プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

ピアノ・エレクトーンの先生は主婦やOLの副業に大人気!


主婦やOLに人気の副業と言えば、ピアノやエレクトーンの先生ですね。
ところで、ピアノやエレクトーンを教える仕事を本業にしている人は、近年は少子化の影響で、生徒が減ってきていて、独身の女性がこの仕事だけで生活していくのは、大変そうです。でも、本業を別に持っていて、副業でするには、とてもいい仕事なんですよね。

子供の頃に習っていたピアノやエレクトーン、あの頃は「将来はピアノやエレクトーンの先生になりたい!!」と夢を描いていた少女時代、という女性は多いのではないでしょうか。
ピアノやエレクトーンの先生になるには、音楽教室で指導するには資格が必要になりますが、自宅にあるピアノやエレクトーンで、個人的に音楽教室を開くなら、とくに資格は必要ありません。
まずは、「自宅で音楽教室をしています!」と周囲に思い切りアピールして、生徒募集スタート!ですよね。

それでは、自宅でピアノやエレクトーンを教えるための生徒募集の方法について、考えてみることにしましょう。手っとり早いのは、自宅前に音楽教室の看板を立てておくことですね。通りすがりの人が目にすれば、ここに音楽教室の先生がいることがわかりますね。
でも、マンションやアパートなど、集合住宅に住んでいて、看板が立てられない、そんな人は、パソコンで生徒募集のチラシをワードで作成して、チラシをまいておくことをおすすめします。
ちなみに、これまで私がチラシをまいてきた結果は、500件チラシを配って問い合わせが1件あればいいほう・・・といった感じで、少子化問題が年々深刻になっているな、と思いました。

チラシを作成するには、パソコンとチラシの印刷代としてインク、紙の費用が発生しますよね。ところが、チラシを配るにも限界があるので、いろいろ考えた結果、音楽教室のホームページを作成することにしました。

ホームページの必要経費は、レンタルサーバーの費用程度ですむので、あとはSEO対策で上位検索に上がるように考えて、検索されやすいキーワードを入れて作成すれば、1ページ目のトップのほうに上がってくるように工夫すればOK!

ホームページを作成すれば生徒募集につながるのではなくて、上位検索にヒットするように工夫して作ることが肝心なんですよね。
平日は夕方5時まで他に仕事をしていて、夕方以降には自宅で教えたり、生徒の自宅で出張レッスンをしたり、昼間と夜と別の顔を持って、副業でピアノとエレクトーンを教えるっていうのも素敵ですよね。もちろん、結婚して主婦になってからも十分できる仕事で、子どもたちに指導する喜びが感じられて、やりがいがあります。