プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

FX投資の魅力とは?サラリーマンやOL、主婦に話を聞いてみた


株式投資や先物取引、不動産投資などさまざまな投資法がありますが、その中でもFXはサラリーマンやOL、主婦層にまで根強い人気があります。「FX投資の魅力は、どんなところにあるのでしょうか。」とサラリーマンやOL、主婦などの個人投資家に話を伺うと、人それぞれいろんな答えが返ってきます。

「FXの魅力と言えば、レバレッジのかけ方次第で、大きな利益が期待されることもあれば、無理のない取引が出来るのが魅力。」と答える人もいれば、「FXの初心者から経験者まで、さまざまな取引スタイルや注文方法が選べるのもFXならではの魅力ですよね。」

「少ない投資金で、大きな取引ができること。そして、円高、円安でも利益が期待されるのがFXの魅力だと思います。」「私は主婦ですが、FXは24時間いつでも取引が出来て、証券会社などに出向いて行かなくても、自宅でいつでも開いた時間に出来るのが魅力だと思う。」といった声が寄せられていますね。

FXは投資なので、取引するタイミングや運が良ければ利益がもたれされることもあります。反対に、損失を出すリスクもあるので、投資家の資金が安全に守られるように配慮しなければなりませんね。

FX投資に慣れてきて、スムーズに取引ができるようになったのに、急にFX会社が破綻してしまったら、大変です。万が一の事態に備えて、投資家の資金の安全を守るために、完全信託保全制度が導入されているのをご存知でしょうか。

完全信託保全制度とは、FX会社が信託銀行と提携して、顧客の資産とFX会社の資産を分別して、第三者となる信託銀行がこれを保管するという制度のことを言います。これは、個人投資家がFX会社で口座開設の契約を結ぶ際に、さらに信託銀行での契約が必要になるのではなく、FX会社で口座開設の手続きをした時から、信託銀行との契約が成り立っているものです。

信託保全制度は、2010年よりどのFX会社でもこれが義務づけられることになりましたが、その背景には、これまでにあるFX会社では投資家から預かった資金が適正に管理されなかったことから、業務停止命令を受けた後に破産したトラブル事例があるからです。

完全信託保全制度のおもな目的は、投資家の資金である証拠金の安全が保証されることにあります。FXは外国為替証拠金取引なので、いざという時にも万全な対応ができていないFX会社だと大変ですよね。

話が少しそれましたが、スワップポイントによる金利差益で利益が期待されるのも、FXならではの魅力ですよね。スポップポイントとは、保有しているポジションについて決済をしないで買い待ち、まちは売り待ちの状態を継続していると、1日ごとに金利か発生する仕組みになっています。この金利こそがスワップポイント、またはスワップ金利とも言い、ポジションがロールオーバーされることによって、1日分の金利差として発生するのが、スワップポイントですよね。

FXの中級者から上級者でないと、スワップポイントが期待されないのかというと、けっしてそんなことはありません。むしろ、FX投資の初心者こそ、スワップポイントによる利益を狙えるチャンスがあると言って良いでしょう。

FX投資の中級者~上級者は、とくに高金利通貨で取引をするパターンが多く、オーストラリアドル(豪ドル)と日本円、ニュージーランドドルと日本円、または南アフリカランドと日本円といった通貨ペアで取引してスワップポイントによる利益を得ているようです。
ただし、FX初心者はまずは円高・ドル安の仕組みや各通貨ペアの特徴やメリット、デメリットを把握した上で、無理のない取引を始めることです。
もちろん、初心者向けの米ドルと日本円、ユーロと日本円の通貨ペアでの取引でも、スワップポイントが期待されることは言うまでもありません。