プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

週末に副業する人が増えている! サラリーマンとOLの副業の価値観は?

不景気が長引いていて、「本業だけでは今後は給料やボーナスが上昇する見込みが薄いのでは・・」と心配しているサラリーマンやOLも多いようですね。本業で昇給の見込みが薄いどころか、今後は給料やボーナスが下がるのではないかと不安を抱えている人も少なくはないようです。
そのような不安を誰もが抱えているのは当然のことかもしれませんが、そんな中で本業を続けていくことで今後の見通しに期待するよりも、副業をすることで今後の見通しを明るくしたいという希望が持てるようになりました。

本業で昇給の見込みが薄いのなら、副業をすることで収入面の不足分をカバーすることができるので、副業をするメリットは大きいと思います。副業を持つサラリーマンやOLにアンケートを集計した結果、「副業をしている時間帯は?」という問いに対して、アフター5を利用している人は、サラリーマンよりはOLのほうが多いようです。
サラリーマンは、残業や飲み会などが平日に入ることも多く、仕事が終わる時間帯が決まっていないこともあり、その点、OLは残業が少なく、夕方以降の時間を自由に使えるというメリットを活かして、副業をする人も多いようです。

サラリーマンは、週末土・日・祝日などの休日を副業の時間に充てる人が多いようですね。OLは、休日はプライベートライフを充実させたいと希望する人が多いのに対して、サラリーマンは、平日は仕事が終わったら自宅で休養して、その分、休日は副業に集中したいと考えている人が多いようです。これは、単純にサラリーマンとOLが、副業に対する考え方が違うということではなく、それぞれのワーキングスタイルの違いなどにあります。

気になる副業の1か月あたりの平均月収は、どのぐらいなのでしょうか。
副業の平均月収は、それぞれの職種の違いにもよりますが、4~5万円程度と言われています。この程度の収入があれば、安心ですよね。
近年は、インターネットを使って副業をしている人も増えており、古本の転売やネットオークションを趣味にしていて思わぬ副収入になったという人もいれば、本格的にWEBサイト作成の仕事をしたり、イラストが得意な人はイラストレーターとしての仕事を副業に持つ人もいます。

副業を始めてから、最初はあまり高い収入の見込みは期待できないにしても、根気強く継続していくことで、これまでは平均4~5万円の月収が10万円以上にアップした人もたくさんいます。
しかし、副業を始める前には、少し勇気がいるかもしれませんね。副業を始めることでリスクを抱え込んでしまうのではないか、副業をすることで本業に支障が出たり、スケジュール調整などが難しくなっていくのではないかというような不安を抱える人も少なくありません。

しかし、不安ばかり抱えていて前に進めないのでは、副業はできないので、案ずるよりも生むがやすしですよね。サラリーマンとOLは、副業に対する価値観や取り組み方も異なる点がありますが、いずれにしても副業を持つことによって、収入をアップさせたいと思う気持ちは同じですね。これまで副業と言えば、外で働く人が多かったのですが、最近は少し傾向が変わり、自宅でできる副業に取り組んでいる人も増えてきました。会社での人間関係が複雑で、副業をするのに外で働いて、人間関係に煩わされたくないという人もいれば、自宅なら交通費がかからず、移動する時間の手間も省けるので楽だと思う人もいます。

会社から雇用される形態ではあっても、在宅でできる仕事もたくさんあります。カタログ通販やネット通販の電話受付は、OLに人気の高い仕事ですね。得意なことがあれば、副業に活かすのも良し、自分が本当に好きなことを仕事に活かせることにやりがいが感じられることと思います。

副業が初めての方の心構えとは? 副業を成功させたい方必見!

サラリーマンやOLが副業を持つことは今の時代は、ごく当たり前といった感じになってきましたね。副業を持つということは、本業の存在があってこそ成り立つものであり、アメリカでは多くのサラリーマンやOLが、副業を持っています。アメリカは、とくに不景気が長引いているというわけではありませんが、経済力をより安定させるためには、やはり本業だけでは不安を抱えている人も多いようです。

一言で副業と言っても、さまざまな職種があるので、自分にピッタリ合うタイプの仕事を副業にするのがベストです。副業を始める上で、まずはどのようなことに気をつけたら良いのか、どのような心構えでいれば良いのか、じっくりとご紹介しましょう。
副業を始める前の心構えというと、なんだかすごく難しいことなのかと思うかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。

副業を始める前に、本業だけを続けていくことに対して、どのような不満があるのか、副業を始める目的や目標などについてじっくりと考えてみると良いでしょう。
もうひとつ、重要なことは、現在勤めている会社で、就業規則に「副業をしてはならない」と定められているかどうか、確認しておくことです。

実際には、就業規則で副業は禁止されていても、本業だけでは収入が不安定だからという理由で、副業をしている人も多いのですが、考えてみれば、勤務先の会社に「副業を始めました」と公言して副業をしている人は、まずいないと思います。ただし、就業規則に副業に関する項目があるかどうかは、確認しておいたほうが良いでしょう。

副業をして成功する人もいれば、失敗する人もいますが、その違いはどのようなところにあるのでしょうか。副業をして成功する人は、本当に自分がやりたいと思うことを仕事にしている人が多いようです。最初は、副業としてほそぼそとやっていたつもりが、少しずつ仕事の量が増えて、気がついたら本業になっていたという人も少なくありません。
副業して失敗する人は、なにがどのように間違っているのか、意外とそのことに気づいていない人も多いようですね。

副業をして成功する人は、自己分析をするのが上手で、常に冷静沈着にそして自分を客観的に見ることに長けているようです。副業を始めることは最初は大変かもしれませんが、本当に大変なのは、副業が順調に軌道に乗るまでです。副業をすることに、ただ収入を増やしたいと金勘定で考えているようでは、成功するのは難しいでしょう。

そして、副業を上手に選ぶのは重要ポイントになります。本業に仕事のやりがいを見出している人は、とくに副業を持つ人用はないかもしれませんね。
でも、本業だけではなにか物足りない、本業は生活の手段として続けて、副業は自分が本当に好きなことを仕事にしたいと、本業と副業の目的や役割をきちんと分けて考えることも大切ですね。そして、副業を続けていく上で、目標をきちんと定めておくことも大切です。副業が軌道に乗ってくると、良い仕事もどんどん入ってくるようになりますが、かといって本業に支障をきたすようなことがあってはいけません。心身の健康があってこそ、本業と副業が両立できるようになるものです。無理をせず、最初は焦らずにほそぼそと続けていくのがポイントですね。副業を続けていくには、「細く長く」をモットーにするのがベストだと思います。

副業を成功させている人の多くは、本当に自分が好きなことを仕事にしている人が多く、好きな仕事だからこそやりがいを感じることができるというものです。ピアノが上手な人は、ピアノ教室を開いたり、披露宴やパーティーなどで、ピアノを演奏する仕事をするのも良いでしょう。副業はお金のために働くというよりは、自分の特技や趣味を実益に活かすといった考えで続けたほうが、長く楽しく続けられるものです。

書道塾で副業しよう! アフター5と休日を利用してできるやりがいのある仕事

最近は、自宅や公民館などを会場にして、書道塾を開いてアフター5や、土・日などの休日を利用して副業しているサラリーマンやOLが増えていますね。
小学校の頃に習字の塾に通った経験をお持ちの方も多いと思いますが、学校の授業でも習字を習い、硬筆と毛筆は誰でも習ったことがあると思います。硬筆は、お手本を見て鉛筆で文字を書く練習をして、毛筆はすずりに墨をすって、筆で文字を書きます。書道は、おもに毛筆で書いた文字、または毛筆のことを指しており、そのレベルは級、段で表されています。

昔から、「字は人をあらわす」と言われているように、字が上手な人と下手な人とでは、印象がまったく違ってきますよね。最近は、パソコンやケータイで文字を打ってメールして、情報を伝える機会が増えていることから、手紙やはがきを書く習慣がだんだん薄れているのは、ちょっとさびしい気もします。

仲の良い友人やお世話になった方に、贈り物をするときに、一筆箋に文章を一言添えておくと、とっても喜ばれますね。そんなとき、達筆な字が書かれていると、ありがたみがさらに増してくると思います。
書道塾を開いて副業をするメリットは、自宅や公民館などに生徒を集めて指導をするので、会場費がほとんどかからないので、お月謝はほとんどそのままもらえるということです。

では、書道塾を開くにはどのようにすれば良いのでしょうか。
自宅で書道塾を開くなら、教室のスペースを十分確保しておくことです。近所の公民館を会場として利用する場合は、公民館に会場を借りるように、申請手続きをする必要があります。ほとんどの公民館で、1時間につきいくらといった感じで、会場費を支払う程度ですみます。

会場を確保したら、いよいよ生徒募集を本格的に行うことになります。
公民館を会場にする場合は、公民館の掲示板などに貼り出す方法があります。自宅で書道塾を開く場合、または公民館を会場にする場合も、チラシを作成して近所に配るのも良いですね。書道塾のWEBサイトを作成して、ご自身の書道の作品が閲覧できるようにするのも良いし、WEBサイトを開設することができなくても、ブログやフェイスブックなどに公開しても良いでしょう。

書道塾のお月謝は、生徒の年齢や指導する内容の難易度、書道塾を開く場所やその周辺の地域性などによって、格差が生じることと思います。印刷店やPOPなどプロの人に依頼すると、その分、費用がかさんでしまいます。
チラシを作成するには、パソコンが得意な人なら自分で作成すれば、その分、広告宣伝費が浮くので良いですね。生徒を募集してすぐにたくさん集まるかどうかは、お住まいの地域性や立地条件の良さ、指導する講師のネームバリュー、生徒募集の方法などにより、最初からあまり期待しないほうが良いかもしれません。

書道塾は、ピアノ教室のように個人レッスンではなく、少人数のグループで指導するのが一般的ですから、たくさんの生徒が集まれば、その分、孤立が良くなるので収入にも反映されてきます。ただし、最初からあまりたくさんの生徒が集まってしまうと、指導するのが大変ですよね。開業したばかりの頃は、生徒を少人数に絞り、少人数制で指導することに慣れてから、少しずつ生徒数を増やすように心がけていくと良いでしょう。

一昔前の時代は、小学生の子どもの人気の高い習い事と言えば、そろばんや習字でした。その理由は、書道やそろばんを習うことで集中力がつくこと、そしてもうひとつの理由は、お月謝が安いことです。つまり、習う人にとっては、お月謝が安くて集中力がついて、しかも書道を習うことで文字が上手に書けるようになれば、メリットが大きいということです。書道塾を開くなら、長年書道を習った経験をお持ちで、段を取得しているぐらいのレベルが望ましいでしょう。

一言で副業といっても、実にさまざまな種類の業種や職種がある中で、今、サラリーマンやOLは、「副業を持つことは今や当たり前ですから」と口にするほど、副業をしている人がどんどん増えていますね。

副業をする人がだんだん増えてきた理由は、「会社員だからといって、いつ会社の経営が不安定になるかわからない」という人もいれば、「将来的には本業をやめて、副業が本業になれるように、スキルアップしたい」という人もいます。また、本業だけでは、家族を養うのが大変だからという経済的な理由で、副業を始めるサラリーマンも増えています。

副業をしているサラリーマンやOLの中には、「副業をしていることについて、勤務先の会社に伝えておくべきかどうか」で、悩んでいる方もいるかもしれませんね。もし、勤務先の会社で副業が禁止されているのであれば、伝えることによって、就業規則に違反しているとみなされ、解雇される可能性もなきにしもあらずですから、ここは慎重に判断する必要が出てくると思います。
実際のところ、副業をしているサラリーマンやOLの約3分の1程度の人が、勤務先の会社には副業をしていることを知らせていないようです。

話がそれてしまいましたが、ここでは副業をしている人が、どのような就業形態なのか、分析してみましょう。
本業は、サラリーマンやOLですから、他の会社の社員として副業をすることは、まず考えられないと思います。アルバイトやパート、自営業、契約社員、フリーランスといった就業形態が一般的ですね。
その中で、もっとも多いのがパートやアルバイトで、副業をしている人全体の約3分の1を占めています。

それでは、副業の業種別に分析してみましょう。
卸売・小売業・教育・飲食・その他のサービス業などに分類されています。その中で、もっとも多いのが、その他のサービス業で全体の約28%です。教育事業で副業をしている人も多く、全体の約1割です。たとえば、勤務先の会社の仕事が夕方終わり、そのあと、夜は自宅で学習塾を開いたり、家庭教師をしたり、ピアノや習字などを教える仕事をする人も多いようです。

いずれも、とくに資格が必要とされるものではなく、自分の得意な分野を活かせる仕事なので、本業に支障なくできますよね。
卸売り・小売業での分野において、副業をしている人も多く、全体の約1割を占めています。

それでは、次に副業の仕事内容について、分析してみましょう。副業の仕事内容が、専門的な技術を要する仕事である人は、全体の約30%を占めていますね。
専門的な技術を要する仕事を副業にしている人は、今は副業として仕事をしていても、将来的にはこれを本業にしたいと希望する人も、少なくないようです。

その他には、販売の仕事を副業にしている人が全体の約1割、事務の仕事を副業にしている人が全体の約14%、サービス業を副業にしている人は、全体の約17%といった割合を占めていますね。

本業と副業を比べてみて、仕事の内容がほぼ同じようなものと答えた人は、全体の約4分の1にとどまり、本業とまったく異なる業種・職種であると答えた人は、全体の約45%を占めています。
このようなデータから分析すると、副業をしている人の多くは、本業にはあまり満足していないということなのでしょうか。

副業している人は、本業とはまったく異なる業者や職種を選んでいる人が多いですが、幅広い視野を持ち、いろんなことに興味を持つのは良いことですよね。
もちろん、本業と副業を両立させていくのは、大変なことと思いますが、少しでも収入を増やして、豊かな生活をするための第一歩として、これから資格を取得したり、スキルアップに励んでみてはいかがでしょうか。

英語やスペイン語、韓国語、フランス語など、語学が得意な方にピッタリの副業と言えば、翻訳の仕事があります。ところで、語学が得意というのは、どのようなレベルのことを指しているのか、ここが肝心なところですよね。

学生の頃に英検3級に合格したぐらいでは、英語が得意だとは言えません。英検3級は、中学生で習得する程度のレベルなので、さらに文法や語彙などを習得する必要が出てきます。単に、学生時代に英語の成績が良かったからという理由で、英語に関連した翻訳の仕事ができると考えているようでは、認識が甘いようですね。

ちょっとした軽い思いつきで仕事ができるというほど、翻訳の仕事は決して簡単なものではありません。

ところで、ちょっと気になるのが、翻訳の仕事をすることで、どの程度の収入が得られるかということですよね。一言で翻訳といっても、絵本の翻訳、パンフレットの翻訳、資料の翻訳など、いろいろな仕事があります。

一般的には、翻訳1ページにつき1000円程度が相場と言われています。しかし、1ページといっても、問題はその中身ですよね。1ページに文章がぎっしり詰まっているのに、たった1000円なの?と思うような仕事もあるかもしれません。

翻訳の仕事をする方法は、翻訳専門の会社の社員、または業務委託にて行う場合があります。社員として翻訳の仕事をするのであれば、その会社から請けた仕事を社内にて行うといった形になりますが、勤務時間内で仕事が終わらない場合は、自宅に持ち帰り、仕事をすることもあるかもしれませんね。

業務委託で翻訳の仕事を行う場合、翻訳会社に直接出向いて、打ち合わせをすることもあるでしょう。または、メールや電話などで打ち合わせをして、完全在宅で仕事ができる場合もあります。翻訳したものを納品するときは、郵送にて納品する場合もあれば、メールに添付することもあります。

ところで、翻訳の仕事をしていく上で、ある特定の語学に長けていれば、十分に仕事ができるレベルだと思っているかもしれませんが、日本語能力のレベルが高い人であることが前提となります。

日本語は、私たち日本人の母国語ではあっても、日本語ほど難しい言語はなく、漢字をよく間違えて書く人や、日本語の語彙が少ない人であれば、他国の言語が得意な人であっても、翻訳の仕事をこなすのに十分なレベルであるとは言えません。

もし、これまで海外に留学した経験がある方、ワーキングホリデーで海外に滞在した経験がある方、海外に何年か住んでいた経験をお持ちで、その国の言語がネイティブ並みであると自負する方なら、翻訳の仕事にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

海外に滞在した経験をお持ちでない方でも、英語や韓国語、フランス語、スペイン語など、語学検定の上級の資格をお持ちの方など、なんらかの実績がある方なら、強いと思います。
翻訳の仕事は、SOHOサイトにも案件が掲載されていることもありますが、翻訳専門の会社では、業務委託で翻訳者を募集しているところもあるようです。

翻訳の仕事には、必ずといって良いほど、納期が定められていて、短い納期で1週間程度と指示されることもあります。スピーディーに対応できることはもちろん、正確さも要求されるので、本業に支障が出ない範囲で仕事を請け負うことはもちろん、良い仕事をしていけば、2度目の発注も期待できると思います。

ただ、翻訳の仕事を請け負うことで、急に収入が大幅に増えるとは考えにくいかもしれませんね。
翻訳の仕事で確実に収入を増やすというよりは、「これまで自分が学んできたことや経験を、副業にしていくことによって、実益として活かすことができる」と考えてみてはいかがでしょうか。