プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

不景気が長期化しても株式投資はおすすめ! 長期投資スタイルで取引しよう


不景気が長引いていますが、これから投資を始めるとしたら、FX、不動産投資、先物取引、株式投資など、どれがいちばん安全性が高くておすすめでしょうか。これから投資を始めるのに不動産投資をする場合は、アパートやマンションなどの物件を購入する必要がありますので、まとまった資金が必要となります。

投資経験がない人は、先物取引から入るのはあまりおすすめではありません。FXは、海外の異なる二国間の通貨ペアで取引をしますが、円高ドル安など米ドルと日本円との関係や外国為替相場の動向、海外の経済や政治の状況などを見極める必要があります。現在、FX投資をしている人は、それ以前には株式投資を経験している人もたくさんいます。

FXは、海外の通貨による取引ですから、日本国内の経済の状況が取引に影響することはほとんどありませんが、長期投資よりもデイトレードなど短期投資スタイルで取引をするのが一般的です。これから長期投資スタイルで投資を始めたいのであれば、株式投資をおすすめします。

不景気が長期化していても、これまでの流れからみると、好景気と不景気が口語に繰り返されると言われているので、景気が後退して不況になっても、いずれはまた回復の兆しが見えてくるというものです。

そもそも「景気が良い」「景気が悪い」とは、どのようなことを指しているのでしょうか。「景気」という言葉は、簡単に一言で言えば「世の中のお金周り」のことを指しており、「景気が良い」「好景気」とは、「世の中のお金がよく周っている」「金周りが良い」ということです。不景気は、「世の中の金周りが良くない」ということになります。金回りが良くないとは、世の中の人たちがお金を使わなくなり、商品を購入したり、お金を払ってサービスを利用する機会が少なくなるため、各企業の売上が下がり、経営状態が悪化して、その企業の社員の給与やボーナスにまで影響することもあります。このような状態がどの企業でも長く続くようであれば、不景気となります。

不景気だと、日経平均株価が下落して、株式投資を始めるタイミングとしては、あまり良くないのでは?と思うかもしれませんね。確かに、株価が値下がりする傾向にあるとは思いますが、必ずしもそうとは断定できません。株式投資の経験者は、「不景気の今だからこそ、株式投資をスタートする良い機会」だと前向きに捉えている人もいます。

好景気の時は、株価が高くなる傾向にありますが、不景気で株価が下落することによって、これから株式を買う人にとっては、当然のことですが株式が安価で購入できるというメリットがありますので、投資金が少額で済むということになります。

不景気が長引いているからといっても、どの企業もすべて利益よりも損失が大きいとも限りません。じっくりと探してみれば、優良な株はたくさんあると思います。不景気がこんなにも長く続いていることで禍(わざわい)だとしても、「禍転じて福となす」ということわざがあるように、好転の兆しが見える可能性もあります。

これから株式投資を始めるなら、まずは証券会社で口座開設して、株式投資セミナーに足を運んでみてはいかがでしょうか。セミナーや講座は、無料で受講できるものもたくさんありますので、まずは株式投資の基礎からしっかり学んでおきたいですね。

不景気のうちに株式を安く買って、これから景気が上向きになり、好景気になれば、その時が株式を売却する良いタイミングが訪れることと思います。株価が安い時期もあれば、必ず高くなる時期もあるわけです。長期投資スタイルで、株式を長期間保有しておいて、良いタイミングをしっかりと見極めて取引することが肝心ですね。