プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

不動産投資を成功させるために経営者としての知識を得ておこう


不動産投資を始める前に、基礎知識をしっかりと身につけておくのは必須であり、投資で失敗しないためにも、マンションやアパートなどの経営者としてのノウハウを身につけておかなければなりませんね。

アパートやマンションを経営するには、投資用の物件を1棟購入して入居者と賃貸契約を交わして貸出すことになります。集合住宅に入居するわけですから、賃貸上の契約内容、入居費用、敷金、礼金などの費用をどれぐらいに設定するのか、契約書の内容などを取り決めておく必要が出てきます。

不動産投資をして経営する場合、万が一、その建物を撤去した場合にも、その後に土地が資産として残るというメリットがあります。建物が残っていてその間、売却した場合には土地が残らなくても、購入したときの金額よりも高い金額で売却されることにより、キャピタルゲインが得られるというメリットがあります。

不動産投資と株式投資、FXを比較するとこれらの2種類の投資では、同じ内容の取引ができますが、不動産投資においては取り扱う物件が1つですから、当然のことですが、同一の不動産物件に対して2人以上の複数の人が、投資を行うことはできません。したがって、条件の良い物件があれば早い物勝ち!ということです。
不動産投資を成功させるには、不動産経営者としての手腕、そして不動産業者や物件選びが重要ポイントになってきます。

株式投資のように、少額資金で複数の銘柄を選んで投資するというわけにはいかないので、不特定多数の不動産物件の中からたったひとつのものを選ぶのは、まさに至難の業といっても良いほどです。

不動産投資を行い、アパートやマンションの経営者、つまりオーナーとして成功するためには、「このマンションに入居したい!」と思わせるような工夫も必要不可欠になってきます。投資をしても、入居者がいなければ空室になってしまい、家賃収入を得ることができません。入居者を募集するにも今は、多数のマンションやアパートがありますので、できるだけ家賃を安く抑える、入居する人が快適な住まい空間になれるように配慮するなど、さまざまな工夫が求められます。

マンション・アパート物件を購入するまでは投資の領域ですが、その後、経営者となれば事業主となるわけです。不動産投資は、株式投資のように投資法であることに間違いはありませんが、不労による収入を得るということではありません。家賃や入居に関する初期費用を適正に設定することはもちろん、マーケティングも必要になってきます。

不動産投資の基礎知識として、もうひとつ理解しておくべきことがあります。FX投資の経験がある方ならご存知とは思いますが、レバレッジ、利回りという言葉は不動産投資でもよく使われています。不動産投資での利回りとは、投資した金額に対する利益回収割合のことを指しています。よく「利回りが高い」という表現をしますが、不動産投資の場合は、回収する割合が高いことを意味しており、自己資金による利回りと表面利回りと呼ばれるものがあります。表面利回りは、投資して購入した物件が満室になったことを想定した場合に、年間を通して得られる家賃収入を物件の購入価格で割った数字のことを指します。

ちょっと話が難しくなりましたが、不動産投資は、中期または長期、中長期での事業のひとつとして捉えること、そして10年後、20年後の将来を見据えてしっかりとした事業計画を立てておくことが肝心です。不動産投資物件を提供している専門の業者では、セミナーを開催しているところもあれば、経営に関するセミナーが開催されているところもあります。また、専門家の立場から事業計画について良いアドバイスをしてもらえる場合もありますので、このようなサービスを利用することです。