プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

これから株式投資を始めるならNISAについて知っておこう


これから新しく株式投資を始めるなら、NISAについて、ぜひ理解を深めておきたいですね。テレビCMで、NISAという言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、そもそもNISAとは「少額投資非課税制度」のことを指し、イギリスでは「Individual Savings Account」と呼ばれる個人貯蓄口座が普及していることから、これに日本の「Nippon」の「N」の文字をつけて「NISA」(ニーサ)と呼ばれるようになりました。

テレビでNISAのCMを見て、「NISAって新しい投資法なの?」と思っている人も少なくないようですね。この制度は2014年1月から始まった制度で、年間に100万円までの投資によって生じた配当や譲渡益について、5年間に渡り非課税となるという仕組みになっています。

「株式投資で節税対策するにはどうしたらいいの?」という方、NISAについて知らないでおくと損してしまうかもしれませんね。これまで、証券会社の一般または特定口座に口座開設して、株式投資で得られた譲渡益や配当については、合わせて20%課税されていましたが、NISA口座を開設した場合に、0%になるというのがNISAの最大のメリットです。

さらに、2015年以降は、NISA口座の金融機関について、毎年変更することもできるようになりました。たとえば、現在銀行でNISA口座をお持ちなら、これを証券会社に変更もできるというわけです。そして、まだ確定ではありませんが、今後は非課税枠が100万円から120万円に増額されるという見方もあり、2016年からスタートされる見込みのようです。今後は、子供版NISAが新設されるという見方もあり、19歳以下の人を対象としたものです。

ここまで話を聞くと、「NISAって本当に知らないでいると損しそう、NISA口座を持っていないと、譲渡益と配当について課税が20%のままになってしまう!このような非課税制度があったなんて!」と、株式投資をしている人なら誰もがそう思うことでしょう。そして、株式投資だけではなくて、投資信託で得られた配当金や運用益にも、NISA口座を持っておくことで、非課税になります。

もし、これから初めて投資をするのに、株式投資にするかFXにするか迷っている方も、NISAの仕組みが理解できれば、やっぱり株式投資のほうがいい!と思うかもしれませんね。基本的に口座開設数は、ひとりにつき1口座と決められており、非課税機関は投資をした年から最長で5年間、そして投資が可能な期間は2014年~2023年までとなっています。NISAには、うれしいメリットがいっぱい!と思うかもしれませんが、デメリットについてもきちんと押さえておきたいですね。

NISAを導入するには、銀行や証券会社などの金融機関において、NISA口座を作る必要があります。株式投資をしている人が確定申告を行う際に、3年間の損失繰り越しや損益通算ができることはご存知だと思いますが、NISA口座を開設することによって、この口座で保有する株式の銘柄については、3年間の損失繰り越しや損益通算ができなくなるので注意が必要です。ですから、株式投資で利益が得られれば良いですが、損失を出した場合に、実損が出たにも関わらず、課税される可能性もあるわけです。「NISA=非課税」というイメージら捉われてしまい、課税されないと思い込んでしまってはいけません。

さきほど、NISA口座を持っておくことで、配当金について課税されないと書きましたが、この配当金の受け取り方法を株式数比例分方式を選択していない場合は、20%ほどの税金が課税されるので、ここは入念にチェックしておかなければなりません。

NISAについて、メリットだけではなく、デメリットがあるということ、まずはNISAの仕組みを正しく理解しておくことが肝心ですね。今後はNISA制度が少しずつ改正される見込みですから、新しい情報をしっかりとキャッチして、今後の株式ライフをより充実させましょう。