プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

FX投資の注文方法の種類は? 初心者にもわかりやすい取引とは?


FX投資は、海外の異なる2国間の通貨の「売り」と「買い」のどちらからでも取引ができるということで、株式投資にはない魅力が感じられますよね。さて、FX投資を行うにあたり、通貨の注文をする方法として、いくつかの種類があるのをご存知ですか?

FX投資では、外貨の「買い」から取引に入る場合は、買った通貨を売ること、そして通貨を売った場合は、買い戻すことによって、取引が成立することになります。単に通貨を「売り」、または「買い」だけでは取引が完了したことにはなりません。必ず、買いがあればそのあとに売り、そして売りがあればその後に買いといった感じで、売買をすることにより、利益が得られる可能性もあれば、元本保証がないので、損失を生み出す可能性もあるということです。

FXの注文方法として、成行注文、指値注文、逆指値注文などの方法があります。さらに、一歩進んだ注文方法として、IFO、OCO、IFD、トレール注文などがあります。なんだか似たようなアルファベットの頭文字が並んでいて、わかりにくいかもしれませんね。

それでは、FX投資の初心者には、どのような注文方法が適しているのでしょうか。これまで株式投資の経験がある方なら、成行注文、指値注文、逆指値注文といった言葉を耳にしたことがあると思います。また、このような注文方法で株式の売買をしていた人も多いことと思います。

成行注文とは、とくにレートを指定することなく注文する方法であり、指値注文は、通貨を買いたい、または売りたいレートを指定して注文する方法、逆指値注文はあらかじめ利益を確定して損失を限定する注文方法と、さまざまな違いがあります。
FX初心者は、まずはこの3つの注文方法についてそれぞれの特徴やメリット、デメリットをよく理解してから、取引に入ると良いでしょう。

成行注文のメリットとして、売買の注文が確実に成立すること、スピーディーな取引ができるということです。ただし、価格を指定しない取引であるため、約定した後に取引の価格が判明するのがデメリットとなります。
指値注文のメリットをあげると、成行注文とは違い、売買の価格を指定することができるということです。ただし、レートが指定した価格でない場合には、約定することはありません。逆指値注文は、成行注文や指値注文とも異なる特徴を持ち、この3種類の注文方法の中では、もっとも複雑なものです。

逆指値注文では、損失が拡大するのを抑えられること、そして為替相場の動きに乗りやすいといった点ではメリットがありますが、指値に達することによって、売買で成立することになります。どの注文方法もそれぞれ一長一短はあると思いますが、FX初心者はまずは、成行注文、指値注文をしっかりマスターしておくと良いでしょう。

FX投資は外国為替相場が24時間、1分1秒と時間が経過していく中で、常に相場が動いているので、ずっと同じ価格を保ち続けるということはまずありません。だからこそ、高い利益が得られるチャンスもあれば、反対に大きな損失を生み出す可能性もあるのですが、相場の動向がある程度読めるようになると、有利な取引ができる可能性も生まれてきます。
FX初心者は、まずは売りと買いの取引の仕組みを知り、最初から高い利益を得ようとするのではなく、ハイリターン・ハイリスクではなく、ローリスク・ローリターンで、期待しすぎないことです。高い利益を狙うよりは、損失を最小限に食い止めるように心がけることです。

万が一、高い利益を得られたとしても、次回の取引に期待しすぎることなく、あまり気が大きくなってはいけません。FX初心者は、最初のうちは日本円・米ドル、または日本円・ユーロといった感じで、必ず日本円と海外の通貨でペアを組んだ取引がおすすめです。