プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

今なぜ副業人口が増えているの? サラリーマンやOLに必須! 成功させるポイントは?


今やサラリーマンやOLの副業人口がかなり増えていて、副業は必須!と言っても良いぐらいですね。不景気が長引いていて、とくに最近は、日本国内の景気は少しずつ上向きの傾向にあるとも言われていますが、まだまだ改善されたとはとても言いきれません。

不景気が長引いて、いつ企業が倒産してリストラされてもおかしくない時代になり、本業だけでは十分に生活費が賄えない!と不安に思っている人も少なくないようです。
本業に一生懸命打ち込んでも、基本給が安い、昇給の見込みが薄い、残業をしても残業手当がつかない、ボーナスもカットされるようになったのでは、働く意味がありませんね。

本業を熱心に行うにも企業の方針などにより、給料や残業代、ボーナスがカットされることもあるぐらいですから、本業以外に副業を持つことで、副収入を増やすことができるということで、副業を始めるサラリーマンやOLが増えています。

それでは、副業を行うことで、成功させるポイントについて考えてみたいと思います。副業をして継続的に収入を得ようとするなら、ぜひとも成功させたい! 長く続けていきたい!と思うのが当然ですよね。副業で成功するなら、無理なく長く続けられる仕事であることが必須ですね。

一言で副業といっても、さまざまな職種があり、本業をしながら副業を持つことで、どの程度副業に時間を割くことができるか、まずは考えてみて、スケジュールを組んでみましょう。もうひとつ大切なことは、副業を行う目的を明確にすることですね。なんとなく漠然に収入が増えればいいと他力本願な考えを持っていたり、副業をするからには絶対に稼ぐ!と、変に欲を出してしまうと、失敗するリスクが高いようです。

副業にたいして本業がメインになるわけですから、「副業だから」と甘い気持ちでいては、けっして長続きは出来ないし、良い仕事はできないと思います。副業をするなら、週に何日程度、または時間にして何時間程度割くことができるのか、まずはスケジュール調整から入ると良いですね。

たとえば、毎週土・日・祝日が休日であれば、休日のうち毎週土曜日だけは1日副業の時間に充てる、平日に5時に仕事が終わり、とくに残業がない勤務スケジュールであれば、夕方以降の時間なら1日2~3時間なら副業をするといった感じで、スケジュールを決めると良いでしょう。

副業をスタートさせる前に、いくつか心得ておくべきことがあります。副業をしてお金を稼ぎたいという気持ちが強いあまりに、悪徳商法に引っかからないように注意しなければなりません。

一時期は、在宅ワークに関する勧誘の電話やメールに引っかかり、被害に遭ったケースも多々ありましたが、稼ぐ・儲かるといったうたい文句で勧誘する業者は、その多くが悪徳商法なので、冷静に判断しましょう。

もうひとつの注意点をあげると、企業によっては、副業が禁止されているところもありますので、会社の就業規則について把握しておく必要があります。副業を持つ場合に、年間所得が20万円を超える場合は、確定申告を行う必要が出てきますので、申告書の書き方や税金に関する知識などを身につけておくことも必須ですね。

副業に成功している人は、本業にも副業にも支障なくどちらの仕事も熱心にしていて、会社の上司や業者から信頼感を得られています。仕事をする上で誠実さと謙虚さを持ち、迅速さ、そして丁寧で良き信頼関係を築くことができる人は、どんな仕事をしても成功するものです。
まだまだアメリカには追いつきませんが、日本国内で副業人口が急速に増えていて、この傾向はこれからもますます加速することでしょう。

副業をすることで本業に支障が出るようなら、副業をする意味がないので、それぞれのバランスを上手にとりながら、両立させていくことが成功の秘訣ですね。