プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

外国株を始める前に基礎知識をしっかり学んでおこう!


これまでは日本国内の企業の株式投資を経験してきたけれど、今後は米国株や中国株などの海外の株式投資もしてみたい!と、意欲的にチャレンジしている投資家も増えているようですね。近年は、インターネットが普及してきたことにより、とくに証券会社の窓口に直接出向いて行く必要もなくなり、自宅にいながら24時間いつでも株式投資ができるようになりました。

証券会社によっては、米国株や中国株など、海外の株式投資を取り扱っているところもあり、ここ数年の間にネット証券会社が増えてきました。もちろん、英語や中国語がわからなくても取引には何の支障もないので、その点は安心ですよね。証券会社によっては、中国株・米国株以外にも、ベトナム株やインドネシア株、韓国株などの株式を取り扱っているところもあります。証券会社によっては、口座維持手数料や口座開設費が無料のところもありますので、低コストで取引ができるのも魅力的ですよね。

外国株を始める前には、まずは基礎知識をしっかりと学び、失敗しないようにしっかりとした対策を立てておく必要があります。取引を始めるには、まずは証券会社を選ぶ必要が出てきますね。証券会社を選ぶ上で、やはり気になるのが取引コストで、できるだけコストは安く抑えておきたいものです。外国株を取り扱っている証券会社の比較・ランキングサイトなどもありますので、まずはじっくりと比較してみると良いでしょう。

次に、取引の方法がどのようになっているのか、確認しておく必要があります。証券会社の店舗での取引や携帯電話、インターネット、電話などどのような手段で取引ができるのか、確認しておきましょう。証券会社によっては、海外の経済に関する状況などの情報を無料で提供するサービスを行っているところもあります。外国株の投資に関するセミナーや講座などを不定期に開催している証券会社もありますので、積極的に参加すると良いでしょう。

実際に外国株での投資を行う際に、国内の株式投資と同様に、リスク管理が必要になってきますので、口座開設は1か所だけではなく、2~3の複数の証券会社で口座を開設しておいて、上手に使い分けること、そして1つの株式のみにこだわるのではなく、複数の企業の株式で投資をすることにより、リスク分散ができるようになります。複数の証券会社に口座を開設することにより、海外の株式投資に関する情報をスムーズに入手できるようになることはもちろん、取引コストを大幅に節約することもできるので、メリットが大きいと思います。

それでは、外国株で投資をするのに、どのようなリスクが考えられるのでしょうか。株式投資は、元本保証がないので、必ずしも投資したからといって利益が得られるというわけではありません。とくに外国株式による投資では、株券の価格変動リスクが生じることはもちろんですが、さらには為替リスクが生じることがあります。為替リスクとは、外国為替レートの変動にともない、利益や損失が発生するリスクのことを指し、日本国内の株式よりも値動きが激しくなっている可能性もありますので、取引に良いタイミングをしっかりと把握することです。

これまでに外国株式投資の経験はなくても、銀行の外貨預金の経験がある人であれば、外貨から円の交換比率が変わることにより、為替差損が生じるというリスクがあることならご存知だと思います。外貨預金では、高金利が魅力だけど、為替リスクにより、思ったよりも利益が得られないというケースもあります。外国株式投資を始める前には、メリットやデメリット、リスク管理などを把握しておくことはもちろん、各企業の特徴をつかみ、どのような銘柄が良いのか、今後の値動きの動向などをチェックして、上手に選ぶことが大切ですね。