記事だと5記事以上書きたいです、と申請して、書いてくださいと言われたら記事数×100円になります。

一週間の期限で締切はきつくなく、おこづかい稼ぎと考えればとてもいいお仕事です。

ただ、単純計算で一週間600円×4週としても月に稼げるのは2400円ほど。

資料集めとして本を読んだり、インターネットで記事を検索している時間を考えると労力の割にはお金にならない気がします。

そして著作権もすべて相手方に渡ってしまいます。

ここの良かったところはだめだしがほとんどないところ。

私にとって500文字がちょうど無駄のない書きやすい文字数ということもありますが、最初に言われていた書き直しも含めてこの値段です、とあったので覚悟は決めていたのですがそれほどではなかったです。

それがありがたかったので続けられています。

ライティングは慣れていたことと、文字数、相手先の担当の方の性格(スムーズに対応してくれるか、だめだしの多さ)などもあります。

また、ネタと言っていいのかわかりませんが書ける項目を随時補充していかなくてはいけないこともあり続けていくと大変さもあります。

なので、本業などではなく、副業でのちょっとしたおこづかい稼ぎにはいいのではないかと思います。
ただ、単純計算で一週間600円×4週としても月に稼げるのは2400円ほど。
資料集めとして本を読んだり、インターネットで記事を検索している時間を考えると労力の割にはお金にならない気がします。
そして著作権もすべて相手方に渡ってしまいます。

ここの良かったところはだめだしがほとんどないところ。
私にとって500文字がちょうど無駄のない書きやすい文字数ということもありますが、最初に言われていた書き直しも含めてこの値段です、とあったので覚悟は決めていたのですがそれほどではなかったです。
それがありがたかったので続けられています。

ライティングは慣れていたことと、文字数、相手先の担当の方の性格(スムーズに対応してくれるか、だめだしの多さ)などもあります。
また、ネタと言っていいのかわかりませんが書ける項目を随時補充していかなくてはいけないこともあり続けていくと大変さもあります。
なので、本業などではなく、副業でのちょっとしたおこづかい稼ぎにはいいのではないかと思います。