プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

初めての不動産投資でマンション経営者になる! 成功させる秘訣が知りたい!


これまで株式投資やFX投資を経験済みの方でも、不動産投資は特徴にさまざまな違いがありますので、投資の経験年数が長いからと、たかをくくっていてはいけません。まずは、不動産投資に関するしっかりとした基礎知識を身につけておきたいですね。

株式投資はその名の通り、株式に関する投資であり、FXは海外の通貨で取引を行うものです。そして、不動産投資は、アパートやマンションなどの集合住宅物件に関する投資ですから、投資するための資金を十分に確保しておく必要があります。

まず最初に、不動産投資のメリットをあげておくと、アパートやマンションの経営者となることによって、入居者が多ければ多いほど、毎月家賃収入が得られるということです。とくに、そのために自分が動く必要もなく、入居者が退去しない限りは、安定した収入が得られるので、メリットは大きいと言えるでしょう。このように、集合住宅の経営者となることによって、確定申告では不動産を減価償却するため、経費としては減価償却費が計上されます。そのため、収入に対して、大きな経費が上がることで、節税対策にもなります。

もちろん、不動産投資によるデメリットも十分に理解しておかなければなりません。まずは、アパートやマンションなどの物件を購入する必要がありますので、物件選びは慎重に行うことです。信頼できる不動産店を探すこと、そして立地条件の良い物件を見つけることが、成功させる秘訣であり、基本です。

投資のための資金は十分に確保していて、物件を購入したのに、メンテナンスをしても入居者が思うように集まらず、空室が多くて時間が経過してもこのままの滋養対が続くようでは、失敗に終わってしまいます。不動産投資は、立地条件や建物の質が高い物件を選ぶことが肝心です。

不動産投資に成功する秘訣について考える前に、まずは失敗する理由や原因について考えてみると良いでしょう。投資を始める前から、あまりマイナス思考になるのはよくないかもしれませんが、やはり初期費用がかかることですから、このぐらい慎重に構えておいたほうが良いようです。

不動産投資をしている人が成らずしも成功するとは限らず、残念ながら失敗する人もいるようです。その原因として、物件を購入する際に、利回りの高さに魅力を感じて中古物件を購入したものの、思うように入居者を確保できずに、空室が増えてしまう、入居時・退去時に室内のリフォームをするための費用や、メンテナンス費用が発生して、収入よりも支出のほうが負担が大きくなってしまう、本来なら家賃を値上げしたいところだが、値上げすることによって、入居者が少なくなることを考えてそのまま据え置きにしたところ、収益が下がってしまうなど、さまざまなリスクをともなうことがあります。

株式投資やFX投資で成功して、「その次は不動産投資だ!」と意気込んではみても、これらの投資と大きく特徴が異なる点として、無理のない投資をしているならローリスクローリターンですが、不動産投資においてはローリスク、そしてロングリターンということで、長い目で見て収益を上げるといった心構えが必要になってきます。ですから、スタートしてから1、2年程度で結果を判断するのではなく、良くないと思ったことは改善して、少しずつ良い結果を期待できるように地道な努力が必要ですね。

空室が増えると、収益が下がってしまい、資金不足になるとリフォームやメンテナンスに費用をかけられなくなり、資産価値が下がることもあります。しかし、満室になれば収益が増えて、メンテナンスも行き届くようになり、管理体制が行き届いているということで高く評価され、資産価値が高くなることもありますので、取り組み方次第で、不動産投資は成功させる可能性を十分に秘めている!と、前向きに考えてはいかがでしょうか。