プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

副業には、大きく2種類に分けると、外で仕事をする方法と、もうひとつには自宅で仕事をする方法があります。ここでご紹介するのは、自宅で空いた時間を利用してできる副業です。副業として行うのも良し、主婦の内職として行うのも良し、自宅での仕事は、会社の仕事が終わってから、夕方以降にすることも、平日は本業に専念して、土日や祝日などの休日に行うこともできます。

とくに資格やスキルがいらない、自宅で簡単にできる仕事を副業とするなら、封筒の宛名書きや、バーコードシール貼り、校正や手書きの作業、パソコンを使った仕事、箱詰め作業など、数えたらきりがないほど、いろいろな仕事があります。気になるのは、自宅で行う副業について、どの程度の収入が期待できるのかということでしょう。

仕事の難易度や手先が器用かどうか、要領の良さなどにより、収入には格差が生じてきます。シールを貼る仕事や箱詰め作業などは、単純な作業ですから、1つあたりの単価は安いと思いますが、数をこなしていくことで収入を増やすことができます。

自宅で空いた時間にできる仕事とはいっても、作業を依頼されたら、必ず「この日までに納品しなければならない」という決まりがあるはずです。収入を増やそうと一生懸命になるあまりに、納期に間に合わないほどの仕事量を請け負ってしまうと、本業にも支障をきたしてしまうことにもなりかねないので、最初は作業になれるまでは、少なめに請け負い、無理のない程度に行うことです。

自宅でできる副業には、校正や手書き、封筒の宛名書きといった仕事がありますが、習字を習った経験があり、級や段を取得している人にオススメです。文字を書く作業は、単純な作業のように思えるかもしれませんが、かなり根気のいる作業ですから、物事をコツコツと根気強く行う人、短気な人よりは気の長い人に向いているようです。

パソコンが得意な人なら、パソコンを使った仕事で副業をする方法もあります。パソコンを使った仕事とは言っても、エクセルやアクセスなどのマイクロソフト系のソフトを駆使したデータ入力の仕事や、ワードを使った文章入力やレイアウトの仕事もあります。

資格やスキルがなくても、自宅で副業を行うことはできますが、資格がないよりは、やっぱりあったほうがなにかと仕事に活かせる機会も増えてきますね。副業を行い、成功させるには、最初は無難な仕事を選び、無理のない程度に行うことから始めると良いでしょう。副業をしていく中で、はっきりとしたビジョンを持ち、「こうなりたい」と思うことが向上心につながり、経験を積んでいけばスキルアップになります。
副業を成功させる秘訣として、自分がどのような仕事に向いているのか、自分の適性を知ることも大切ですね。

副業を持っているサラリーマンやOLが増えていますが、副業を始めた理由について、アンケートを集計したところ、「本業だけでは、収入が十分とは言えないから」という人も多いですが、「本業が自分に向いていないから副業をする」と答える人も少なくはないようです。
副業を始める前に、自分にどんな仕事が向いているのか、自己分析をしておくのも良いことです。自分の適性に合う副業を探すことは、もしかしたら自分探しであるのかもしれませんね。

家で行う副業として、手先が器用で手芸が得意な人なら、自宅のスペースをお店にして、手芸で作った作品を販売したり、ネットショップを開設して全国各地に販売するのも良いですね。とくに資格やスキルを持っていなくても、自分が得意としていることや、趣味としていることを活かせる仕事を副業にするのであれば、それは仕事としてのやりがいも大きいのではないでしょうか。

サラリーマンやOLが副業を持つことは、今は珍しいことではなくなり、週末土日の空いた時間を利用して、副業として単発のアルバイトを副業としている人も多いようですね。
サラリーマンやOLが副業をすることによるメリットは、週末土日の空いた時間を有効活用して、収入が増えることです。

サラリーマンの人気の高い週末の単発アルバイトは、事務的な仕事から肉体労働までいろんな職種がありますが、本業と副業を両立させることがもっとも重要ポイントになりますから、副業を行うことで本業を継続するのに支障がないように心がけることはもちろん、本業が忙しくなると、副業に影響することもありますので、無理がない程度に行うことです。

それでは、サラリーマンやOLは、週末土日の副業をどのようにして探しているのでしょうか。副業を探す方法はいろいろあり、アルバイト情報誌を購入して、仕事を探す方法や新聞広告を見て仕事を探す方法もあります。しかし、その都度アルバイト情報誌を購入すると、アルバイトに関する情報を収集するだけでコストがかかってしまいますね。

新聞を購読していないひとり暮らしの人も増えており、副業を探すには、インターネットを上手に活用する方法がオススメです。パソコンをお持ちでなくても、ケータイ1台があれば、いつでもどこでも、24時間いつでもお仕事探しができるので、便利ですね。

アルバイト求人サイトや副業専用のサイトは、たくさんありますので、まずは情報収集を慎重に行うことが第一段階ですね。週末土・日に、副業をしているサラリーマンやOLは、本業と副業、そのどちらもしっかり両立させています。副業は、本業を持っていてこそ成り立つものであり、副業を今後継続するにしても、本業をやめてしまった場合は、副業が本業となってしまいますね。

副業を上手に探すには、アルバイト求人サイトやポータルサイトなどを参照して、上手に活用していくことをおすすめします。このようなサイトを利用する場合、メルマガの購読料、サイトの利用料、登録料は無料なので、安心して利用することができます。

副業としてアルバイトをする場合に、職種や勤務時間、勤務地、ワーキングスタイル、給与や交通費など、さまざまな項目で検索して、できるだけ条件が良い職場を探したいものです。アルバイト求人サイトや新聞広告に掲載されている求人情報だと、紙面に掲載されている情報の中でしか選択肢がありませんが、アルバイト求人サイトや副業サイトを見ると、掲載案件が豊富に出ていて、細かい条件に絞り込んで検索することができます。アルバイト求人情報は生モノですから、3日前に掲載されていた案件でも、条件が良ければすぐに応募者が殺到して、採用が決まってしまうこともあります。

アルバイト求人サイトには、常に新着情報が更新されていて、古い情報は消去されるので、安心してご利用いただけます。人気の高い職種や勤務条件などランキングが掲載されている求人サイトもあります。
たとえば、1日の勤務時間が4時間以下の仕事や、土日のみOKのアルバイト、短時間で高収入のアルバイト、自宅からの交通アクセスが良くて通いやすい職場など、さまざまな条件で絞り込んで検索することが可能です。

土日の週末の空いた時間を利用して副業をするにも、朝から夕方までフルタイムで勤務するのでは、休養をとる時間がとれなくなり、土日に副業に一生懸命になりすぎて、本業に支障をきたすことがないように、注意しなければなりませんね。副業で収入を増やしたいという気持ちは山々ではあっても体力と気力が続かなくなっては大変です。

アルバイト求人サイトを利用するなら、まずは会員登録して、希望する条件を指定しておくと、希望条件にマッチングした求人情報をメールでお知らせしてくれるサービスが利用できるので便利ですね。

週末に副業する人が増えている! サラリーマンとOLの副業の価値観は?

不景気が長引いていて、「本業だけでは今後は給料やボーナスが上昇する見込みが薄いのでは・・」と心配しているサラリーマンやOLも多いようですね。本業で昇給の見込みが薄いどころか、今後は給料やボーナスが下がるのではないかと不安を抱えている人も少なくはないようです。
そのような不安を誰もが抱えているのは当然のことかもしれませんが、そんな中で本業を続けていくことで今後の見通しに期待するよりも、副業をすることで今後の見通しを明るくしたいという希望が持てるようになりました。

本業で昇給の見込みが薄いのなら、副業をすることで収入面の不足分をカバーすることができるので、副業をするメリットは大きいと思います。副業を持つサラリーマンやOLにアンケートを集計した結果、「副業をしている時間帯は?」という問いに対して、アフター5を利用している人は、サラリーマンよりはOLのほうが多いようです。
サラリーマンは、残業や飲み会などが平日に入ることも多く、仕事が終わる時間帯が決まっていないこともあり、その点、OLは残業が少なく、夕方以降の時間を自由に使えるというメリットを活かして、副業をする人も多いようです。

サラリーマンは、週末土・日・祝日などの休日を副業の時間に充てる人が多いようですね。OLは、休日はプライベートライフを充実させたいと希望する人が多いのに対して、サラリーマンは、平日は仕事が終わったら自宅で休養して、その分、休日は副業に集中したいと考えている人が多いようです。これは、単純にサラリーマンとOLが、副業に対する考え方が違うということではなく、それぞれのワーキングスタイルの違いなどにあります。

気になる副業の1か月あたりの平均月収は、どのぐらいなのでしょうか。
副業の平均月収は、それぞれの職種の違いにもよりますが、4~5万円程度と言われています。この程度の収入があれば、安心ですよね。
近年は、インターネットを使って副業をしている人も増えており、古本の転売やネットオークションを趣味にしていて思わぬ副収入になったという人もいれば、本格的にWEBサイト作成の仕事をしたり、イラストが得意な人はイラストレーターとしての仕事を副業に持つ人もいます。

副業を始めてから、最初はあまり高い収入の見込みは期待できないにしても、根気強く継続していくことで、これまでは平均4~5万円の月収が10万円以上にアップした人もたくさんいます。
しかし、副業を始める前には、少し勇気がいるかもしれませんね。副業を始めることでリスクを抱え込んでしまうのではないか、副業をすることで本業に支障が出たり、スケジュール調整などが難しくなっていくのではないかというような不安を抱える人も少なくありません。

しかし、不安ばかり抱えていて前に進めないのでは、副業はできないので、案ずるよりも生むがやすしですよね。サラリーマンとOLは、副業に対する価値観や取り組み方も異なる点がありますが、いずれにしても副業を持つことによって、収入をアップさせたいと思う気持ちは同じですね。これまで副業と言えば、外で働く人が多かったのですが、最近は少し傾向が変わり、自宅でできる副業に取り組んでいる人も増えてきました。会社での人間関係が複雑で、副業をするのに外で働いて、人間関係に煩わされたくないという人もいれば、自宅なら交通費がかからず、移動する時間の手間も省けるので楽だと思う人もいます。

会社から雇用される形態ではあっても、在宅でできる仕事もたくさんあります。カタログ通販やネット通販の電話受付は、OLに人気の高い仕事ですね。得意なことがあれば、副業に活かすのも良し、自分が本当に好きなことを仕事に活かせることにやりがいが感じられることと思います。

副業が初めての方の心構えとは? 副業を成功させたい方必見!

サラリーマンやOLが副業を持つことは今の時代は、ごく当たり前といった感じになってきましたね。副業を持つということは、本業の存在があってこそ成り立つものであり、アメリカでは多くのサラリーマンやOLが、副業を持っています。アメリカは、とくに不景気が長引いているというわけではありませんが、経済力をより安定させるためには、やはり本業だけでは不安を抱えている人も多いようです。

一言で副業と言っても、さまざまな職種があるので、自分にピッタリ合うタイプの仕事を副業にするのがベストです。副業を始める上で、まずはどのようなことに気をつけたら良いのか、どのような心構えでいれば良いのか、じっくりとご紹介しましょう。
副業を始める前の心構えというと、なんだかすごく難しいことなのかと思うかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。

副業を始める前に、本業だけを続けていくことに対して、どのような不満があるのか、副業を始める目的や目標などについてじっくりと考えてみると良いでしょう。
もうひとつ、重要なことは、現在勤めている会社で、就業規則に「副業をしてはならない」と定められているかどうか、確認しておくことです。

実際には、就業規則で副業は禁止されていても、本業だけでは収入が不安定だからという理由で、副業をしている人も多いのですが、考えてみれば、勤務先の会社に「副業を始めました」と公言して副業をしている人は、まずいないと思います。ただし、就業規則に副業に関する項目があるかどうかは、確認しておいたほうが良いでしょう。

副業をして成功する人もいれば、失敗する人もいますが、その違いはどのようなところにあるのでしょうか。副業をして成功する人は、本当に自分がやりたいと思うことを仕事にしている人が多いようです。最初は、副業としてほそぼそとやっていたつもりが、少しずつ仕事の量が増えて、気がついたら本業になっていたという人も少なくありません。
副業して失敗する人は、なにがどのように間違っているのか、意外とそのことに気づいていない人も多いようですね。

副業をして成功する人は、自己分析をするのが上手で、常に冷静沈着にそして自分を客観的に見ることに長けているようです。副業を始めることは最初は大変かもしれませんが、本当に大変なのは、副業が順調に軌道に乗るまでです。副業をすることに、ただ収入を増やしたいと金勘定で考えているようでは、成功するのは難しいでしょう。

そして、副業を上手に選ぶのは重要ポイントになります。本業に仕事のやりがいを見出している人は、とくに副業を持つ人用はないかもしれませんね。
でも、本業だけではなにか物足りない、本業は生活の手段として続けて、副業は自分が本当に好きなことを仕事にしたいと、本業と副業の目的や役割をきちんと分けて考えることも大切ですね。そして、副業を続けていく上で、目標をきちんと定めておくことも大切です。副業が軌道に乗ってくると、良い仕事もどんどん入ってくるようになりますが、かといって本業に支障をきたすようなことがあってはいけません。心身の健康があってこそ、本業と副業が両立できるようになるものです。無理をせず、最初は焦らずにほそぼそと続けていくのがポイントですね。副業を続けていくには、「細く長く」をモットーにするのがベストだと思います。

副業を成功させている人の多くは、本当に自分が好きなことを仕事にしている人が多く、好きな仕事だからこそやりがいを感じることができるというものです。ピアノが上手な人は、ピアノ教室を開いたり、披露宴やパーティーなどで、ピアノを演奏する仕事をするのも良いでしょう。副業はお金のために働くというよりは、自分の特技や趣味を実益に活かすといった考えで続けたほうが、長く楽しく続けられるものです。

書道塾で副業しよう! アフター5と休日を利用してできるやりがいのある仕事

最近は、自宅や公民館などを会場にして、書道塾を開いてアフター5や、土・日などの休日を利用して副業しているサラリーマンやOLが増えていますね。
小学校の頃に習字の塾に通った経験をお持ちの方も多いと思いますが、学校の授業でも習字を習い、硬筆と毛筆は誰でも習ったことがあると思います。硬筆は、お手本を見て鉛筆で文字を書く練習をして、毛筆はすずりに墨をすって、筆で文字を書きます。書道は、おもに毛筆で書いた文字、または毛筆のことを指しており、そのレベルは級、段で表されています。

昔から、「字は人をあらわす」と言われているように、字が上手な人と下手な人とでは、印象がまったく違ってきますよね。最近は、パソコンやケータイで文字を打ってメールして、情報を伝える機会が増えていることから、手紙やはがきを書く習慣がだんだん薄れているのは、ちょっとさびしい気もします。

仲の良い友人やお世話になった方に、贈り物をするときに、一筆箋に文章を一言添えておくと、とっても喜ばれますね。そんなとき、達筆な字が書かれていると、ありがたみがさらに増してくると思います。
書道塾を開いて副業をするメリットは、自宅や公民館などに生徒を集めて指導をするので、会場費がほとんどかからないので、お月謝はほとんどそのままもらえるということです。

では、書道塾を開くにはどのようにすれば良いのでしょうか。
自宅で書道塾を開くなら、教室のスペースを十分確保しておくことです。近所の公民館を会場として利用する場合は、公民館に会場を借りるように、申請手続きをする必要があります。ほとんどの公民館で、1時間につきいくらといった感じで、会場費を支払う程度ですみます。

会場を確保したら、いよいよ生徒募集を本格的に行うことになります。
公民館を会場にする場合は、公民館の掲示板などに貼り出す方法があります。自宅で書道塾を開く場合、または公民館を会場にする場合も、チラシを作成して近所に配るのも良いですね。書道塾のWEBサイトを作成して、ご自身の書道の作品が閲覧できるようにするのも良いし、WEBサイトを開設することができなくても、ブログやフェイスブックなどに公開しても良いでしょう。

書道塾のお月謝は、生徒の年齢や指導する内容の難易度、書道塾を開く場所やその周辺の地域性などによって、格差が生じることと思います。印刷店やPOPなどプロの人に依頼すると、その分、費用がかさんでしまいます。
チラシを作成するには、パソコンが得意な人なら自分で作成すれば、その分、広告宣伝費が浮くので良いですね。生徒を募集してすぐにたくさん集まるかどうかは、お住まいの地域性や立地条件の良さ、指導する講師のネームバリュー、生徒募集の方法などにより、最初からあまり期待しないほうが良いかもしれません。

書道塾は、ピアノ教室のように個人レッスンではなく、少人数のグループで指導するのが一般的ですから、たくさんの生徒が集まれば、その分、孤立が良くなるので収入にも反映されてきます。ただし、最初からあまりたくさんの生徒が集まってしまうと、指導するのが大変ですよね。開業したばかりの頃は、生徒を少人数に絞り、少人数制で指導することに慣れてから、少しずつ生徒数を増やすように心がけていくと良いでしょう。

一昔前の時代は、小学生の子どもの人気の高い習い事と言えば、そろばんや習字でした。その理由は、書道やそろばんを習うことで集中力がつくこと、そしてもうひとつの理由は、お月謝が安いことです。つまり、習う人にとっては、お月謝が安くて集中力がついて、しかも書道を習うことで文字が上手に書けるようになれば、メリットが大きいということです。書道塾を開くなら、長年書道を習った経験をお持ちで、段を取得しているぐらいのレベルが望ましいでしょう。