プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

ネット副業について ~「身近なもののライティング」について実体験記 -2


ネット副業について ~「身近なもののライティング」について実体験記 -2 


私が実際にしてみたネット副業、「身近なもののライティング」について、-1で書いたところとは別のところでの体験記を書いていきます。

これも、副業の掲示板で見て、適職かもしれないと思い応募したものです。

応募をしたところ、こちらからも連絡が来て、何社か併走しつつライティングをして違いが少しずつわかった部分があり、それを書いていきます。

こちらは、「ネット証券会社」について書いてください、ということが書いてありました。

実際にネット証券に口座を開設している方、利用している方、できれば1社だけでなく他社と比較できるような方、と書いてありました。

ネットの情報を書き直すリライトではなく、実体験のライティングということでした。

私はネット証券会社に実際口座を開いて取引をした経験があったので役に立てればと思って応募しました。

テストはなく、テンプレートを送るのでまずは書いてみて納品をしてくださいとのこと。

テンプレートは割と簡単なテキストファイルでした。

【ネット証券で扱った金融商品】【サービスについて】など、だいたい5項目くらいがあらかじめテキストファイルに記入してあります。

そこに自分の実体験で感じたことやホームページを見てわかったことなどを入力していきます。

内容は1000文字で1記事、もし途中で1000文字を超えた場合はテキストファイルを作ってそちらにコピーして、合計何記事か、ということで提出します。

期限は一週間とってあり、楽でした。

ネット証券は、手数料が安くて口座を開いたのもあってそういったことについてはたくさんの文字数かけました。

しかし、サポート体制については普段気にしたりしたこともしなかったので、再度勉強しながらなるほどと思いつつ書いていきました。

最初のテンプレートでは項目ごとに書いていったところ3000文字以上になり、書き終わってからテキストファイルをコピーして

1000文字ごと、3記事に分けて提出しました。

最初の記事提出はきつくないですし、最低1000文字書けばいいので、単発で稼ぐと考えればよかったのかもしれません。

もらえる金額は1記事200円。

好きな数の記事だけ書けるので柔軟性はあります。

最初の納品では3記事600円でした。

ただ、こちらは最初の納品をした後、15記事を2週間ほどで書いてほしい、といわれました。

それが少し辛かったです。

15記事書くためにまずはタイトルを15個あげてほしいと言われて提案したところ、3日後にこのタイトルはやめてほしいとの連絡。

その後タイトルを再度考えて提出しました。

タイトルが受理された後、実体験のライティングということだったので実体験を書いて記事を提出したところ、実体験色が強いのでちょっと書き直してもらいたいといわれてました。

その方法がこういったホームページを参考に、と提案されたのです。

最初は実体験のライティングと聞いていたのにリライト色が強くなったので方向性に少し疑問を感じました。

また、担当の方が本業が忙しいらしく、この書き直しを依頼されてホームページを提示されたときも2~3日待ってからお返事が来ました。

記事が受領されたと思いこんでいたら書き直しで、タイトルを送ったときもタイムラグがあったので少し戸惑いました。

だめだしがあるならできるだけ早い方がこちらとしては嬉しいです。

なぜなら2週間と期間がきってあるのに、メールのやりとりが2~3日に一回というのはだめだしされたらその時間がロスされてしまいます。

それが何度も続くとモチベーションが本当に下がってしまいます。

メールでは「恐縮ですが、書き直しをお願いしたいです^^;/」などと書いてあってとてもフレンドリーですし低姿勢です。

ただ、こちらがメールを送ってすぐに対応してくれるならまだしも、期間をおいて連絡がくると気分のいいものではなかったです。

金額も1000文字で200円というのは安いと思うので、時間のあるとき、書き直しが許容できるときだけにしようと今ではきめています。