プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

主婦に人気の懸賞で在宅ワーク! 当選する秘訣はあるの?


雑誌などを見ていると、必ず懸賞のページが掲載されていて、パソコンや大型テレビ、家電製品などいろんな商品が当たるチャンスがあります。しかし、毎日毎日新聞や雑誌などに目を通してもいられないし、掲載される懸賞の数には限りがあります。

懸賞に応募して当選したいと思うのなら、パソコンやスマホのインターネットを活用してはいかがでしょうか。大手企業との提携により、数多くの懸賞が掲載されたサイトがたくさんありますので、まずは会員登録の手続きをしておくと良いでしょう。懸賞サイトに登録するのに、とくに入会費用や利用料などは無料ですから、このようなサービスをおおいに活用して、懸賞に当選するチャンスをぜひ掴んでおきたいですね。

懸賞の応募方法はネット上から応募するものもあれば、ハガキで応募するものもありますが、懸賞に頻繁に当選する人もいれば、これまで何度応募しても1度も当選したことがない人もいます。応募する内容にもよりますが、懸賞に当選するにはちょっとしたコツがあるようですね。

懸賞に当選するコツを掴んでしまえば、当選確率をよりアップさせることができるので、そう考えると主婦にとっては懸賞は在宅ワークであり、ちょっとしたお小遣い稼ぎの手段となるわけです。

当選したいと思い、健勝ならどんなものでもむやみに応募すれば良いというものではありません。とくにハガキで応募する場合、郵送料が52円から62円に値上がりしたので、10枚応募葉書を出せば620円の支出になります。

懸賞当選を狙って応募ハガキをたくさん出せば出すほどコスト高になるので、あまりたく゛るさん出してしまうとかえってマイナスになってしまいます。そこで、まずは当選者数が多いものから手軽に応募してはいかがでしょうか。

たとえば、ある企業で懸賞の応募を受付していて、A賞の当選者が10名、B賞が50名、C賞が1000名なら、この中でもっとも当選確率の高いC賞に応募するといった感じですね。懸賞の情報は雑誌や新聞などにも掲載されていますが、この他に懸賞専門の雑誌やパズル専門の雑誌にも懸賞がたくさんあります。

しかし、懸賞に関する情報をゲットするのにその都度雑誌を購入していたのでは、ハガキ代がかさむ上に雑誌を買うお金もたくさんかかってしまいます。その点、懸賞サイトに登録しておけば、ネット上から風時間いつでも応募できるので、雑誌やハガキなどを買う必要もなく、懸賞にかかるコストはゼロです。懸賞の当選を狙うなら、極力余分なコストを省くこと、そして当選確率が高い懸賞に応募すると良いですね。

懸賞当選のチャンスは、意外に身近なところにあります。近所のスーパーやコンビニなどで期間限定のキャンペーンが実施されているので、買い物のついでに懸賞の情報をゲットしましょう。スーパーでは、期間限定で5000円文のレシートを集めて応募して商品が当たるキャンペーンや、コンビニでは専用の電子マネーの支払いでポイントが付与されるキャンペーンなども不定期で実施されているので、お得な情報を見逃さず、常にアンテナを張っておくと良いですね。

検証に当選する人、外れる人の違い、それはちょっとした気配りにあるようです。そもそも企業が懸賞を行う理由、それは消費者が賞品やサービスについてどのように考えているのか、良い所や今後改善してほしい点などを知ること、そして企業が提供する商品やサービスについてひとりでも多くの人に知ってもらいたいからです。

懸賞に応募する時に、ふだん使っている商品やサービスについてなにか一言感想やメッセージなどを書いておくと良いですね。あまりにも辛口な意見だと読みづらいですが、温かいメッセージを送ると、企業側はとても喜んでくれるので、当選確率のアップにつながります。

ふだんからアンテナを張って情報リサーチするのが面倒な人は、懸賞サイトに登録しておけば、入会時に登録したメールアドレスに不定期に懸賞に関するお知らせが届くので、これを見て欲しい商品があれば気軽に応募してはいかがでしょうか。懸賞は主婦にとって、夢を与えてくれる存在であり、とっておきの在宅ワークなのかもしれませんね。