プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

女性に人気の副業! CADの資格があれば副業として活かせる!


女性に人気の副業! CADの資格があれば副業として活かせる!

CADという言葉を耳にしたことがある方も多いようですが、CADとは英語で「computer aided design」という言葉の頭文字をとった呼び方で、日本語に訳すと専用のコンピュータを用いることにより、各種建築物などの設計を行うシステムのことを総称した呼び方です。

建築の分野では、CADを取り扱う専門職としてCADオペレーターのニーズが高く、機械の設計や住宅やビルなどの建築物の構築図面などの設計を行う仕事として、必要不可欠な存在です。

CADの仕事を行うには、専門的な技術や資格があれば大変有利になり、建築関係の企業や設計事務所に勤務する上で、信頼度が高くなります。
CADの仕事をしたい!と希望する若い世代の女性が増えていますが、OLとして平日は企業に勤務しながら、休日や平日の空いた時間を活用して、CADの仕事を委託して自宅で業務をこなす人も多いようです。

CADは、専門職ですから、資格を取得しておくと副業として行うにあたり、役立つことはもちろん、副業として続けていくうちに、継続的に仕事の受注を請けるようになったら、タイミングを見計らい、本業にする人もいます。

CADの仕事を行うにあたり、1本で5~10万円ぐらいの報酬額と言われていますから、副業にはピッタリですね。基本的には、単発での仕事になりますから、本数が多いほど収入を増やすことができます。

建設関係の企業や設計事務所などでニーズの高いCADの仕事は、その企業や事務所に常駐する社員として、CADの技術者を求めているところもありますが、単発でCADの技術者が求められている場合もあります。

副業としてCADの仕事を続けていくなら、単発で請負うというワーキングスタイルが、理想的でしょう。いずれは、本業にするのであれば、常駐で社員として雇用されるのが望ましいことでしょう。

それでは、CADの仕事をするには、どのような資格を取得すれば良いのでしょうか。
CADの試験には、CAD利用技術者試験として、基礎CAD利用技術者基礎試験、2DCAD利用技術者試験、3D3次元CAD利用技術者試験、CADトレース技能審査、建築CAD検定試験などが実施されています。

これらの試験に合格するとCADの資格を取得することができますので、専門的な知識や技術を習得したことが、正式に認められるようになります。

副業で「収入が高くやりがいのある仕事」の上位にランキングされているのが、CADオペレーターの仕事で、建築業界でのニーズが極めて高いことから、CADの有資格者は、ひっぱりだこになる人も多いようです。

建築物は、わたしたちの周囲を見回してみても、果たしてどれだけの戸数が建っていることでしょうか。建築物が老朽化して新たに建て直しをしたり、リフォームをしたり、さまざまな場面でいつも街のどこかで、また新しい建築物が設計され、建てられています。

CADは建築の分野だけではなく、製品の設計図や機械の設計図など、実に幅広い分野に渡ります。CADの資格を取得するにあたり、初心者の場合は、CADの知識や技術が習得できる専門学校やスクールに通って学ぶと良いでしょう。

通信講座で学ぶ方法もありますが、マイペースでの学習だと途中で挫折することもあるかもしれません。平日に会社に勤務して、夜間でスクールに通う人も多いようです。資格は一生モノですから、一度取得しておけば、その実力を証明することができるので、役立ちます。

CAD専用のソフトがありますので、パソコンでそのソフトを使いこなせる専門的な知識や技術を習得する必要があります。CADの報酬は、一概に何万円とははっきり言えませんが、請け負う業務の難易度が高いものや、納期が極端に短い場合には、通常の報酬よりもアップされる可能性もあります。

CADの仕事は、パソコンのソフトなどが揃っていれば、在宅でできる仕事なので、会社での勤務のように、人間関係に煩わされるリスクもなくてすみます。資格を活かして仕事に集中できる!それがこの仕事の最大のメリットであると言えるでしょう。