プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

株式投資を始める理由は? 将来の充実した生活のための資産運用・形成について


投資の方法には、FXや先物投資、株式投資などいろいろありますが、その中で株式投資は昔も今も変わらず、相変わらず根強い人気があります。一昔前の時代は、株式投資は長期投資型で、中高年世代の男性の資産形成・資産運用といった感じでしたが、近年はサラリーマンやOL、自営業の人や主婦の人まで、幅広い年代、職種の人が株式投資をしているようです。

株式投資を始める理由は人それぞれいろいろありますが、その理由を尋ねてみると、「本業だけで食べていくのはこの先不安だから」「無理のない範囲で投資して、少しでも収入を増やしておきたい」「将来、充実した生活を送るためにも、株式投資で資産運用・資産形成しておきたいと思ったから」など、実にさまざまです。

今現在において十分な貯金があり、生活に余裕がある人なら、とくに株式投資をしなくてもいいとは思いますが、今この時点でお金に余裕があるからこそ、投資資金として使い、資産運用・資産形成を目指したいと思っている人も多いようですね。
さまざまな理由で、株式投資を始めるのは、別に何も悪いことではありませんが、最初から高い利益を狙って、莫大な資金を投資につぎ込むことは、やめるべきでしょう。中には、株式投資で儲けたい!と言わんばかりに、マネーゲームのような感覚で投資をしている人もいるようですが、株式投資はあくまでも資産運用・資産形成の手段のひとつであり、ギャンブルではないので、無理な投資をしないように心がけておく必要があります。

株式投資をしている人の中には、「銀行や信用金庫などの金融機関にお金を預けていても、利率がどんどん下がっていて、お金を増やすのがこの先はあまり期待できないから」というような理由で投資を始める人もいますね。

株式投資を行うメリットをあげると、投資によって利益が得られる可能性があることはもちろん、配当金がもらえること、株主優待による特典が受けられることです。しかし、デメリットをあげるとするなら、必ずしも投資によって利益が得られるとは限らず、一時期は株価がどんどん値上がりしていたのに、急に値下がりしてしまう可能性もあれば、その年の経営状態などにより、配当金が出ない可能性もあるということです。

株式投資は、先物取引やFXとは異なる仕組みになっていて、株券を購入することによって、株主権が得られるということはご存知でしょうか?
株式を購入すると、その企業の株主総会に参加する権利が与えられます。もちろん、株券を購入したからといって、必ずしも株主総会に出席しなければならないというような義務が生じるわけではありません。さらに、利益配当請求権や残余財産分配請求権などの権利を取得することができます。利益配当請求権は、持株数に応じてその企業の利益の分配が受けられるという権利のことを指し、残余財産分配請求権とは、その企業の株券を持っている間に、企業が解散した場合に、持株数に応じて残った財産が分配されるという権利のことを指しています。

先物取引やFXでは、残念ながらこのようなメリットがなく、株式投資にはキャピタルゲインによる値上がり益以外にも、さまざまな特典が受けられるというのは、とっても魅力的ですよね。ただし、株券を持っていれば良いというものではなく、将来的に株価が値上がりする見込みのある企業、そして経営が安定している企業を選んで、株券を購入することが前提となります。株価が値上がりすることはあっても、あまりにも株価の値動きが激しい企業だと、なにかと不安だと思われるので、他の企業と比較しても株価の値動きが激しくなく、安定した企業の株を購入すると良いでしょう。将来の充実した生活を過ごすためにも、今から株式投資を始めてみてはいかがでしょうか。