プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

パソコンが得意な人はホームページを制作する仕事で在宅ワーク


在宅ワークにはいろんな種類がありますが、自宅で収入を増やすことを考えているなら、パソコンを使った仕事がおすすめですね。パソコンを使った仕事には、アンケートに答える仕事やポイントを稼ぐ仕事などもありますが、とくにパソコンの専門的な技術が必要ではなく、メールを受信してウエブサイトにアクセスしてクリックするといった単純作業なので、それほど高い収入を得ることは期待できないようです。あくまでもお小遣い稼ぎといった感覚で、このような仕事をしたいと思えば、それはそれで良いと思います。

しかし、家で仕事をしてもっともっと収入を着実に増やしたい!と思えば、やっぱりある程度は専門的な知識や技術を身につけておくと良いですね。もちろん、なにか新しいことを覚えようと思えば、いろいろと勉強することも多いので、本を買ったり、スクールに通ったりして、初期費用はある程度必要だとは思います。

でも、長く続けられる仕事をしたい、在宅で着実に稼ぎたいと思ったら、初期費用をかけることはあっても、元を取り戻すことはできると思います。というよりも、初期費用をかけて勉強するのだから、絶対に元をとり、稼いでやるぞ~!というくらいの気合いが必要ですよね。そういった意味では、自分に投資をすることという認識を持ったほうが良いかもしれませんね。

在宅でホームページを制作する仕事は、在宅ワークというよりは、立派なフリーのウエブデザイナーですよね。もちろん、この仕事を始めるまでには、いろいろな苦労があるとは思いますが、細かいことが好きな人や根気強い人、ウエブの仕組みがどのようになっているか、好奇心が旺盛な人には、この仕事が向いていると思います。

ところで、ホームページを制作する仕事と一言で言っても、その中でもいくつかの分野に分かれていることを知ってますか? WEB制作会社では、WEBデザイナーがひとりですべての仕事をこなしているのではなく、ホームページの制作を希望しているクライアントと、まずは打ち合わせをして、サイト制作の目的やどのようなサイトにしたいか、丁寧に日綾リングをします。

その後、ウエブサイト全体の構築を行い、全体のページ数や構成、色彩やデザインなどを決めるといった感じですね。トップページ、またはページの一部を制作したら、1度クライアントに見せて、問題がなければそのまま作業を進めて、全体を制作して、修正箇所があれば修正をして、サーバーアップといった流れで作業をします。

ウエブサイトによっては、メールフォームなどシステムが導入されているものもありますので、サーバーアップした後にテストを行う必要もあります。ホームページの種類によっては、先にドメイン取得の手続きを行う場合もあります。

ところで、気になるのが「ホームページの制作って、どのくらいの報酬になるの?」ということですよね。WEB制作会社に注文すると、価格が高いところもありますが、とくに相場がないので、制作会社が独自に決めています。では、在宅で個人的にホームページ制作を請け負う場合は、どのように決めたら良いでしょうか。

個人でホームページを制作する場合についても、制作費用は独自に決められます。ただし、あまりにも高い金額だと、クライアントからそっぽを向かれてしまうこともあります。ホームページを制作するのに、全体のページ数、制作にあたり使用した技術、画像を作成した枚数、制作にかかった時間などを考えて、もっともふさわしいと思われる金額を提示すると良いですね。

そして、ホームページを制作するにあたり、制作用のソフトやツールなどを準備する必要があります。仕事を始めるまでに初期費用はかかるとは思いますが、とてもやりがいのある仕事ですから、やる気があれば長く続けられると思います。