プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

不動産投資を成功させるために業者と物件を上手に選ぶポイントが知りたい!


不動産投資で成功する人もいれば失敗する人もいるようですが、この差はいったいどんなところにあるのでしょうか? 不動産投資を成功させるためには、知識を得ておくことはもちろん、ある程度のマーケティング力と資金が必要になってきます。そして、不動産物件を取り扱う専門の業者選び、そして良質な物件を選ぶのが重要ポイントになります。

不動産投資の物件には、新築物件もあれば中古物件もありますが、この他には競売物件もあります。競売物件と聞いてピンとこなくても、オークションと言えばご存知の方も多いことでしょう。不動産物件の競売は、おもに裁判所により提供されるものであり、市場価格よりは安い価格で購入できるのが最大のメリットです。競売物件は、入札する方法によって購入することが可能です。もし、競売物件を中心に探しているのであれば、特定のエリアを管轄している裁判所の競売物件を探してみてはいかがでしょうか。

ただし、競売物件のデメリットをあげると、裁判所が立ち入ることによって売主が存在しないため、物件を購入してから、経営していくまでの手間がかかることもあり、アパート・マンション経営に関する知識がない人には不向きです。

不動産投資で失敗しないためには、信頼性の高い専門業者を選ぶことが肝心です。投資する物件を選ぶ前に、月収・年収に見合うように、生活に支障が出ないように投資金についてしっかりとした予算と事業計画を立てておくこと、無理のない不動産投資を心がけておくことです。

年収や資産が低いからといって、不動産投資ができないというわけではありませんが、投資した後になって生活が成り立たないようでは大変です。そこで、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談して、アドバイスしてもらうのも良い方法ですね。現時点で不動産投資を始めたいけど、十分な資金が確保できていない場合にも、購入したいと希望する物件の金額の2~3割程度の頭金が出せるようであれば、あとは銀行などで融資を受けるという選択肢もあります。

年収がある一定以上の金額を超えた場合に、不動産投資によって節税対策が可能になる場合もあります。しかし、不動産投資と税金との関係についてなにも知らないでいると、節税対策ができなくなり、税金を高く取られる場合もありますので、不動産投資を始める前に、税金との関わりについても学んでく必要があります。すでに税理士をつけている方も、不動産投資と税金との関係について知識を得ておくことです。

銀行から融資を受けることを希望している場合に、その人の年収や経済力などが審査のポイントになることは言うまでもありませんが、中古物件よりは新築物件を購入するほうが、物件としての値打ちが高く、資産価値が高いとみて、審査が通りやすくなる可能性もあります。しかし、新築物件と中古物件を比較すると、売値は当然新築物件のほうが高くなりますので、どの程度資金があるのか、返済能力についても熟慮した上で慎重に判断する必要があります。

そこで、とくにおすすめなのが中古物件です。中古物件とはいっても築5年の物件もあれば10年、20年の物件もありますので、選択肢がかなり広くなります。中古物件を購入するメリットをあげると、すでに入居者がいる場合にも物件を引き渡すことが可能で、もちろん入居者は引き続きその場所で生活するわけですから、購入したらすぐに家賃収入が期待される可能性もあります。入居者にとっても、家賃が高い新築物件よりも中古のほうが家賃が安くて生活しやすいといったメリットが得られるので、不動産投資で成功するなら、中古の良質な物件を探すのが重ポイントですね。