プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

字が上手な方! 書道の資格を持っている方にピッタリの副業! 書道教室で副業しよう


字が上手な方! 書道の資格を持っている方にピッタリの副業! 書道教室で副業しよう

昔から「字は人を表す」と言われており、字がキレイな人は心がキレイな人が多いとも言われていますね。パソコンやケータイ、スマホなどが普及して、伝達手段が発達してきたことから、現代人は、鉛筆やボールペン、万年筆などの筆記用具で直筆で文字を書く機会が少なくなってきました。

それは、とても世の中が便利になってきた証拠ではあるのですが、直筆で文字を書く機会が少なくなると、漢字を書くときについ忘れてしまったり、上手に書こうとしても書けなくなってしまうこともあります。一昔前は、小学生の習い事の定番はそろばんや習字で、級や段のレベルにまで達している人もたくさんいました。
その資格を活かして、自宅で習字教室やかきかた教室を開いているサラリーマンやOLも増えているようです。

書道やかきかた教室を開くにあたり、とくにこれといって準備する物といっても、生徒が座る椅子やテーブル、書道教室の看板ぐらいのものですから、初期費用は少なくてすみます。現在、文部科学省認定による毛筆書写検定と呼ばれる検定試験が実施されており、4級~1級までの試験が実施されています。自宅で講師として稼働するなら、1級を取得しておくことです。

書道・かきかた教室の講師の収入の目安は、生徒の人数や立地条件などにより、格差が生じてきますが、グループでの指導形態が主流ですから、時給にして1000~1500円程度で、生徒の人数がもっと多ければさらに収入アップの見込みがあります。
しかし、近年は、少子化がますます深刻になっている状況ですから、生徒を子どもたけに限定するのではなく、中高年世代の生涯学習としても生徒募集をすると良いでしょう。

副業として自宅で教室を開くなら、会社の勤務時間終了後の夕方以降の時間を活用することです。土曜日が休日の会社であれば、土曜日を副業の日に充てることもできますよね。
自宅で教室を開業する方法以外には、求人情報サイトなどをチェックして、書道教室の講師の求人募集などが出ているかどうか、確認しておくと良いでしょう。

とくに書道教室を開く以外にも、得意な書道を活かして副業をすることができます。
賞状書きや封筒やはがきの宛名書きの仕事などがあります。また、原稿をもらって清書する仕事などもあります。
このような仕事は、自宅で空いた時間にできますが、仕事の内容によっては、納期が短くてかなりハードになる場合もあります。

副業として行う場合は、納期までのスケジュールがタイトにならない仕事を選ぶことです。
書道教室を開く場合は、毎週何曜日の何時からといった感じで、生徒を指導する時間をあらかじめ決めておく必要が出てきますが、宛名書きや賞状書きの仕事は、自分のペースでできる仕事なので、忙しいときは事前に仕事を断ったり、仕事を入れてもある程度セーブしておくなど、調節することができると思いますので、臨機応変な対応が可能ですね。

字が上手でもとくに、書道に関する資格を持っていなくて、今後は書道に関する副業をしたい場合は、通信教育でマイペースで学びながら、賞状書士として活躍することも可能です。賞状1枚を完成させる仕事の時給は、1,000円~2,000円とも言われています。字を書く仕事は、とくに年齢や資格などを問わず、字がある程度上手に書ける人であれば、誰にでもできる仕事なので、副業としてはもちろん、いくつになってもできる仕事なので、とてもやりがいが感じられることと思います。

通信教育を受講することで初期費用がかかっても、通学で学ぶよりははるかな格安な料金でじっくりとマイペースで技術を習得することができるので、オススメですね。
気になる通信講座があれば、無料資料請求してみて、じっくり比較・検討してみると良いでしょう。