プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

週末に副業する人が増えている! サラリーマンとOLの副業の価値観は?


週末に副業する人が増えている! サラリーマンとOLの副業の価値観は?

不景気が長引いていて、「本業だけでは今後は給料やボーナスが上昇する見込みが薄いのでは・・」と心配しているサラリーマンやOLも多いようですね。本業で昇給の見込みが薄いどころか、今後は給料やボーナスが下がるのではないかと不安を抱えている人も少なくはないようです。
そのような不安を誰もが抱えているのは当然のことかもしれませんが、そんな中で本業を続けていくことで今後の見通しに期待するよりも、副業をすることで今後の見通しを明るくしたいという希望が持てるようになりました。

本業で昇給の見込みが薄いのなら、副業をすることで収入面の不足分をカバーすることができるので、副業をするメリットは大きいと思います。副業を持つサラリーマンやOLにアンケートを集計した結果、「副業をしている時間帯は?」という問いに対して、アフター5を利用している人は、サラリーマンよりはOLのほうが多いようです。
サラリーマンは、残業や飲み会などが平日に入ることも多く、仕事が終わる時間帯が決まっていないこともあり、その点、OLは残業が少なく、夕方以降の時間を自由に使えるというメリットを活かして、副業をする人も多いようです。

サラリーマンは、週末土・日・祝日などの休日を副業の時間に充てる人が多いようですね。OLは、休日はプライベートライフを充実させたいと希望する人が多いのに対して、サラリーマンは、平日は仕事が終わったら自宅で休養して、その分、休日は副業に集中したいと考えている人が多いようです。これは、単純にサラリーマンとOLが、副業に対する考え方が違うということではなく、それぞれのワーキングスタイルの違いなどにあります。

気になる副業の1か月あたりの平均月収は、どのぐらいなのでしょうか。
副業の平均月収は、それぞれの職種の違いにもよりますが、4~5万円程度と言われています。この程度の収入があれば、安心ですよね。
近年は、インターネットを使って副業をしている人も増えており、古本の転売やネットオークションを趣味にしていて思わぬ副収入になったという人もいれば、本格的にWEBサイト作成の仕事をしたり、イラストが得意な人はイラストレーターとしての仕事を副業に持つ人もいます。

副業を始めてから、最初はあまり高い収入の見込みは期待できないにしても、根気強く継続していくことで、これまでは平均4~5万円の月収が10万円以上にアップした人もたくさんいます。
しかし、副業を始める前には、少し勇気がいるかもしれませんね。副業を始めることでリスクを抱え込んでしまうのではないか、副業をすることで本業に支障が出たり、スケジュール調整などが難しくなっていくのではないかというような不安を抱える人も少なくありません。

しかし、不安ばかり抱えていて前に進めないのでは、副業はできないので、案ずるよりも生むがやすしですよね。サラリーマンとOLは、副業に対する価値観や取り組み方も異なる点がありますが、いずれにしても副業を持つことによって、収入をアップさせたいと思う気持ちは同じですね。これまで副業と言えば、外で働く人が多かったのですが、最近は少し傾向が変わり、自宅でできる副業に取り組んでいる人も増えてきました。会社での人間関係が複雑で、副業をするのに外で働いて、人間関係に煩わされたくないという人もいれば、自宅なら交通費がかからず、移動する時間の手間も省けるので楽だと思う人もいます。

会社から雇用される形態ではあっても、在宅でできる仕事もたくさんあります。カタログ通販やネット通販の電話受付は、OLに人気の高い仕事ですね。得意なことがあれば、副業に活かすのも良し、自分が本当に好きなことを仕事に活かせることにやりがいが感じられることと思います。