プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

「パソコンを使って在宅ワークを始めたいけど、これとったスキルや資格がなくて、どんな仕事をしたらいいのかわからない。」、「在宅ワークをしたことがなく、未経験者にもできるパソコンの仕事があるの?」と悩んでいる人は、そのように心配しなくても、自宅にパソコン1台、そしてインターネット接続環境が揃っていれば大丈夫です。

パソコンには、ワードやエクセル、メモ帳、ワードパッドなどのソフトが内蔵されていて、機種によってはパワーポイントが内蔵されているものもあります。これまでパソコンで仕事をした経験がなくても、メールのやりとりやフェイスブックやスカイプ、掲示板などに文章を入力できるくらいのレベルで十分です。

プライベートで家族や友人、知り合いの人とメールをする時は、自分がその時に思ったことや感じたことを文章に書いて送信すれば良いですね。メールを受信して、返信が遅れてもとくに問題はありません。しかし、パソコンを使って仕事をするとなると、迅速で正確に入力して、決められた納期に間に合うように納品しなければなりません。

パソコンを使った在宅ワークについて未経験の人や、したことはあるもののまだまだ経験が浅い人は、データ入力の仕事をしてはいかがでしょうか。データ入力では、おもにエクセルのソフトを使って、文字や記号、アルファベット文字などを入力します。

名簿などの資料をもとに、企業名や住所、電話番号などの情報をエクセルに入力する仕事や、はがきやアンケートのデータ入力の仕事もあります。本来、データ入力とは、その名の通り、ある特定のデータを入力する仕事ですが、入力作業が苦手な人や不慣れな人でも、できる仕事があります。

クライアントによっては、企業名や住所などの情報をネット上からコピーしてエクセルのフォーマットに貼り付ける単純作業での仕事を依頼するところもあります。これなら、とくに文字や記号を入力する必要はなく、エクセルのフォーマットを開いて、必要な情報をコピーして貼り付けるという単純な作業で済みます。

在宅ワークで最初から高収入を期待するのではなく、まだまだスキルが浅いので無理なく続けられそうな仕事を選んでおくと良いですね。コピー・ペーストによるデータ乳利欲の作業は、単価はそれほど高いものではありませんが、数をたくさんこなしていくことによって、報酬が増えます。たとえば、企業名と所在地、電話番号の情報を1セットとして、1企業ごとに5円の単価であれば、100セットで500円、200セットで1000円の報酬になります。

時給で換算すると、スーパーやコンビニのレジ打ちのパートの仕事のほうが、高いとは思いますが、地道にコツコツ頑張って仕事をすれば、単価をアップしてもらえる可能性もありますので、まずはできることからやってみてはいかがでしょうか。

データ入力の仕事を行う上で、もっとも必要とされるものは、根気強さや粘り強さですね。「パソコンを使った仕事の経験がなく、これといったスキルもない」と最初からネガティブ志向にならないで、「これといったスキルもなく、パソコンにまだあまり慣れていないけど、根気強さなら誰にも負けない自信がある。」と、気持ちを切り替えてはいかがでしょうか。

データ入力は、単純な作業ではありますが、クライアントから依頼された仕事が完了して、納品を終えたあとには、達成感を覚えるはずです。最初のうちは、単価が低くても、地道に続けていれば、少しずつ作業スピードもアップするので、その分、報酬にも反映されます。納品を終えたあとに、クライアントから2度目の仕事を依頼されたら本物ですから、経験を重ねていくことが自信につながり、小さな第一歩が大きな実績を作るきっかけとなります。

「一昔前の時代にワープロを使った経験があるけど、パソコンやスマホはまだまだ日が浅くて、こんな私にでもなにかできる在宅ワークがあれば、ぜひやってみたい!」そんな人にはデータ入力やウエブライティング、チャットレディ、メールレディなどの仕事はいかがでしょうか。

一言でデータ入力といっても、はがきやアンケートなどの情報をエクセルに入力する仕事や、ある特定の企業などの住所や電話番号などの情報をエクセルに貼り付ける仕事など、いろいろあります。

ウエブライティングは、ウエブサイトに掲載する文章を入力・作成する仕事で、ワードやワードパッドなどのソフトを使うのが一般的です。クライアントから指定されたテーマやキーワードに基づいて、文章に仕上げる仕事です。文章を書くことに興味がある人や、根気強い人に向いています。

チャットレディやメールレディは、今や女性の在宅ワークの定番となりつつあるようです。チャットレディは、パソコンやスマホのインターネット上で、リアルタイムの会話をする仕事で、メールレディはメールのやりとりが中心です。パソコンやスマホのインターネットの接続環境が整っていれば、いつでもどこでもできる仕事なので、在宅ワークとしてはもちろん、移動中や外出中、旅行先でも手軽に仕事ができます。

チャットレディやメールレディの仕事は、ワードやエクセルのソフトを使う必要もなく、運営会社のウエブサイトにログインしてコミュニケーションをするので、特定のソフトを取り扱う必要もなく、スキルや学歴、職歴が問われることもありません。

文字入力について、とくにブラインドタッチができなくても、何の問題もなく、やる気と時間、あとはインターネット接続環境が整っていれば、頑張り次第で多くの収入を得ることもできます。意外なことに、これまでほとんどパソコンやスマホを使った経験がない人が、チャットレディやメールレディの仕事をするようになってから、文字入力が上手になったという人も多いようです。

データ入力の在宅ワークの仕事は、ネット上で探せばたくさんありますが、エクセルの使い方に慣れている人なら、とくにパソコンの資格を持っていない人でも大歓迎です。データ入力では、スピーディーな入力、正確性、迅速な対応ができる人なら、すんなりと採用されることでしょう。

主婦に人気の高い在宅ワークの仕事について、メリットをあげると、仕事に関する連絡のやりとりはほとんどメールで行うので、クライアントに直接会うことがなく、会話が苦手な人や人見知りをする人にも、仕事がしやすいことです。とくに学歴や職歴などが問われることもなく、よほど専門性の高い仕事でない限りは、パソコンのスキルが問われることもありません。

クライアントに相談すれば、仕事の分量や納期について、臨機応変に対応してもらえるので、毎日子育てに奮闘している人や介護など、家庭のさまざまな事情がある人にも、マイペースで仕事ができます。

これから在宅ワークを本格的に始めようと思っている人は、どんな仕事が自分に向いているのか、これまでの経験やスキル、得意な分野や不得意な分野などについて分析してみると良いですね。エクセルのソフトを使いこなしている人は、データ入力系の在宅ワークの仕事を探すのも良いと思います。

文章を書くのが好きな人なら、ウエブライティングやメールレディの仕事を探してはいかがでしょうか。応募する時に、自分の得意なことや性格について長所などを書いてアピールしておくと、採用される可能性が高いと思います。在宅でのお仕事は、何でもこつこつと地道に頑張るタイプの人や、根気強い人に向いていますね。

インターネットでお仕事探しをしていると、在宅ワークという言葉が目に留まることが多いのですが、そもそも在宅ワークとはどのようなワーキングスタイルなのでしょうか。自宅でできる仕事のことを在宅ワークという言葉で表現することもありますが、近年はインターネットが普及したので、パソコンを使った仕事のことを指すのが一般的ですね。

在宅でできるパソコンの仕事が在宅ワークだと考えて良いですが、もっと的確に表現するなら、「パソコンやスマホ、携帯などの情報通信機器を用いて、企業や個人事業主からの仕事を請けること」これが在宅ワークの定義ですね。

在宅ワークを行う以上は、「この仕事をして下さい」と仕事を与えてくれる相手がいるわけですから、決められた納期に間に合うようにきちんと仕事をしなければなりません。自宅でいつでも空いた時間に仕事ができるのが、在宅ワークの最大のメリットなので、子育て中の主婦に人気が高いようです。

中には、平日は会社員として仕事をしていて、夕方の空いた時間や休日を活用して、副業として在宅ワークにいそしむ人もいるようです。つまり、OLと在宅ワークとの二足わらじといったワーキングスタイルなので、会社員でありながら個人事業主としても活躍しているわけです。

在宅ワークのみで仕事をしている人は、企業や事業所から仕事を請け負ってはいても、正社員やパートといったワーキングスタイルではなく、個人事業主となります。自宅でひとりで仕事をするので、パソコンの操作などなにかわからないことがあれば、周りに聞く人がいないし、仕事を発注してきた企業の担当者に尋ねるのはタブーですね。

在宅ワークのメリットをあげると、納期にゆとりがある仕事を選んでいれば、空いた時間にマイペースで仕事ができるので、その辺は安心ですよね。子供が夜中に熱を出してしまい、次の日に学校を休んでつきっきりで看病しなければならない!そんな時に、納期が迫っていたら、クライアントに迷惑をかけてしまいます。

時間にゆとりがあれば、仕事をもっと増やすこともできるし、仕事の分量をあらかじめ調節することもできます。パソコンについて新しい事を勉強したので、今後はスキルを生かせるような仕事をしたいと思えば、ネットでお仕事を探して請け負うこともできます。自分のライフスタイルやパソコンのスキルに合わせて、自由に仕事ができるのが在宅ワークの最大のメリットですね。

個人事業主として在宅ワークをするからには、会社員とは異なるため、国民年金や国民健康保険に加入する必要があります。年間の所得がある一定以上の金額を超えると、1年間の収入と経費について計算して確定深刻の手続きをする必要があります。

クライアントによっては、振り込みされる報酬から源泉徴収として10%引かれた金額が入金される場合があるので、確定申告の時に報酬の支払い調書を添付すると、払いすぎた分が還付金とし戻ってきます。確定申告の提出期間は、毎年2月中旬から3月中旬の約1ヶ月ですが、3月になって申告すると会場には人がいっぱいで、待たされることもあります。

確定申告は早めに手続きしておくと、その分、還付金が早い時期に戻ってくるので、これも在宅ワーカーならではの楽しみですよね。一言で在宅ワークといっても、仕事のジャンルは実に豊富で、文章ライティングやデータ入力、ホームページ作成、イラスト制作、データベース、プログラミングなど多岐にわたります。

家庭の主婦が在宅ワーカーとして仕事をする場合、少しくらいは仕事が途切れてもナノ問題はありませんが、独身の人はパソコンを使って仕事をすることで生活が成り立っているので、仕事が急に途切れることがないように、クライアントを1社だけではなく2社、3社から仕事を請け負い、間が空かないようにしておきたいですね。

空いた時間にいつでもマイペースで仕事でできて、スキルアップもできるので、パソコンを使った在宅ワークに興味がある人は、ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。

今や一家に一台ではなく、ひとりにつき一台はパソコンを持っていて、インターネットの普及により、プライベートにビジネスにとさまざまなライフシーンの中で活躍する機会が増えてきましたね。

一昔前の時代は、主婦の内職と言えば、手作業で行う仕事がほとんどで、1個あたりの単価が低くて、1時間一生懸命仕事をしていても、コンビニやスーパーのレジ打ちの時給よりもはるかに低いものでした。

しかし、パソコンが普及するようになってからは、自宅にいながらにして、効率良く仕事ができるようになり、パソコンを使って在宅ワークをする主婦や、夕方以降の空いた時間を活用して、パソコンを使って副業をするOLが増えてきました。

パソコンには、ワードやエクセルなどのソフトが標準搭載されていて、機種によってはパワーポイントが入っているものもあります。パソコンを使った在宅ワークのメリットをあげると、ある程度パソコンのスキルがあれば、いつでも手軽に仕事が始められる、仕事の内容によっては難易度の高いものもあるが、難易度が高い仕事ほど、高収入につながる、
納期が緩やかな仕事を選べば、家事や本業に支障をきたすこともなく、プライベートライフも充実できると思います。

子育てや介護をしている主婦にとっては、外に出かける時間がなかなかとれないので、パートやアルバイトの仕事をするのも容易でありません。その点、パソコンを使った在宅ワークなら、自宅で空いた時間を有効に活用できますよね。自宅にいながらにして効率良く仕事ができる、これが在宅ワークの最大の強みだと思います。

パソコンを使った在宅ワークについて、とくにパソコンのスキルがなくても、文字入力ができる程度であれば、アンケートモニターや熱と広告を見てポイントを貯める仕事ができると思います。アンケートモニターの仕事は、あるサイトに無料会員登録すると、不定期にアンケートがメールで届くので、質問に答えて送信します。
しかし、アンケートモニターの仕事は、1ヶ月のうちにそう何度も頻繁にアンケートが届くことはなく、1回あたりの報酬も低いので、おこづかい程度のものです。

ワードやエクセルのソフトをある程度使いこなせる人は、データ入力、データベースの作成、記事作成などの仕事などが多数ありますので、SOHOサイトに登録しておくと良いですね。

無料会員登録でしておくと、希望のジャンルに見合う仕事があれば、定期的にメールが届くので、仕事が見つかりやすいです。希望する求人が見つかったら、早速応募してみてはいかがでしょうか。応募する段階で、クライアントに直接メールする場合もありますが、求人サイトの多くは、ウエブサイトを通してメールが来るシステムになっています。

パソコンを使って在宅ワークをする前の心構えとして、ビジネスメールの書き方をきちんとマスターする必要があります。SOHOサイトに掲載された案件によっては、応募者が殺到することもありますので、ビジネスメールの書き方についてマナーをきちんと守り、やる気のある人、スキルの高い人、実務経験が豊富な人だと採用してもらえる可能性が高くなります。

SOHO求人サイトは多数ありますが、どのサイトに登録して良いか判断がつかない時は、良質な案件が多数掲載されていて、信頼性の高いサイトを選んで登録すると良いですね。基本的に会員登録料や利用料、年会費は無料ですから、安心して利用できます。

パソコンで在宅ワークをしようと思ったら、ワードやエクセルなどのソフトの操作をきちんとマスターして、スキルアップをすること、クライアントからの要求にきちんと応えられるように、お互いによりよい信頼関係を築くことが大切ですね。スキルアップのために、パソコンの検定試験にもチャレンジするのも良いし、とくに資格がなくても、やる気がある人、バイタリティあふれる人なら、採用してもらえます。

在宅ワークという言葉を聞くと、内職といったイメージが強いですが、パソコンのソフトを使い慣れている人や、パソコン関連の資格を有する人は、自宅でパソコンを使った仕事ができれば、もうスペシャリストと言っても良いくらいです。

子育てしながら、自宅で空いた時間を活用してパソコンでなにかできる仕事があればと考えている主婦も多いようです。パソコンにはもともと、ワードやエクセルといったマイクロソフト系のソフトが内蔵されています。パソコンの種類によっては、パワーポイントのソフトが内蔵されたものもあるようです。

手書きでイラストを描くのが好きな人は、フォトショップやファイヤーワークス、イラストレーターなどのソフトを使って、イラストを描いて収入を得ることもできます。とくに、このようなグラフィック系のソフトを使わなくても、手書きのイラストをプリンターのスキャン機能を使ってスキャンして、画像化することも可能です。

ただし、ソフトを使わないで手書きのイラストをスキャンしてデータ化する場合、原本がないので、元のイラストを修正することができません。その点、イラストレーターやファイヤーワークス、フォトショップなどで作成したイラストは、原本のデータをきちんと残していれば、何度でも修正することができます。

パソコンを使った在宅ワークには、ライティングやデータ入力などの仕事もありますが、こちらは1記事あたり、または1文字あたり何円、データ入力では1データあたり何円と単価がはっきりと決められています。イラストレーターの場合は、クライアントによって単価にはかなり格差が生じることもあるようです。

イラストレーターとして活躍するには、SOHO求人サイトを見てお仕事を探す方法があります。しかし、応募してもクライアントからの返信もこなくて、仕事がもらえないと悩んでいるクリエイターも少なくないようです。

現在、イラストレーターとして活躍している人の多くは、イラストを描く技術がしっかりしていることはもちろん、レスポンスが良くて誠実な対応をしていて、クライアントがどのようなイラストを求めているのか、速やかにキャッチしています。

データ入力の仕事では、正確性や迅速性が求められますが、イラストの仕事では、クライアントが求めるイメージに合っているかどうかが重要ポイントになるので、色の変更やデザインの変更など、修正を何度か求められる可能性もあります。

何度か修正を依頼されることがあっても、くじけることなく根気強く対処できる人や、レスポンスが速くて誠実な対応ができる人であれば、クライアントから信用されるようになり、2度、3度とリピーターで仕事を請けやすくなると思います。

パソコンでの在宅ワークでは、仕事の内容によっては、短期間で仕上げてほしいと依頼される場合もあります。子どもがいてマイペースで仕事をしたいと考えている人は、できるだけ納期が緩やかで時間をかけて良い仕事をしたいという考えもあるので、柔軟に対応してもらえるクライアントがいれば良いと思います。

SOHO求人サイトに初めて応募いる時は、仕事用のサイトを作成しておいて、自分が作成したイラストをアップしておくのも良いですね。どんなイラストが描けるのか、どのようなジャンルに対応できるのか、クライアントにわかるようにしておくと、仕事の依頼が来やすいと思います。

とくに仕事用のサイトを持っていなくても、無料のブログやフェイスブックなどに自分が作成したイラストをアップして、応募する時にブログなどのアドレスを記載しておくと良いですね。単純に「イラストが描けます」というよりは、「このようなイラストが描けます」と強くアピールしたほうが良いと思います。

SOHO求人サイトから応募する際は、メールの書き方にも十分に気を配りましょう。お互いに顔の見えない相手ですから、好印象を持たれるように心がけることはもちろん、ビジネスメールのマナーをきちんと守りましょう。