プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

不動産投資と言えば、サラリーマンにも人気の高い投資法であり、副業感覚でこれをしている人もたくさんいます。そして、今、次世代の投資として注目されているのが、不動産投資信託ですね。まだまだなじみが薄いようですが、この言葉を目に耳にしたことがない方でも、REIT (リート) という言葉はご存知かもしれませんね。

FXや株式投資、先物取引やバイナリーオプションなど、さまざまな投資法がある中で、REITが最初に日本国内に登場したのは2001年頃と言われています。正確には、「Real Estate Investment Trust」という言葉を省略して頭文字をとった言葉で、REIT、またはREIT投資といった呼び方が一般的ですね。

REITについては、まだあまりご存知ない方のほうが多いと思うので、不動産投資と比較しながら詳しくご紹介していきたいと思います。不動産投資は、マンションやアパートを購入して経営者・管理者となり、入居者から家賃収入を受け取ることで利益が得られます。また、購入した不動産を高い価格で売却することによって、売却益を得ることもできます。
不動産投資は、簡単に言えばアパートやマンションなどの不動産物件そのものに投資をすることであり、REITは、企業に投資信託を通じて投資を行うものであり、不動産に直接的に投資をするものではないという違いがあります。

投資信託はちょっとわかりづらいところもあるかもしれませんが、投資家から集めた資金について、アパートやマンション、オフィスビルなどの不動産で運用して、家賃などの賃料で得られる収入を投資家に分配するといった仕組みになっています。実は、REITらはおもに2種類に分類されていますが、もともとはアメリカが発祥地で、1960年代からスタートしました。

日本国内でスタートしたのが2001年ですからFXよりも歴史が浅く、一部の投資家にしか浸透していないのが現状です。不動産投資よりも仕組みが難しい、投資信託になじみが薄くてなんだかとっつきにくいといった先入観があるのかもしれませんね。しかし、これまで投資信託について経験がある方なら、REITの仕組みをスピーディーに理解できるかもしれません。
REITには、契約型の投資信託と会社型の投資法人の2種類が存在していると言われていますが、契約型の投資信託とは、一般の投資信託とほぼ同じ仕組みだと考えて良いでしょう。わかりやすく言えば、証券取引所で上場されていないタイプのものがこれに相当します。

そして、会社型の投資法人は、上場REITと呼ばれることもあり、証券取引所において常時用されているタイプのもの、つまり証券取引所で売買取引ができるということです。一般的にREITと言えば、おもにこのタイプのものを指しています。

不動産投資では、不動産物件を提供する不動産会社との直接的な取引になりますが、REITに関しては、直接的に不動産会社との関係がなく、アパートやマンションなどの不動産物件を選ぶ必要もまったくありません。もちろん、入居者との関わりやメンテナンスなどについて、管理を行う必要もまったくありません。不動産投資信託(REIT)と、不動産投資は言葉はよく似ていても、下に「信託」という言葉がつくだけで、まったくその仕組みや意味も異なるものです。

気になるのは、日本国内のREITの市場はどのような感じになっているのか、ということですよね。これについては、REIT専門のウエブサイトも多数ありますので、マーケット概況について、平均分配金利回りや東証REIT指数、REIT時期総額合計、東証REIT住宅指数などの情報が表示されているので、常に旬の情報をキャッチしておくと良いでしょう。難しい専門用語がたくさん出ていて、わかりづらいかもしれませんが、ご興味ある方は、R初心者向けのREITセミナーに行ってみてはいかがでしょうか。

株式投資やFXは、投資金が少なくてもお手軽に始められ、少ない投資で大きな取引ができるのが魅力ですよね。しかし、不動産投資を始めるとなると、アパートやマンションなどの物件を購入するために、まとまった資金が必要になるので、年収や貯金が少ないサラリーマンには不向きなのでは?という先入観をお持ちなのではないでしょうか。

それでは、結論から言うと、「不動産投資をスタートするのに、年収や貯金が少ないという理由でできない」ということは、あまり気にしなくても良いということです。年収が400万円~500万円のサラリーマンの方でも、本気でやりたい!と思ったら年収の5~10倍ぐらいの金額を金融機関で融資してもらう方法もあります。

もちろん、金融機関でお金を借りるには審査がありますので、審査基準を満たしておくことは言うまでもありません。不動産投資に関する計画を綿密に立てて、生活の支障のない範囲での投資を心がけておけば、サラリーマンの方にも十分かにできることです。

とはいっても、やはり経験がない方にとっては、やはりなにかと不安がつきまとうものです。不動産投資専門の業者では、初心者向けのセミナーや講座を開講しているところもありますので、積極的に足を運んでみたり、インターネット上で動画セミナーなどがあれば、閲覧してはいかがでしょうか。

まずは、不動産投資の仕組みを知り、メリットやデメリットもあることを理解しておくことです。そして、投資金をどれぐらいにするか決めておいて、どの程度の物件なら購入できるのかイメージしておくと良いでしょう。無理してまで大規模な物件を購入する必要はなく、4階建てのアパートでも十分だと思います。不動産投資専門の業者では、新築物件から中古のアパート・マンションまで幅広く取り扱っているので、物件の規模の大小はさておき、立地条件の良さ、入居者にとっての住みやすさ、居心地の良さなどを重視して、良い物件を選ぶことです。

投資金が少ないのに、あまりにも大規模な物件を購入すると、後々になってメンテナンス費用などがかかり、管理するのが大変になることもありますので、慎重に判断しましょう。
不動産を購入してからは、まず入居者を募集するのがファーストステップになりますので、ここがいちばん肝心なところです。4階建て12室程度の小規模なアパートでも、入居者が満員になれば、月々の家賃収入が得られるわけですから、そのお金で金融機関に月々のローンを返済することができます。もちろん、家賃収入を得ることができても、なにかと経費がかさみますが、これらを差し引いたお金をストックして資金にすることで、メンテナンスや修繕が必要になったときにも、これらのお金に充てることができます。

サラリーマンの副業として不動産投資をする人が増えていますが、平日は朝から晩まで仕事をしていても、とくにこの投資について時間を取られることもないので、業務にはまったく支障が出ないという点では、メリットが大きいと思います。不景気が長引いているので、平日は普通に仕事をして、土・日など休日に副業をしているサラリーマンも増えていて、仕事の内容によると思いますが、スケジュールがハードになり、思うように休養がとれなくなることもあります。その点、不動産投資だと、入居者がいる限りは、家賃収入が途絶えることもないので安心感が得られることと思います。

「不動産投資はいつ頃から始めるのが良いでしょうか?」という質問をよく受けることがありますが、とくに良い時期がいつ頃という決まりはありません。ある程度の資金が確保できて、投資家となる人にとって、良いと思われるタイミングを見極めてスタートするのがベストだと思います。

これまで株式投資やFX投資を経験済みの方でも、不動産投資は特徴にさまざまな違いがありますので、投資の経験年数が長いからと、たかをくくっていてはいけません。まずは、不動産投資に関するしっかりとした基礎知識を身につけておきたいですね。

株式投資はその名の通り、株式に関する投資であり、FXは海外の通貨で取引を行うものです。そして、不動産投資は、アパートやマンションなどの集合住宅物件に関する投資ですから、投資するための資金を十分に確保しておく必要があります。

まず最初に、不動産投資のメリットをあげておくと、アパートやマンションの経営者となることによって、入居者が多ければ多いほど、毎月家賃収入が得られるということです。とくに、そのために自分が動く必要もなく、入居者が退去しない限りは、安定した収入が得られるので、メリットは大きいと言えるでしょう。このように、集合住宅の経営者となることによって、確定申告では不動産を減価償却するため、経費としては減価償却費が計上されます。そのため、収入に対して、大きな経費が上がることで、節税対策にもなります。

もちろん、不動産投資によるデメリットも十分に理解しておかなければなりません。まずは、アパートやマンションなどの物件を購入する必要がありますので、物件選びは慎重に行うことです。信頼できる不動産店を探すこと、そして立地条件の良い物件を見つけることが、成功させる秘訣であり、基本です。

投資のための資金は十分に確保していて、物件を購入したのに、メンテナンスをしても入居者が思うように集まらず、空室が多くて時間が経過してもこのままの滋養対が続くようでは、失敗に終わってしまいます。不動産投資は、立地条件や建物の質が高い物件を選ぶことが肝心です。

不動産投資に成功する秘訣について考える前に、まずは失敗する理由や原因について考えてみると良いでしょう。投資を始める前から、あまりマイナス思考になるのはよくないかもしれませんが、やはり初期費用がかかることですから、このぐらい慎重に構えておいたほうが良いようです。

不動産投資をしている人が成らずしも成功するとは限らず、残念ながら失敗する人もいるようです。その原因として、物件を購入する際に、利回りの高さに魅力を感じて中古物件を購入したものの、思うように入居者を確保できずに、空室が増えてしまう、入居時・退去時に室内のリフォームをするための費用や、メンテナンス費用が発生して、収入よりも支出のほうが負担が大きくなってしまう、本来なら家賃を値上げしたいところだが、値上げすることによって、入居者が少なくなることを考えてそのまま据え置きにしたところ、収益が下がってしまうなど、さまざまなリスクをともなうことがあります。

株式投資やFX投資で成功して、「その次は不動産投資だ!」と意気込んではみても、これらの投資と大きく特徴が異なる点として、無理のない投資をしているならローリスクローリターンですが、不動産投資においてはローリスク、そしてロングリターンということで、長い目で見て収益を上げるといった心構えが必要になってきます。ですから、スタートしてから1、2年程度で結果を判断するのではなく、良くないと思ったことは改善して、少しずつ良い結果を期待できるように地道な努力が必要ですね。

空室が増えると、収益が下がってしまい、資金不足になるとリフォームやメンテナンスに費用をかけられなくなり、資産価値が下がることもあります。しかし、満室になれば収益が増えて、メンテナンスも行き届くようになり、管理体制が行き届いているということで高く評価され、資産価値が高くなることもありますので、取り組み方次第で、不動産投資は成功させる可能性を十分に秘めている!と、前向きに考えてはいかがでしょうか。

これまで株式投資やFX、先物取引など投資をした経験がある人なら、少しでも多くの利益を得ようと一生懸命になるあまりに、損失を出したこともあるのではないでしょうか。どんな投資であれ、元本保証がないので自分でしっかりとしたリスク管理をしなければいけませんね。

どのような金融商品にも「これをすれば絶対に利益が得られる」という保証はなく、投資で成功するか失敗するかについては、その時の運もあるとは思いますが、なによりもリスク管理を万全にしておくことが重要ポイントになってきます。

今回は、投資によるリスクを抑えるために分散投資について考えてみたいと思います。そもそも分散投資とは、どんなことを指しているのでしょうか。分散投資とは英語で「diversification」と言い、投資に関するリスクヘッジのひとつとされています。リスクヘッジとは、もともとドイツでは保険用語として使われてきた言葉で、投資を行う上で起こりうるリスクの程度をある程度予想して、万が一、リスクが発生した場合にも対応ができるような体制を整えることです。

ここでは、先物取引や株式投資、FXに関するリスク分散についてご紹介していきたいと思います。一言で分散投資とはいっても、さまざまな角度からまずはアプローチしてみることが大切ですね。多くの人が分散投資と言えば、投資の対象を分散させることを思いつくようです。たとえば株式投資なら、上場企業の株式を1社に集中して投資するよりも、2~3社に分散して投資をすることによって、万が一、投資の対象となる企業が経営破たんした場合、もしくは株価が大幅に下落した場合のリスクに備えることができます。

FX投資なら、通貨ペアを1種類に絞らずに、値動きの動向が異なるタイプの通貨ペアを2~3種類選んで投資をすることによって、投資によるリスクを抑えることができます。とくに、FXの場合は、レバレッジを高く設定して取引することによって、ハイリターンが期待される反面、ハイリスクをともなうので、レバレッジは低めに抑えることでリスクを軽減することができます。

先物取引は、FXと同様に少額資金で投資が始められることはもちろん、商品の売りと買いのどちらからでも取引ができるのが魅力ですね。リスク分散させるためには、資産の運用先を分散させることです。先物取引は、「商品先物取引」と呼ばれているように、石油や金属、穀物などの商品で取引をする投資ですから、リスクを分散させるにはできるだけ相関性の低い銘柄の商品に分散して投資を行うのが重要ポイントになります。

これまで株式投資やFX、先物取引で失敗した経験がある人も、今度こそは絶対に成功したい!と思ったら、無理な投資を行うことよりも分散投資を行うことによって、リスクを上手に管理できるようになれるので、まずはポイントをしっかりと押さえておくことです。

それぞれの投資法には、さまざまな魅力が感じられる反面、取引のメリットやデメリットをきちんと理解しておくことが必要ですね。一昔前のように、投資はお金持ちの中高年の男性がするものといったイメージは払拭され、今はパソコンやスマホのインターネットで
オンライン取引ができるようになり、証券会社の窓口に営業時間中に出向いて行く必要もなくなり、時間を問わず空いた時間にいつでも投資ができるようになりました。
どの取引も少額資金でスタートできるので、サラリーマンや主婦、OLなど年代が若い人にも、資産形成・資産運用の手段としてお手軽に始められるようになり、日本国内の投資人口は以前よりもかなり増えてきましたね。だからこそ、リスク管理をしっかりと行い、分散投資をすることで投資家の安全が守られるということを忘れずに。

商品先物取引を始めるには、まずは取引するための口座を開設する必要があります。口座を開設するには、証券会社など先物取引が扱われている業者で申し込みをしますが、とくに証券会社の窓口に出向いて行かなくても、インターネット上からの手続きも可能です。

口座開設の手続きが完了したら、いよいよ本格的に取引のスタートですね。そこで、まずはどの銘柄を選ぶのかが重要ポイントになってきます。とくに初心者におすすめなのが、貴金属の中でももっとも流通量が高いとされる金です。貴金属の中でももっとも資産価値が高くて、日本国内ではもちろんのこと、世界中でも金の価値が高くて、24時間いつでも取引されているということでは、やはり金にかなう銘柄は他にないですよね。

そして、金はもっとも歴史が古く、今から6000年以上も前に発見され、その頃からお金として用いられてきたという歴史があります。金そのものにも高い資産価値がありますが、溶けやすい性質を持つことから、宝飾品や工業用に用いられることもあり、時代の流れに左右されることなく、常に幅広いニーズがあります。

商品先物取引では、実際に現物を手にすることがなく、商品の売りと買い、どちらからでも取引ができます。銘柄として金を選び、取引をスタートしても、実際に金の商品を見て触れることができないのは少し残念な気もしますが、やはり初心者には流通量・流動性・資産価値が高い金は選んでおいてまず間違いないでしょう。

実は、金には2種類の取引タイプがあり、1000g単位の取引と、もうひとつには100g単位の取引が可能です。とくに初心者は、できるだけ少額資金での取引を行うように心がけておきたいので、100g単位の「金ミニ」を選択することをおすすめします。

初心者のうちは、まずは商品先物取引の流れをつかみ、無理のない取引を行うことです。取引する金額が少ない分、証拠金も少なくてすむし、大きな利益を最初から期待するよりは、取引する方法についてじっくりと学んでおくことです。

商品取引所では、もちろん金以外にもとうもろこしや大豆、ガソリンなど取り扱われている商品の種類は豊富にありますが、商品によっては値動きが非常に激しいものもありますので、初心者には適していません。金以外で人気の高い商品には、コーヒーや大豆、とうもろこしなどがあります。とくに値動きが激しいのがガソリンです。車に乗っている人でなくても、近所のガソリンスタンドを通りがかるとガソリンの価格が提示されていますね。それを見れば、「この間までもう少し安かったのに」ということもあり、1リットルあたりの価格がほんの数日の間に5~10円前後も値上がりすることもあります。その点、金の流通量が高いことから値動き幅が少なく、とても安定しているので初心者向きですね。

商品先物取引では、「証拠金」を業者に預け入れる必要がありますが、この証拠金にはいくつかの種類があることをご存知でしょうか。一般的に、証拠金とは新規で口座開設をして取引を行う際に必要とされる証拠金のことを指していますが、厳密にはこれを取引本証拠金と呼びます。これ以外の証拠金には、取引追証拠金、取引定時増証拠金、取引臨時増証拠金などがあります。取引臨時増証拠金とは、商品の相場の変動が著しく激しい時など、臨時に必要とされる証拠金のことを言います。

取引定時増証拠金とは、最終取引日が近づいていて、ある一定の期間を迎えるにあたり、必要とされる証拠金のことを指します。
そして、取引追証拠金とは、新規に取引して損失が出た場合に、証拠金(取引本証拠金)の半額を超えた場合に、必要とされる証拠金のことを指しています。このように、一言で証拠金と言っても4種類のものがあり、新規取引前の取引本証拠金以外の証拠金は、取引の状況に応じて、預け入れる必要が出てきます。