プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

こちらの御弟子さんから、この事業で月収50万円を超え、総売上が300万円を超え、とても信頼でき安全性が高くておすすめできるとコメントをいただいたので紹介させていただきますね。

博士は実行したの?と聞かれたことがあります。実は実行して自分流にアレンジして収益をあげることができました。この情報はSEOの知識があれば文句なしで、SEO対策とは、サーチエンジン最適化という意味です。私はこの知識があったのでだいぶ楽に進められましたね。

主催者はプロのネットビジネスデザイナーと考えれば良いでしょう。自宅で簡単に副業として続けられるので、忙しい方などにはオススメですね。契約期間が初期設定では半年間だけということもあり、仕事が忙しくなったり、半年間だけ頑張っていましたが最終的に100万円以上の収益をあげることができました。様々なサイトでも紹介されているとおり、自分はこれらのブログを読んでみて参加を決定してみました。

http://xn--cct26u0xf9c316cwzhg7ju9nkp5a.com/
http://www.okanemoti-navi.info/
http://henkin.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=12646851

博士のHPと相互リンクを結んでいるのでぜひ訪れてみてくださいね。皆さんも始めてみてはいかがでしょうか?注意点をあげると、自分のやる気と実力次第で、満足できる副収入が得られるので運に頼る方は向いていないと言えますね。

テレビの番組や雑誌、新聞、インターネットなどで懸賞を見つけたらすぐに応募する人もいますが、これくらいのレベルになると、懸賞は在宅ワークといっても良いほどですよね。毎日、家事や子育てに忙しく追われている主婦にとっては、懸賞への応募は副業や在宅ワークのような感覚になっているようです。

しかし、懸賞に応募したからといって、必ずしも当選するとは限らないし、抽選によって当選結果が発表されるので、当たれば商品がもらえますが、外れてしまっては何にももらえません。中には懸賞を趣味にしている人もいるようですが、懸賞に応募して当たりやすい人もいれば、当選確率が高い懸賞に応募しても外れる人もいます。

あるテレビ番組を見ていると、懸賞マニアの専業主婦の方が紹介されていて、これまでに当選した賞品などについて紹介していました。テレビやステレオ、パソコンなどの家電製品や雑貨、キッチン用品などなど。高額商品を多数ゲットしているのですが、懸賞マニアの主婦の言葉を借りると「当選するにはコツがある」とのことです。

懸賞への応募は、時間が有り余っている人が暇つぶしにすることだと思うかもしれませんが、懸賞に応募するからにはぜひとも当選したいと願うのが当然ですから、応募ハガキを書くにも気合いを入れて書くそうです。たとえば、ある雑誌で懸賞クイズについて掲載されていて、応募ハガキの裏面には1番目にクイズの答え、2番目に応募者の氏名、3番目に応募者の郵便番号と住所、4番目に電話番号、5番目に希望する商品の番号について必須項目になっている場合に、1~5までについて、ただその通りに書くのは、ごく普通の書き方ですね。

懸賞マニアの主婦はこれらの項目以外にも、雑誌の懸賞であれば雑誌に関する感想や意見、励ましのメッセージなどを書いたり、かわいらしいイラストを描いて目立つようにハガキの書き方を工夫するそうです。そんなちょっとした工夫が、懸賞の主催者側にとっては大変喜ばれるので、応募ハガキは丹精こめてオリジナリティあふれる工夫をすると良いとのことです。

1枚の応募ハガキを書くのに、1時間以上も時間をかける主婦もいるので、ここまでくるともはや懸賞は趣味の領域ではなく、完全なる在宅ワークですよね。

懸賞に応募するハガキは、市販のハガキや郵便はがき、または年賀状の余ったものでもかまいません。宝くじを買うのに、当選確率を上げようとして1度にたくさん購入する人もいますが、そうたやすく当たるものではないし、懸賞にしても同じことです。もちろん、応募枚数は何通でもとくに制限がなければ、たくさんハガキを書いて応募しても良いですが、意外にも懸賞マニアの主婦の多くは、1つの懸賞に対して1通しかハガキを出さない人も多いようです。

懸賞に応募して当選して商品をもらうことができても、それで収入を得るというわけではないので、在宅ワークと言えるかどうかはわかりませんが、欲しいと思っていた品物が当たればうれしいですよね。懸賞によく当たる人は、ハガキの裏面の書き方について常に工夫を心がけていて、色鉛筆やマジック、ボールペンなどの筆記用具を上手に使い分けていて、見る人の目を楽しませてくれます。

動物や子ども、風景や花などのかわいいイラストを描く人もいますが、イラストを描くのが苦手な人は、ハガキの裏面にシールを貼っても良いですね。絵を描くのは苦手だけど、文字を美しく書くことには自信がある人は、コメントを丁寧に書くと良いと思います。

コメントの書き方にもコツがあり、あまりわざとらしくほめるのではなく、時には辛口な意見を書くこともあるかもしれませんが、やんわりと伝えるようにすると、好感度大ですね。
辛口な意見を書く時には苦情にならないようにして、最初に辛口な意見を1つか2つ書いた後には、最後にはほめ言葉で完結させると良いですね。

結婚するまでは会社でバリバリ働いていたけど、妊娠・出産を機に専業主婦になり、子育てに追われる毎日に物足りない!  子育ての合間になにか在宅でできる仕事があればやりたいけど、どんな仕事が自分に向いているのかわからない! そんな悩みを抱えている主婦も多いようですね。

毎日家事と子育てに追われていると、社会から取り残されたような気持ちになり、在宅で仕事をすることで生きがいを見いだそうとする人もいます。在宅ワークは、その名の通り、自宅でする仕事のことをいい、パソコンやスマホを使った仕事や、手作業での仕事などいろんな種類がありますよね。その中から、どんな仕事が自分に向いているのか、まずは適性を知ること、そして今の自分にはどんなスキルがあるのか、再確認することです。

パソコンが得意な人は、ワードやエクセルなどのソフトを使った仕事やホームページ作成、イラスト製作などの仕事があります。パソコンのスキルが高い人は、このような仕事を在宅で行うこともできるので、毎日家事や子育てに追われている人におすすめです。
外に出て働くのも良いけれど、人間関係が苦手な人も、空いた時間に自宅にてひとりでできるのでおすすめです。

在宅ワークで思い切り収入アップしたい!と思うのなら、やはりしっかりとした知識と技能、スキルを身につけておくことですよね。ふだんメールやインターネットをする程度では、まだこれといったスキルがないので、アンケートに答えてポイントをゲットする、広告をクリックしてポイントを貯めるといった程度の在宅ワークに限られてきます。

ポイントが貯まるまでに時間がかかるので、それほどたいした収入は期待できないし、パソコンで在宅ワークをしようと思えば、なにか得意な分野を持っておくと良いですね。文章を書くのが好きな人はライティングの仕事や、データを作成するだけのスキルを持っていれば、データ入力やデータベースなどの仕事もあります。

それでは、パソコン以外では、どのような在宅ワークがあるのでしょうか。懸賞によく当たる主婦の人は、懸賞を在宅ワークとして捉える人もいるようです。懸賞に関する情報を新聞や雑誌、広告をくまなくチェックして、欲しい商品があればハガキを書いて送ります。
懸賞に何度応募しても1度も当選したことのない人もいれば、当選確率が低い懸賞でも、よく当たる人もいますね。

懸賞に当選して、お金を稼ぐことはできなくても欲しい品物をゲットすることで、満足度も高くなり、生活がより豊かになってきます。そういった意味では、懸賞はもはや主婦の人にとっては、在宅ワークなのかもしれませんね。

もうひとつ、主婦に人気の在宅ワークとして、番組モニターがあります。テレビ局では定期的に番組モニターを募集しているので、機会があれば応募してはいかがでしょうか。テレビ局から視聴するように依頼された番組を見て、感想などをレポートにまとめるといったお仕事です。これといったスキルがなくても、観察力が鋭くて文章を書くのが好きな人には、番組モニターは向いていると思います。

モニター系の在宅ワークが好きな人は、この他にも商品モニターなどがあります。ある特定の商品を試しに使ってみて、感想をレポートにまとめることもあれば、簡単な電話アンケートやメールでのアンケートに答えるといった仕事です。たとえば、日用品を販売している企業のモニター募集があり、応募して採用されると、新商品として洗剤などが届き、実際に使ってみて、従来品とどのような近い心地の違いがあるのか、良いところや改善してほしいところなどをレポートにまとめたり、アンケートに記入するといった仕事です。

商品モニターになると、自宅に届いた商品が無料でお試しできることはもちろん、謝礼として商品券などが届きます。在宅ワークとしての観点からは少し外れますが、企業によっては、商品モニターが参加するミーティングなどが開催される場合もあるようです。交通費や謝礼としてお金を受け取ることもあるようなので、ちょっとしたお小遣い稼ぎになりそうですよね。

今やパソコンやスマホのインターネットが普及して、主婦の在宅ワークや副業で人気のブログライターの仕事をしたいと希望する人が増えているようですね。ブログライターとはその名の通り、ブログに記事を投稿するのを仕事にしている人、またはその仕事を指しています。

ブログにはいろんな種類がありますが、大手検索エンジンの無料のブログもあれば、ワードプレスによるブログもあります。誰でも1度はブログに記事を投稿した経験があるのではないでしょうか。趣味のブログに記事を投稿したり、投稿された記事にコメントをつけた経験がある人なら、やる気次第でブログライターとしての仕事ができるようになります。

それでは、在宅ワークとしてブログライターの仕事をするには、どのようにしてお仕事を探したら良いでしょうか。ブログライターの仕事は、インターネット接続環境が安定していれば、簡単に始めることができます。仕事探しは、SOHO求人サイトに無料登録して、求人を探すと良いでしょう。

ブログライターになるために、とくに専門学校やスクールに通う必要はなく、学生時代に読書感想文を書いて表彰された経験なども不要です。ライターにもいろんなタイプがありますが、本に掲載される記事を書くライターもいれば、ポスターやネット広告などにひと言、インパクトの強いキャッチフレーズを制作するコピーライター、新聞や雑誌に記事を書くライターなどもいます。

ブログライターの仕事にはいろいろありますが、無料でブログを作成して記事を書いて投稿する仕事もあれば、記事のみ作成して、クライアントにワードやメモ帳などメールで納品する方法もあります。または、記事の納品とともに投稿についても依頼される場合もあるようです。

クライアントによって、納品の仕方や記事の書き方などにもさまざまな違いがあるようなので、指示に従うことです。個人で趣味としてブログ記事を投稿する場合は、文字数や記事の書き方などに、とくに制約はなく自由に書くことができますが、在宅ワークとしてブログライターの仕事をする場合、ある程度文字数の目安が決められている場合もあります。

また、記事のテーマがあらかじめ決められていることもありますので、クライアントの指示に従って記事を書くわけですが、リピーターで仕事を請けられるようになった場合は、得意なジャンルがあれば、「このようなテーマでしたら、記事が書けるのですが。」とひと言、メールで伝えて、クライアントにこちらから提案してみるのも良いかもしれませんね。ブログライターとして長く続けるには、クライアントから信用を得られるようになることとです。お互いに良い信頼関係を築くことができるようになれば、リピーターでブログライターの仕事が来るようになると思います。

在宅ワークとしてブログライターの仕事をする主婦が増えている理由、その人気の秘密はどんなところにあるのでしょうか。空いた時間に自宅で仕事ができるのが在宅ワークの魅力ではありますが、ブログライターの仕事は自分が趣味にしていることなどを書いて収入を得ることができることに、魅力が感じられるようです。

気になるのは、ブログライターとしてどれだけ収入が得られるかということですよね。1記事何文字以上で何円と決められている場合もありますが、1文字単価になっている場合もあるようです。自分が感じたことや知っていることを文章にして記事を書くことができ、その記事をインターネットを通じて多くの人に見てもらえるのが魅力ですよね。

パソコンを使った仕事ですから、原稿用紙などに文章を書くよりもタイピングが速くできて仕事効率が良いのも、この仕事のメリットだと言えるでしょう。ブログライターの仕事で、収入アップさせる秘訣は、タイピングがスピーディーで正確さを保てること、そしてクライアントとの連絡のやりとりがスムーズにできることです。

仕事をするのに、外に出て正社員やパート、派遣、アルバイトでの仕事も良いけれど、子どもがいるから長時間拘束される仕事はできないし、職場の人間関係のいざこざが煩わしい! それなら自宅でひとりでできる仕事がしたい!在宅ワークを始めよう!と思ったら、パソコンを使った仕事はいかがでしょうか。今やどこの家庭にもパソコンは必需品といっても良いほどです。在宅ワークをするなら、まずはパソコン1台と高速インターネットの通信環境が必要ですね。

パソコンで在宅ワークをする場合、デスクトップパソコンとノートパソコンのどちらでも構いません。デスクトップパソコンだと、画面が大きいのが目に負担になる可能性もあるので、そう考えるとノートパソコンは収納スペースが良くておすすめですね。ノートパソコンで在宅ワークをするなら、15.6インチくらいの大きさのものが、作業がしやすいですね。

自宅にパソコン1台あれば、いつでも空いた時間に仕事ができる、それが在宅ワークの最大のメリットですよね。ただし、パソコンで仕事をする上での注意点をいくつか挙げておくと、ブルーライトにより、目に負担をかけるので、しっかりと対策することです。家電量販店に行くと、ブルーライトカットフィルムが販売されているので、パソコンの画面のサイズに合うものを選んで購入すると良いですね。

ブルーライトを25%程度カットするタイプのものもあれば、40%以上カットするタイプのものもありますが、やはりおすすめは40%以上のブルーライトカットフィルムです。価格は高くなりますが、パソコンでの作業は長時間にることもあるので、目に負担をかけないように、健康のためには必要ですね。

もうひとつ、パソコンでの作業を快適な環境で行うために、電磁波対策も必要になってくると思います。トルマリンや備長炭をパソコンの近くに置いておくと、静電気やプラスイオンを軽減する働きが期待されるので、ぜひ揃えておくと良いですね。

ここまで準備ができたら、まずはパソコンでできることについて、確認してみましょう。文章を書くのが好きな人や、いろんなことを調べて書くのが好きな人には、ワードのソフトを使ったライティングの仕事はいかがでしょうか。この仕事をするのに、とくに資格や学歴、経験の有無は問われることはないので、自分のやる気次第で仕事ができるようになります。

これからいよいよ本格的に在宅ワークのお仕事探しです。インターネットでSOHO求人サイトにアクセスして、パソコンでできる仕事について検索してみましょう。ライティングの仕事は、主婦やOLの在宅ワークや副業としても人気が高くて、良質な案件がたくさんあるので、お気に入りの案件があれば、応募してみましょう。

応募する時に、とくに履歴書や職務経歴書のようにプロフィールを細かく書く必要はなく、クライアントがいくつかの項目について応募要項として打ち出しているので、それに従って書くと良いでしょう。プロフィールで最低限必要な項目として、氏名・住所・メールアドレス・これまでの実績などです。案件によっては、専門性の深い仕事もありますが、とくに経験者が問われないこともありますので、自分にできそうな案件があれば、積極的に応募すると良いでしょう。

それでは、パソコンを使う仕事でライティング以外の分野では、どのような仕事があるのでしょうか。エクセルやアクセスなどのソフトを使ったデータ入力やデータベース、アンケート入力、イラストレーターなどのビジュアル系のソフトを使ったイラスト制作、語学が得意な人は翻訳などの仕事も在宅でできます。

案件に応募して1日も早く在宅ワークがしたい!という気持ちはわかりますが、自分のスキルやレベル以上の案件に応募すると、ちょっと大変なこともるかもしれませんね。応募する前には、報酬や納期がやはり気になるものです。不明な点があれば、応募時にメールでクライアントに尋ねておくと良いですね。仕事の内容によっては、チャットワークやスカイプなどで連絡をとる場合もありますので、必要に応じてインストールしておくと良いですね。