プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

FX投資を始める前に損失を抑えるための対策を必ず知っておこう


FX投資は、資産運用・資産形成、そして副業といった感覚で始めるサラリーマンやOL、主婦の方も増えているようですね。FX投資の魅力はなんといっても、取引コストが安いこと、少額資金で利益が得られる可能性が高いこと、そして、株式投資や先物取引に比べると、投資による損失などのリスクが少ないことにあると思います。

FX投資を行うのに、とくに証券会社の窓口に足を運んで行く必要もなく、平日は仕事をしながらでも、空いた時間を利用して、パソコンやケータイから取引ができるので、もっとも身近にできる投資ということで、日本国内では今、FX人口が急増していますね。

FX投資を始める前に、利益を狙うことに懸命になるよりも、まずは投資による損失を最小限に食い止めること、損失を抑えるための対策について、知っておく必要があります。その前に、FX投資によって、どのようなリスクの可能性があるのか、知っておきましょう。

FXは、外国為替証拠金取引と呼ばれているように、外国の為替相場の変動によるリスクを伴う可能性があります。FX投資では、持っている通貨について、買ったときよりも価格が高い場合には、為替差益による利益が得られるチャンスがる反面、反対に買ったときよりも価格が安くなっている場合には、為替差損の損失によるリスクをともないます。
為替差損によるリスクを回避するための対策として、通貨を買う時期を少しずつずらして、分散させることをおすすめします。

FX投資にある程度慣れてくると、レバレッジを高く設定する人も多いようです。高レバレッジによる取引で、高い利益が得られる可能性がある反面、高い損失を出す可能性もあります。これを防ぐ対策として、欲を出さずに低レバレッジに設定することをおすすめします。

FX業者の多くは、マージンコールやロスカットのルールが設定されていますので、取引に入る前によく理解しておく必要があります。マージンコールとロスカットは、FX取引で損失を最小限に抑えるための方法であるという点では共通していますが、それぞれに特徴の違いがあります。

マージンコールは、証拠金維持率が下回る場合にかかります。ほとんどのFX業者で、証拠金維持率が50~70%を下回った場合に、マージンコールがかかりますが、業者ごとに規定が異なりますので、確認しておきましょう。実際にマージンコールがかかる場合には、メールなどでFX業者からお知らせが届きます。マージンコールがかかっても、これはあくまでも、証拠金維持率が下がったというお知らせですから、その後、どのように対策をとれば良いのか、冷静な判断が求められることになります。FX業者によっては、ロスカットのみでマージンコールの制度が導入されていないところもあります。
FX業者を選ぶ際に、マージンコール制度・ロスカット制度の両方が導入された業者を選ぶのが、重要ポイントになります。

ロスカットは、証拠金から損失を差し引いた金額が、ある一定の割合を下回る場合に、強制決済されることです。マージンコールとロスカットの違いを簡単に言えば、マージンコールは「お知らせ」であり、メールなどで警告が出されますが、どのような対策をとるのかは、投資家の判断に委ねられます。ロスカットはFX業者が投資家の損失を食い止め、安全を守るための対策として、とくに自分の意思で決済の処理をしなくても、外貨が強制的に決済されます。

もうひとつ、ロスカットとよく似ていますが、ストップロスオーダーと呼ばれるルールがあります。外貨が買値よりも低い価格である価格になった場合に、決済するのがストップロスオーダーです。強制決済されるのに、最低の価格をご自身で設定することができるのが、ストップロスオーダーの特徴であり、ロスカットについては、ご自身で設定するのではなく、FX業者がそれぞれ独自に基準を定めています。