プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

週末はコンサート・イベントの会場スタッフで副業しよう! 


サラリーマンやOLに人気の副業と言えば、コンサートやイベントの会場スタッフの仕事ですよね。この仕事は、週末土・日や祝日に単発でできるので、その日に報酬を受け取ることも可能です。

イベント会場のスタッフとして仕事をするメリットをいくつかあげておきたいと思います。
給料日までお金があとわずかしかない!というときに、週末にイベントスタッフとして副業をすれば、その日のうちに、または数日後にお金を受け取ることもできるので、ピンチから逃れられますよね。

このような仕事は、ほぼ毎日仕事があるのですが、平日月~金曜日までは、会社で仕事して、週末土・日・祝日のうち、都合に合わせて仕事ができるので、無理な勤務スケジュールを組む必要もありません。

イベント会場のスタッフの仕事は、専門学校生や短大生、大学生にも人気が高く、近年はサラリーマンやOLの副業としても大人気!
それでは、なぜイベント会場のスタッフの仕事に、こんなに人気が高いのでしょうか?

自分の都合に合わせて仕事を選び、勤務する日を選べることはもちろん、イベントやコンサート会場のスタッフの仕事をすることで、ユア名人や芸能人に会えるチャンスもあります。

それでは、イベントやコンサート会場では、どのような仕事をしているのでしょうか。
イベントスタッフの仕事には、会場設営、お弁当や飲み物の販売、チケットを販売する仕事、会場への誘導係などがあります。

働く時間帯は、朝から夕方になることもあり、途中お昼を挟む場合は昼食としてお弁当、または食事代が支給されることもあります。また、自宅から会場までの交通費が支給される場合もあります。これらの手当を含めて、時給は1,000円~1,200円、日給にして6,000円~1万円が相場です。

報酬は、イベントの内容や1日に高速される時間、仕事の内容等、地域性などにより、格差が生じることがあります。日中の仕事よりも、夕方から深夜にかけてのイベントの場合は、時給や日給が通常よりもアップできるので、時間に余裕がある人、お金をもっと稼ぎたい人にオススメ!ですね。

イベントスタッフの副業で、効率良く収入を得たいなら、夕方~深夜、または深夜から早朝までの仕事がおすすめです。時間外手当や深夜残業手当が支給される場合もあります。

それでは、イベントスタッフの仕事は、どのようにして探したら良いのでしょうか?
アルバイト求人雑誌にも、多数掲載されていると思いますが、掲載された求人情報を見て応募しても、人気が高い仕事ですから、すでに応募者が殺到して早いうちに締め切られることもあります。

そこで、ケータイやパソコンを活用して、アルバイト求人サイトで検索して仕事探しをすることをおすすめします。求人サイトで希望する職種や勤務条件などについて、絞り込んで検索したり、会員登録しておくと希望する条件に見合う求人があれば、メールに求人情報が届く仕組みになっているので、これをおおいに活用すると良いでしょう。

イベント会場のスタッフの仕事を探すときのチェックポイントは、時給・日給、報酬の受け取り日、交通費や昼食代などの手当がつくかどうか、応募先の企業の信頼性などです。
イベント会場のスタッフの仕事は、1日で単発で仕事をする場合もあれば、2~3日続けて勤務することが条件となる場合もありますので、収入の良しあしに関わらず、本業に支障が出ないかどうか、きちんと見極めておく必要があります。

アルバイト求人サイトでイベント会場スタッフの仕事への応募から仕事開始までの流れは、まずは求人サイトでお仕事検索したり、メールに届いた求人情報をチェックする、そして気に入った求人があれば応募して、面接に行って採用されたら、いよいよ仕事開始!ですね。