プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

空いた時間にできる主婦に人気の在宅ワークを上手に探す方法


毎日、子育てや家事をしているだけではただ時間が過ぎていくばかりで、子どもで寝ている時や保育園に行っている間など、空いた時間になにか在宅でできる仕事があればと思い、在宅ワークをしている主婦も増えているようですね。

在宅ワークとは、その間の通り、自宅で空いた時間を活用してする仕事のことを言い、パソコンを使った仕事のことを在宅ワークと呼ぶこともあります。もちろん、パソコンを使う以外にも、在宅でできる仕事にはいろいろあります。

パソコンを使った在宅ワークの種類には、文章入力・作成をするライティングや、エクセルやアクセスなどのデータ入力やデータベース作成、グラフ作成などの仕事があります。
この他には、FLASHやイラストレーター、フォトショップ、ファイヤーワークスなどのグラフィック系のソフトを使った画像作成や画像加工、ホームページ作成などいろいろあります。とくに、このようなソフトやパソコンの技能がなくても、アンケート回答やモニターなどの在宅ワークで収入を得ることもできます。

このようにパソコンを使う在宅ワークでもっとも気になるのが、単価ですよね。業者さんによっては時給いくらで換算しているところもありますが、1件ごとの単価が決められている場合もあります。在宅ワークに慣れないうちは、最初から高収入が期待されるわけではありませんが、仕事に慣れてくると業者さんからコンスタントに仕事が来るようになるので、良い仕事ができればお互いに良い信頼関係を築くことができます。

在宅ワークは、空いた時間を有効活用できるという点では魅力的ですが、仕事をしていてわからないことがあれば、周りに尋ねる人がいないこともあり、あとは業者さんとコミュニケーションを密にして信頼関係を作ることですね。

在宅ワークを探すには、求人雑誌や新聞広告を見てもほとんど掲載されていないので、パソコンやスマホのインターネットを活用して、求人サイトやSOHOサイトに会員登録してお仕事探しをするのが一番ですね。

業者さんによっては、基本的に在宅で仕事をするのはOKでも、採用の前に書類選考や面接があり、履歴書や職務経歴書を持参する場合もあるようです。在宅の仕事の内容によっては、メールのみの連絡、またはスカイプやチャットワークでのやりとりが必須になる場合もあるようです。「在宅ワークは、何か月くらい仕事をするとか、期間が決められているの?」という質問をよく受けますが、仕事の内容によっては単発で仕事を請けることもあります。

クライアントとの信頼関係ができるようになれば、定期的に仕事が来ることもあります。パソコンのソフトがまったく使えない人や、パソコン初心者である程度文字入力が出来る人は、最初はお小遣い系の在宅ワークや、リサーチ系の在宅ワークから始めてはいかがでしょうか。

お小遣い系の在宅ワークは、広告をクリックするたびにポイントが貯まり、溜まったポイントを換金するといった感じですね。リサーチ系の在宅ワークは、ある商品やサービスを試して、その感想を書いたり、アンケートに答える仕事です。アンケートに答えることで、お金にはならなくても、商品がプレゼントされることもあります。

たとえば、シャンプーの新製品のモニターアンケートに答えると、その商品がもらえるといった仕組みですね。新しいシャンプーを使った感想などを詳しく書いて、商品を販売する企業に送ることで、使い心地や改善してほしい点などが把握できるので、企業にとっては今後の製品開発にも大いに役立つわけです。このように、在宅ワークにはいろんな種類があるので、無理なくできそうなものを選んで始めてはいかがでしょうか。