プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

投資で損失を抑えるための対策として分散投資でリスクを軽減しよう


株式投資に限って言えることではないですが、投資をする以上は元本の保証がないので、最悪の場合は多大な損失を生み出す可能性もあるということを踏まえておかなければなりませんね。そこで、分散投資によって損失を最小限に食い止められるように、分散投資で対策するという方法があります。

そもそも分散投資とは、投資の対象を1つに絞るのではなく複数にすることであり、株式投資の場合は株式の銘柄をいくつかの銘柄に分散して投資をするということになります。たとえば、A社の株式の銘柄に100万円の投資をして集中するよりは、1社に30万円、B社に30万円、C社に40万円投資するといった感じですね。3社だけでなく、4社、5社の株式で分散投資をするのも良いでしょう。

FXで分散投資をする場合は、通貨ペアで取引をするので日本円と米ドルだけの投資ではなく、この他に豪ドルと円の通貨ペアで取引をするなど、1つの通貨ペアだけでなく、2~3の複数の通貨ペアで取引をするといった感じですね。そして、レバレッジを高くかけすぎないのが基本です。とくに投資の経験が浅い人は、レバレッジが高くても10倍程度に抑えておくことです。

それぞれの投資法により、分散投資の方法にはさまざまな違いがあるとは思いますが、今なら有利な取引が出来そうだと思ってはいても、いつどんなときにタイミングが狂うかもわかりません。株式は、常に価格が変動しており、とくに長年の不景気が長期化していることから、どちらかと言えば損失を生み出す可能性のほうが高くなっていることもあります。

FXの投資では、日本国内の経済的な状況にはそれほど左右されることはなくても、海外の通貨との取引では、外国為替相場の動向がつかみにくいこともあり、金利が高い通貨ほど、値動きが激しくなっていますね。

株式で銘柄をいくつかに分けて投資をしたり、FXで複数の通貨ペアと取引をする分散投資によって、リスクを軽減させることができるので、投資の初心者にはぜひ心得ておいてほしいと思います。1つの銘柄や通貨ペアのみに集中して取引を行うことを集中投資といった呼び方をすることもあります。集中投資によって、高い利益が得られる可能性はもちろんありますが、反対に大きな損失を生み出す可能性もあるということですから、やはり分散投資をして損失を最小限に抑えたいものです。分散投資をすることで、高い利益が得られる可能性は薄いかもしれませんが、投資の基本は「ハイリスク・ハスリターン」ではなく、「ローリターン・ローリスク」であることを念頭に置いておきましょう。

必ずしも、分散投資をしなければならないという決まりはありませんが、大きな損失を出さないための手段として、分散投資を心がけておくことです。ただし、ただやみくもに分散投資をすれば良いというものではなく、株式投資ではあらかじめ株価の値動きの動向について流れをしっかりつかんでおくことです。

銘柄によっては、このところ企業の業績の悪化などが原因で、株価がどんどん下がっているところもありますので、銘柄の選び方も重要ポイントになってきます。株価の値動きが良くない銘柄だけを複数選んで、分散投資をしても意味がありません。これから株価がどんどん上がるだろうと予測できる銘柄を複数選んで、投資するのがポイントですね。

FXで分散投資するなら、値動きの動向がよく似ている通貨ペアを選ぶよりは、まっとく異なるタイプの通貨ペアを選んでほうが良いでしょう。米ドルと円、ポンド(イギリス)と円の通貨ペアは、非常によく似た値動きになっているので、分散投資をするなら、まっとく異なる値動きをする通貨ペアを選ぶことです。気になる銘柄や通貨ペアがあれば、株式投資やFXを始める前に、チャート表などで値動きの流れをしっかりつかみ、それぞれの特徴やメリット、デメリットなどをよく把握してから分散投資を始めると良いでしょう。