プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

不動産投資は、定期的に家賃収入が得られるなど、多くのメリットが得られる反面、デメリットをともなうことも理解しておかなければなりません。そして、投資によるリスクを回避する対策をしっかり立てておく必要があります。

「まとまったお金があるので、不動産投資を始めようと思うけど、やっぱりこのまま銀行の定期預金として、預けたままのほうが無難で良いかも」と迷っている人もいるようです。しかし、近年はどの銀行にお金を預け入れても金利が低く、さらにこれから先はもっと金利が下がるものと見込まれています。

不動産投資は、投資である以上、元本保証がないとは言っても、土地や建物という資産を持つことによって、今以上に現金を増やせる可能性が十分にあります。アパートやマンションの経営者となれば、月々の賃貸料や入居時の敷金や礼金などのお金が家賃収入として入ってきます。

不動産投資で失敗しないためには、どのようなリスクがあるのかについても、もちろん知っておく必要があります。そのひとつとして、入居者を募集しても空室になる可能性があるということです。立地条件によっては、入居者がなかなか思うように集まらずに、家賃収入が期待されない場合もあります。仮に入居者募集をして満室になった場合にも、家賃が滞納されるというリスクがあることも考えておかなくてはなりません。

このようなリスクを回避する対策として、物件選びを慎重に行い、立地条件の良い物件を選ぶことです。どのようなタイプの物件であれば入居者が多いのか、反対にどのような物件だと入居者が少ないのか、しっかりと分析しておくことです。不動産会社選びも慎重に行い、宣伝力・営業力が高い会社、信頼性が高い会社を選ぶことが肝心です。

ひと昔前の時代は、入居者が家賃を滞納した場合に、大家さんが直接回収していましたが、アパートやマンションは集合住宅なので、一軒一軒回るのは大変なので、近年は専門の管理会社や連帯保証専門の業者などに業務を委託するのが一般的となりました。万が一、家賃を滞納した場合にも、保証サービスにより、業者が間に立ってくれるので、経営者としては安心感があります。

不動産投資を始める上で最大のリスクとは、土地や物件を購入した後に入居者を募集しても、入居者がなかなか集まりにくいことです。提携する不動産会社が熱心に宣伝活動を続けていても、入居者が集まらない場合は、思い切ってその物件を売りに出すという選択肢もあります。入居者募集して長期間になるにも関わらず、空室のままになっている、メンテナンス費用の負担が高いなど、経営者・管理者になることで、今後は収益の見込がないと判断される場合は、物件自体を売りに出すことで、売却益が得られる可能性があります。

不動産投資には、他の投資にはないリスクの可能性もある反面、売却することによって利益が得られるチャンスもあるわけです。不動産を売却する場合は、良いタイミングを見極めて売却することが肝心です。今、このタイミングで売却するよりも、もう少し時期を待ってから売却したほうが高く売れるかもしれないと思い、タイミングを逃していると、売却額が下がってしまう可能性もあります。そのようなリスクを回避する方法として、任意売却するという選択肢もあります。

どのような投資法にもなんらかのリスクはつきものですから、不動産投資によるリスクを回避するための対策や、お困りの点があれば、信頼性の高い不動産会社など専門家に相談して、早めに良い対策を立てることが肝心です。FXや先物投資とは違い、不動産投資は資産を購入する必要があるので、急に思いついて始めるのではなく、じっくりと時間をかけて資金計画から購入、経営までしっかりとした知識を持っておくこと、そしてリスクを回避させる対策をとっておくことです。

不動産投資は、株式投資や先物取引などの投資にはないメリットが多いということで、注目されていますね。サラリーマンや中高年世代の男性に人気が高く、とくにインフレに強いという点では、メリットが大きいと思います。

インフレとは、物価が上昇する現象のことを指しており、インフレによって不動産の価格や家賃なども上がる可能性があるわけですから、不動産投資をすることによって、アパートやマンションの経営者となれば、家賃収入が得られるので入居者が増えれば当然、収入が増えてきます。

不動産投資は、アパートやマンションなどの現物を購入することから投資がスタートするので、その土地と建物が存在している限り、株式などのように急激に価値が下がるというリスクは少ないようです。

アパートやマンションの経営者として、入居者を募集して管理するにあたり、収入の基本となる賃貸料が下がることはまずないので、入居者がいれば収入が安定して、銀行預金と比較しても、高い利回りが期待されます。

そして、不動産投資を行うことにより、アパートやマンションの経営者・管理者になれるということで、経営の面白さが最大の魅力なのではないでしょうか。もちろん、経営者になるには、しっかりとした基礎知識を持ち、経営のノウハウをしっかりと身につけておく必要がありますが、土地や建物という資産が得られること、定期的に家賃収入が得られることで、生活を豊かにしてくれるので、今後の生活にゆとりが出てくることと思います。

不動産投資は、何もアパートやマンション経営だけではなく、その周辺の駐車場の管理者になる人もいます。駐車場は、建物ではないので、メンテナンスや修理などにコストをかける必要がなくてすみます。アパートやマンションの周辺の駐車場であれば、入居者専用の駐車場として、月々の安定して収入が得られます。

不動産投資がFXと大きく異なる点をあげると、FXは外国為替証拠金取引ですから、海外の通貨での取引により、海外の経済や政治の状況により、値動きにも影響されることがあります。値動きが激しい通貨もあり、レバレッジをきかせた取引を行うことによって、高い利益が得られるチャンスがある反面、大きな損失と背中合わせです。おもにデイトレードやスイングトレードなど、短期型投資の人に向いています。
不動産投資は、短期型投資ではなく、長期型投資スタイルの人に向いているので、頻繁に取引を行う必要もなく、立地条件の良い土地や物件を購入していれば、あとは入居者がいれば、退去するまでは安定した家賃収入が得られます。その後、退去してもまた新たに入居者を募集すれば良いので、投資自体にそれほど時間や手間をかける必要がなくてすみます。

不動産投資は株式投資やFX、先物取引に比べると、ある日突然大きな利益を上げるといった目立った動きはないものの、長い目で見てコツコツと収入が得られるので、その点では安心ですよね。

不動産投資で失敗しないためには、立地条件の良い物件を探して選ぶことはもちろん、信頼性の高い不動産会社と提携することです。不動産投資は、まず物件探しにはじっくりと時間をかけて、さまざまな角度から慎重に判断して良質な物件を選ぶ必要があります。長期間に渡り、安定した利益を得ようと思うなら、投資するまでには万全に準備を整えておきたいですよね。

近年は、「老後の生活のために」「本業のサラリーマンだと、長年の不景気でボーナスがカットされる可能性もあるし、いつリストラされるかわからない」と不安を抱えている人も少なくありません。資産運用、資産形成の手段として、不動産投資について検討しているなら、今のこの時期から始めておきたいですね。

不動産投資と言えば、サラリーマンにも人気の高い投資法であり、副業感覚でこれをしている人もたくさんいます。そして、今、次世代の投資として注目されているのが、不動産投資信託ですね。まだまだなじみが薄いようですが、この言葉を目に耳にしたことがない方でも、REIT (リート) という言葉はご存知かもしれませんね。

FXや株式投資、先物取引やバイナリーオプションなど、さまざまな投資法がある中で、REITが最初に日本国内に登場したのは2001年頃と言われています。正確には、「Real Estate Investment Trust」という言葉を省略して頭文字をとった言葉で、REIT、またはREIT投資といった呼び方が一般的ですね。

REITについては、まだあまりご存知ない方のほうが多いと思うので、不動産投資と比較しながら詳しくご紹介していきたいと思います。不動産投資は、マンションやアパートを購入して経営者・管理者となり、入居者から家賃収入を受け取ることで利益が得られます。また、購入した不動産を高い価格で売却することによって、売却益を得ることもできます。
不動産投資は、簡単に言えばアパートやマンションなどの不動産物件そのものに投資をすることであり、REITは、企業に投資信託を通じて投資を行うものであり、不動産に直接的に投資をするものではないという違いがあります。

投資信託はちょっとわかりづらいところもあるかもしれませんが、投資家から集めた資金について、アパートやマンション、オフィスビルなどの不動産で運用して、家賃などの賃料で得られる収入を投資家に分配するといった仕組みになっています。実は、REITらはおもに2種類に分類されていますが、もともとはアメリカが発祥地で、1960年代からスタートしました。

日本国内でスタートしたのが2001年ですからFXよりも歴史が浅く、一部の投資家にしか浸透していないのが現状です。不動産投資よりも仕組みが難しい、投資信託になじみが薄くてなんだかとっつきにくいといった先入観があるのかもしれませんね。しかし、これまで投資信託について経験がある方なら、REITの仕組みをスピーディーに理解できるかもしれません。
REITには、契約型の投資信託と会社型の投資法人の2種類が存在していると言われていますが、契約型の投資信託とは、一般の投資信託とほぼ同じ仕組みだと考えて良いでしょう。わかりやすく言えば、証券取引所で上場されていないタイプのものがこれに相当します。

そして、会社型の投資法人は、上場REITと呼ばれることもあり、証券取引所において常時用されているタイプのもの、つまり証券取引所で売買取引ができるということです。一般的にREITと言えば、おもにこのタイプのものを指しています。

不動産投資では、不動産物件を提供する不動産会社との直接的な取引になりますが、REITに関しては、直接的に不動産会社との関係がなく、アパートやマンションなどの不動産物件を選ぶ必要もまったくありません。もちろん、入居者との関わりやメンテナンスなどについて、管理を行う必要もまったくありません。不動産投資信託(REIT)と、不動産投資は言葉はよく似ていても、下に「信託」という言葉がつくだけで、まったくその仕組みや意味も異なるものです。

気になるのは、日本国内のREITの市場はどのような感じになっているのか、ということですよね。これについては、REIT専門のウエブサイトも多数ありますので、マーケット概況について、平均分配金利回りや東証REIT指数、REIT時期総額合計、東証REIT住宅指数などの情報が表示されているので、常に旬の情報をキャッチしておくと良いでしょう。難しい専門用語がたくさん出ていて、わかりづらいかもしれませんが、ご興味ある方は、R初心者向けのREITセミナーに行ってみてはいかがでしょうか。

株式投資やFXは、投資金が少なくてもお手軽に始められ、少ない投資で大きな取引ができるのが魅力ですよね。しかし、不動産投資を始めるとなると、アパートやマンションなどの物件を購入するために、まとまった資金が必要になるので、年収や貯金が少ないサラリーマンには不向きなのでは?という先入観をお持ちなのではないでしょうか。

それでは、結論から言うと、「不動産投資をスタートするのに、年収や貯金が少ないという理由でできない」ということは、あまり気にしなくても良いということです。年収が400万円~500万円のサラリーマンの方でも、本気でやりたい!と思ったら年収の5~10倍ぐらいの金額を金融機関で融資してもらう方法もあります。

もちろん、金融機関でお金を借りるには審査がありますので、審査基準を満たしておくことは言うまでもありません。不動産投資に関する計画を綿密に立てて、生活の支障のない範囲での投資を心がけておけば、サラリーマンの方にも十分かにできることです。

とはいっても、やはり経験がない方にとっては、やはりなにかと不安がつきまとうものです。不動産投資専門の業者では、初心者向けのセミナーや講座を開講しているところもありますので、積極的に足を運んでみたり、インターネット上で動画セミナーなどがあれば、閲覧してはいかがでしょうか。

まずは、不動産投資の仕組みを知り、メリットやデメリットもあることを理解しておくことです。そして、投資金をどれぐらいにするか決めておいて、どの程度の物件なら購入できるのかイメージしておくと良いでしょう。無理してまで大規模な物件を購入する必要はなく、4階建てのアパートでも十分だと思います。不動産投資専門の業者では、新築物件から中古のアパート・マンションまで幅広く取り扱っているので、物件の規模の大小はさておき、立地条件の良さ、入居者にとっての住みやすさ、居心地の良さなどを重視して、良い物件を選ぶことです。

投資金が少ないのに、あまりにも大規模な物件を購入すると、後々になってメンテナンス費用などがかかり、管理するのが大変になることもありますので、慎重に判断しましょう。
不動産を購入してからは、まず入居者を募集するのがファーストステップになりますので、ここがいちばん肝心なところです。4階建て12室程度の小規模なアパートでも、入居者が満員になれば、月々の家賃収入が得られるわけですから、そのお金で金融機関に月々のローンを返済することができます。もちろん、家賃収入を得ることができても、なにかと経費がかさみますが、これらを差し引いたお金をストックして資金にすることで、メンテナンスや修繕が必要になったときにも、これらのお金に充てることができます。

サラリーマンの副業として不動産投資をする人が増えていますが、平日は朝から晩まで仕事をしていても、とくにこの投資について時間を取られることもないので、業務にはまったく支障が出ないという点では、メリットが大きいと思います。不景気が長引いているので、平日は普通に仕事をして、土・日など休日に副業をしているサラリーマンも増えていて、仕事の内容によると思いますが、スケジュールがハードになり、思うように休養がとれなくなることもあります。その点、不動産投資だと、入居者がいる限りは、家賃収入が途絶えることもないので安心感が得られることと思います。

「不動産投資はいつ頃から始めるのが良いでしょうか?」という質問をよく受けることがありますが、とくに良い時期がいつ頃という決まりはありません。ある程度の資金が確保できて、投資家となる人にとって、良いと思われるタイミングを見極めてスタートするのがベストだと思います。

これまで株式投資やFX投資を経験済みの方でも、不動産投資は特徴にさまざまな違いがありますので、投資の経験年数が長いからと、たかをくくっていてはいけません。まずは、不動産投資に関するしっかりとした基礎知識を身につけておきたいですね。

株式投資はその名の通り、株式に関する投資であり、FXは海外の通貨で取引を行うものです。そして、不動産投資は、アパートやマンションなどの集合住宅物件に関する投資ですから、投資するための資金を十分に確保しておく必要があります。

まず最初に、不動産投資のメリットをあげておくと、アパートやマンションの経営者となることによって、入居者が多ければ多いほど、毎月家賃収入が得られるということです。とくに、そのために自分が動く必要もなく、入居者が退去しない限りは、安定した収入が得られるので、メリットは大きいと言えるでしょう。このように、集合住宅の経営者となることによって、確定申告では不動産を減価償却するため、経費としては減価償却費が計上されます。そのため、収入に対して、大きな経費が上がることで、節税対策にもなります。

もちろん、不動産投資によるデメリットも十分に理解しておかなければなりません。まずは、アパートやマンションなどの物件を購入する必要がありますので、物件選びは慎重に行うことです。信頼できる不動産店を探すこと、そして立地条件の良い物件を見つけることが、成功させる秘訣であり、基本です。

投資のための資金は十分に確保していて、物件を購入したのに、メンテナンスをしても入居者が思うように集まらず、空室が多くて時間が経過してもこのままの滋養対が続くようでは、失敗に終わってしまいます。不動産投資は、立地条件や建物の質が高い物件を選ぶことが肝心です。

不動産投資に成功する秘訣について考える前に、まずは失敗する理由や原因について考えてみると良いでしょう。投資を始める前から、あまりマイナス思考になるのはよくないかもしれませんが、やはり初期費用がかかることですから、このぐらい慎重に構えておいたほうが良いようです。

不動産投資をしている人が成らずしも成功するとは限らず、残念ながら失敗する人もいるようです。その原因として、物件を購入する際に、利回りの高さに魅力を感じて中古物件を購入したものの、思うように入居者を確保できずに、空室が増えてしまう、入居時・退去時に室内のリフォームをするための費用や、メンテナンス費用が発生して、収入よりも支出のほうが負担が大きくなってしまう、本来なら家賃を値上げしたいところだが、値上げすることによって、入居者が少なくなることを考えてそのまま据え置きにしたところ、収益が下がってしまうなど、さまざまなリスクをともなうことがあります。

株式投資やFX投資で成功して、「その次は不動産投資だ!」と意気込んではみても、これらの投資と大きく特徴が異なる点として、無理のない投資をしているならローリスクローリターンですが、不動産投資においてはローリスク、そしてロングリターンということで、長い目で見て収益を上げるといった心構えが必要になってきます。ですから、スタートしてから1、2年程度で結果を判断するのではなく、良くないと思ったことは改善して、少しずつ良い結果を期待できるように地道な努力が必要ですね。

空室が増えると、収益が下がってしまい、資金不足になるとリフォームやメンテナンスに費用をかけられなくなり、資産価値が下がることもあります。しかし、満室になれば収益が増えて、メンテナンスも行き届くようになり、管理体制が行き届いているということで高く評価され、資産価値が高くなることもありますので、取り組み方次第で、不動産投資は成功させる可能性を十分に秘めている!と、前向きに考えてはいかがでしょうか。