プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

中国株で株式投資をする人が増えている! 中国株のメリット・魅力とは?


株式投資は、日本国内の企業だけではなく、外国の株式投資もできるようになり、中国株に人気が集中しているようですね。なぜ、今、中国株がこのように注目されているのか、その秘密に迫ってみたいと思います。

近年の中国経済の成長は目まぐるしいものがあり、とくに上海や香港などの外国人観光客の多い地域では、経済の成長スピードが速く、これから先も希望が持てそうですね。日本国内では、不景気が長期化しており、これまでは好景気な企業でも、株価の値上がりの見込みが薄い企業も少なくはないようです。

その点、中国株なら、経済が成長していることから、株価が値上がりする傾向にあり、証券会社で外国株の取り扱いが可能な業者が増えてきていますね。海外の経済がどの程度成長しているか、知るための目安としてGDPについて知っておくと良いでしょう。GDPとは、国内総生産のことを指しており、GDPの伸び率について把握しておくことによって、その国の経済状況の変化が把握できるというものです。

中国が経済的に著しく発展の兆しが見られるようになったのは、1990年代からで、それ以降のGDP成長率について日本と比較してみると、中国のほうが圧倒的に高くなってすることが伺えます。中国がここまで急速な勢いで経済発展を遂げた理由をあげると、外国企業の投資を積極的に受け入れるようになったことによって、企業が大きく成長して海外との貿易が盛んになってきたこと、中国は人口が多い反面、失業者が多いという問題を抱えてはいますが、この深刻な社会問題を解消するためにも、企業を活性化させることによって、新しい雇用を生み出すことができ、その結果、一昔前の中国とは違い、経済的にも豊かになってきました。

近年はとくに中国株を始めよう!というサラリーマンやOLも増えているようですね。中国株を購入するには、証券会社で口座を開設して、投資金を入金して株式の売買の取引をするといった形で、取引に関する基本的な流れは、日本国内の株式投資とほぼ同じです。中国株の取引については、日本国内の企業の株式投資と同様に、元本保証はなく、投資によって大きな利益を生み出せるチャンスもあれば、反対に損失を生み出すというリスクも当然あります。

中には、「中国株の投資をすると儲かるから」と安易に考える人もいるようですが、中国の経済が著しく、今後は株価の上昇が見込まれるということから、投資をするという感じですね。中国株と日本国内の株式投資の違いをあげると、投資の流れはほぼ同じですが、中国株の歴史がまだ浅いことから、今後の値動きについて予測しにくいこともあれば、中国は日本とは違い、資本主義ではなく社会主義の国であることから、政府の政策などにより、株価が急に大きく値動きする可能性が考えられることもあります。中国の企業が果たしてどこまで健全に運営しているのか、取り扱っているサービスや商品などの信頼性などについて、まだまだ不透明な部分があるので、株価が急に値下がりする可能性もあります。

中国株による投資を始めるなら、最初から中国株を選ぶのではなく、投資の経験がない人は、まずは日本国内株式投資から始めることをおすすめします。株式投資の仕組みをある程度知っておくことが肝心であり、投資の流れやメリット、リスク、デメリットなどをきちんと踏まえておくことです。中国株など外国株式投資で失敗しないためには、セミナーや講座などがあれば足を運んでみて、まずは投資の基地知識をしっかりと学んでおくこと、そしてリスク分散をするなど対策を立てて、無理な投資をしないことです。経済新聞や瑩山情報誌、インターネットなどで中国株に関する情報を入手して、経済状況や政治の状況などを把握しておくことも必要ですね。