プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

副業するなら在宅で? それとも外で働くのが良い? それぞれのメリットは?


副業の就業形態や職種とは関係なく、ワーキングスタイルについて大きく2種類に分けて考えてみると、在宅で副業をする方法と、もうひとつには外で副業をする方法があります。
副業をしている人の多くが、外で働いているようですが、外で副業をすることについて、どのようなメリットがあると考えられるのか、分析してみましょう。

外で仕事をすることで、ふだん勤務先の会社とは違った雰囲気の中で仕事ができて、視野を広げることができると思います。とくに、仕事面でプラスになることはもちろん、今後の人生においても良き出会いがあり、今後の人生においてもプラスになるのではないでしょうか。
会社で働いているのとまったく雰囲気が違い、副業を他の職場で行うことは、良い気分転換になることもあるようですね。

それでは、在宅で副業をする場合、どのようなメリットがあると考えられるのでしょうか。
在宅での副業のメリットをあげると、自分のペースでライフスタイルに合わせて、時間を使えることでしょう。

たとえば、夕方5時に会社の仕事が終われば、そのあとの時間を副業に有効に使うことができます。自宅でピアノ教室を開いている人もいれば、習字やそろばん、学習塾や家庭教師などの仕事をしている人は、子どもが学校から帰ってからの時間帯なので、夕方5時以降の時間帯は、副業をしている人にとっては、まさにゴールデンタイムですよね。

サラリーマンやOLの中には、会社が終わったアフター5の時間帯に副業している人もいますが、それだけではなく、平日は本業に専念して、土曜日や日曜日、祝日などの休日だけを利用して、副業に打ち込む人もいるようです。

結婚式の司会の仕事や、食事や飲み物を運ぶコンパニオン、ピアノ、エレクトーンなどの楽器の演奏の仕事は、土・日・祝日のみに集中するので、休日を利用して働きたい方には、ピッタリの仕事ですよね。

それでは、次に外で副業をすることのデメリットについて、考えてみたいと思います。
外で働くのは、気分転換になることはあっても、万が一、会社の同僚や上司が副業をしている職場を訪れることがあれば、副業をしていることを知られてしまうことになります。

このようなデメリットも踏まえて、副業として外で働く場合は、十部に注意しなければなりませんね。

たとえば、結婚式場で土・日・祝日にアルバイトをして副業している場合に、会社の人がその結婚式場に来る機会があるとしたら、副業がばれてしまう可能性は十分にアリ!ということなんですよ。

外で働くにしても、その職場が自宅から遠い場所であれば、移動に時間がかかり、交通費もかさんでしまいますね。もちろん、交通費が支給されるのではあれば良いですが。

それでは、在宅で副業を行う場合において、どのようなデメリットがあるのか、考えてみましょう。在宅での副業は、自分のペースに合わせてできるという点ではメリットが大きいとおもいますが、人によっては向き・不向きがあります。自分のペースに合わせてできる反面、しっかりとした勤務スケジュールを立てておかないと、仕事が思うようにはかどらなくなることもあるでしょう。

会社での仕事は、きちんとした段取りを立てて仕事をしていますが、在宅での副業は、最初からすべてが順調に行くとは限りません。自分が空いた時間に請け負うことができる仕事量は、限られているので、納期が決められた仕事であれば、本業と両立させて納期をきちんと守ることが前提となります。

副業をしていることで、お得意先から信用を失ったり、外で働いて会社の人に知られてしまうようなことがあってはいけないので、本業に支障が出ない程度に無理のない範囲で、副業を行うのが一番ですよね。