プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

語学が得意な方にピッタリの副業! 翻訳のお仕事が大人気


英語やスペイン語、韓国語、フランス語など、語学が得意な方にピッタリの副業と言えば、翻訳の仕事があります。ところで、語学が得意というのは、どのようなレベルのことを指しているのか、ここが肝心なところですよね。

学生の頃に英検3級に合格したぐらいでは、英語が得意だとは言えません。英検3級は、中学生で習得する程度のレベルなので、さらに文法や語彙などを習得する必要が出てきます。単に、学生時代に英語の成績が良かったからという理由で、英語に関連した翻訳の仕事ができると考えているようでは、認識が甘いようですね。

ちょっとした軽い思いつきで仕事ができるというほど、翻訳の仕事は決して簡単なものではありません。

ところで、ちょっと気になるのが、翻訳の仕事をすることで、どの程度の収入が得られるかということですよね。一言で翻訳といっても、絵本の翻訳、パンフレットの翻訳、資料の翻訳など、いろいろな仕事があります。

一般的には、翻訳1ページにつき1000円程度が相場と言われています。しかし、1ページといっても、問題はその中身ですよね。1ページに文章がぎっしり詰まっているのに、たった1000円なの?と思うような仕事もあるかもしれません。

翻訳の仕事をする方法は、翻訳専門の会社の社員、または業務委託にて行う場合があります。社員として翻訳の仕事をするのであれば、その会社から請けた仕事を社内にて行うといった形になりますが、勤務時間内で仕事が終わらない場合は、自宅に持ち帰り、仕事をすることもあるかもしれませんね。

業務委託で翻訳の仕事を行う場合、翻訳会社に直接出向いて、打ち合わせをすることもあるでしょう。または、メールや電話などで打ち合わせをして、完全在宅で仕事ができる場合もあります。翻訳したものを納品するときは、郵送にて納品する場合もあれば、メールに添付することもあります。

ところで、翻訳の仕事をしていく上で、ある特定の語学に長けていれば、十分に仕事ができるレベルだと思っているかもしれませんが、日本語能力のレベルが高い人であることが前提となります。

日本語は、私たち日本人の母国語ではあっても、日本語ほど難しい言語はなく、漢字をよく間違えて書く人や、日本語の語彙が少ない人であれば、他国の言語が得意な人であっても、翻訳の仕事をこなすのに十分なレベルであるとは言えません。

もし、これまで海外に留学した経験がある方、ワーキングホリデーで海外に滞在した経験がある方、海外に何年か住んでいた経験をお持ちで、その国の言語がネイティブ並みであると自負する方なら、翻訳の仕事にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

海外に滞在した経験をお持ちでない方でも、英語や韓国語、フランス語、スペイン語など、語学検定の上級の資格をお持ちの方など、なんらかの実績がある方なら、強いと思います。
翻訳の仕事は、SOHOサイトにも案件が掲載されていることもありますが、翻訳専門の会社では、業務委託で翻訳者を募集しているところもあるようです。

翻訳の仕事には、必ずといって良いほど、納期が定められていて、短い納期で1週間程度と指示されることもあります。スピーディーに対応できることはもちろん、正確さも要求されるので、本業に支障が出ない範囲で仕事を請け負うことはもちろん、良い仕事をしていけば、2度目の発注も期待できると思います。

ただ、翻訳の仕事を請け負うことで、急に収入が大幅に増えるとは考えにくいかもしれませんね。
翻訳の仕事で確実に収入を増やすというよりは、「これまで自分が学んできたことや経験を、副業にしていくことによって、実益として活かすことができる」と考えてみてはいかがでしょうか。