プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

今やパソコンやスマホのインターネットが普及して、主婦の在宅ワークや副業で人気のブログライターの仕事をしたいと希望する人が増えているようですね。ブログライターとはその名の通り、ブログに記事を投稿するのを仕事にしている人、またはその仕事を指しています。

ブログにはいろんな種類がありますが、大手検索エンジンの無料のブログもあれば、ワードプレスによるブログもあります。誰でも1度はブログに記事を投稿した経験があるのではないでしょうか。趣味のブログに記事を投稿したり、投稿された記事にコメントをつけた経験がある人なら、やる気次第でブログライターとしての仕事ができるようになります。

それでは、在宅ワークとしてブログライターの仕事をするには、どのようにしてお仕事を探したら良いでしょうか。ブログライターの仕事は、インターネット接続環境が安定していれば、簡単に始めることができます。仕事探しは、SOHO求人サイトに無料登録して、求人を探すと良いでしょう。

ブログライターになるために、とくに専門学校やスクールに通う必要はなく、学生時代に読書感想文を書いて表彰された経験なども不要です。ライターにもいろんなタイプがありますが、本に掲載される記事を書くライターもいれば、ポスターやネット広告などにひと言、インパクトの強いキャッチフレーズを制作するコピーライター、新聞や雑誌に記事を書くライターなどもいます。

ブログライターの仕事にはいろいろありますが、無料でブログを作成して記事を書いて投稿する仕事もあれば、記事のみ作成して、クライアントにワードやメモ帳などメールで納品する方法もあります。または、記事の納品とともに投稿についても依頼される場合もあるようです。

クライアントによって、納品の仕方や記事の書き方などにもさまざまな違いがあるようなので、指示に従うことです。個人で趣味としてブログ記事を投稿する場合は、文字数や記事の書き方などに、とくに制約はなく自由に書くことができますが、在宅ワークとしてブログライターの仕事をする場合、ある程度文字数の目安が決められている場合もあります。

また、記事のテーマがあらかじめ決められていることもありますので、クライアントの指示に従って記事を書くわけですが、リピーターで仕事を請けられるようになった場合は、得意なジャンルがあれば、「このようなテーマでしたら、記事が書けるのですが。」とひと言、メールで伝えて、クライアントにこちらから提案してみるのも良いかもしれませんね。ブログライターとして長く続けるには、クライアントから信用を得られるようになることとです。お互いに良い信頼関係を築くことができるようになれば、リピーターでブログライターの仕事が来るようになると思います。

在宅ワークとしてブログライターの仕事をする主婦が増えている理由、その人気の秘密はどんなところにあるのでしょうか。空いた時間に自宅で仕事ができるのが在宅ワークの魅力ではありますが、ブログライターの仕事は自分が趣味にしていることなどを書いて収入を得ることができることに、魅力が感じられるようです。

気になるのは、ブログライターとしてどれだけ収入が得られるかということですよね。1記事何文字以上で何円と決められている場合もありますが、1文字単価になっている場合もあるようです。自分が感じたことや知っていることを文章にして記事を書くことができ、その記事をインターネットを通じて多くの人に見てもらえるのが魅力ですよね。

パソコンを使った仕事ですから、原稿用紙などに文章を書くよりもタイピングが速くできて仕事効率が良いのも、この仕事のメリットだと言えるでしょう。ブログライターの仕事で、収入アップさせる秘訣は、タイピングがスピーディーで正確さを保てること、そしてクライアントとの連絡のやりとりがスムーズにできることです。

仕事をするのに、外に出て正社員やパート、派遣、アルバイトでの仕事も良いけれど、子どもがいるから長時間拘束される仕事はできないし、職場の人間関係のいざこざが煩わしい! それなら自宅でひとりでできる仕事がしたい!在宅ワークを始めよう!と思ったら、パソコンを使った仕事はいかがでしょうか。今やどこの家庭にもパソコンは必需品といっても良いほどです。在宅ワークをするなら、まずはパソコン1台と高速インターネットの通信環境が必要ですね。

パソコンで在宅ワークをする場合、デスクトップパソコンとノートパソコンのどちらでも構いません。デスクトップパソコンだと、画面が大きいのが目に負担になる可能性もあるので、そう考えるとノートパソコンは収納スペースが良くておすすめですね。ノートパソコンで在宅ワークをするなら、15.6インチくらいの大きさのものが、作業がしやすいですね。

自宅にパソコン1台あれば、いつでも空いた時間に仕事ができる、それが在宅ワークの最大のメリットですよね。ただし、パソコンで仕事をする上での注意点をいくつか挙げておくと、ブルーライトにより、目に負担をかけるので、しっかりと対策することです。家電量販店に行くと、ブルーライトカットフィルムが販売されているので、パソコンの画面のサイズに合うものを選んで購入すると良いですね。

ブルーライトを25%程度カットするタイプのものもあれば、40%以上カットするタイプのものもありますが、やはりおすすめは40%以上のブルーライトカットフィルムです。価格は高くなりますが、パソコンでの作業は長時間にることもあるので、目に負担をかけないように、健康のためには必要ですね。

もうひとつ、パソコンでの作業を快適な環境で行うために、電磁波対策も必要になってくると思います。トルマリンや備長炭をパソコンの近くに置いておくと、静電気やプラスイオンを軽減する働きが期待されるので、ぜひ揃えておくと良いですね。

ここまで準備ができたら、まずはパソコンでできることについて、確認してみましょう。文章を書くのが好きな人や、いろんなことを調べて書くのが好きな人には、ワードのソフトを使ったライティングの仕事はいかがでしょうか。この仕事をするのに、とくに資格や学歴、経験の有無は問われることはないので、自分のやる気次第で仕事ができるようになります。

これからいよいよ本格的に在宅ワークのお仕事探しです。インターネットでSOHO求人サイトにアクセスして、パソコンでできる仕事について検索してみましょう。ライティングの仕事は、主婦やOLの在宅ワークや副業としても人気が高くて、良質な案件がたくさんあるので、お気に入りの案件があれば、応募してみましょう。

応募する時に、とくに履歴書や職務経歴書のようにプロフィールを細かく書く必要はなく、クライアントがいくつかの項目について応募要項として打ち出しているので、それに従って書くと良いでしょう。プロフィールで最低限必要な項目として、氏名・住所・メールアドレス・これまでの実績などです。案件によっては、専門性の深い仕事もありますが、とくに経験者が問われないこともありますので、自分にできそうな案件があれば、積極的に応募すると良いでしょう。

それでは、パソコンを使う仕事でライティング以外の分野では、どのような仕事があるのでしょうか。エクセルやアクセスなどのソフトを使ったデータ入力やデータベース、アンケート入力、イラストレーターなどのビジュアル系のソフトを使ったイラスト制作、語学が得意な人は翻訳などの仕事も在宅でできます。

案件に応募して1日も早く在宅ワークがしたい!という気持ちはわかりますが、自分のスキルやレベル以上の案件に応募すると、ちょっと大変なこともるかもしれませんね。応募する前には、報酬や納期がやはり気になるものです。不明な点があれば、応募時にメールでクライアントに尋ねておくと良いですね。仕事の内容によっては、チャットワークやスカイプなどで連絡をとる場合もありますので、必要に応じてインストールしておくと良いですね。

これまで長い間の事務の仕事の経験を活かして、自宅で空いた時間にコツコツ地道に在宅ワークをしたい!と考えているなら、データ入力の仕事はいかがでしょうか。ひと言でデータ入力とはいっても、実に多くの仕事の種類があります。

もっとも多いのが、パソコンのエクセルのソフトを使ったデータ入力の仕事で、数字や記号、漢字を入力することができるくらいのスキルがあれば十分です。ハガキやアンケートに書かれた情報をエクセルのフォーマットに入力する仕事もありますが、アクセスのソフトを使いこなせる人はまだまだ少ないので、このソフトの使い方がわかる人なら、データベース作成の仕事もできると思います。

データ入力の仕事は、在宅で空いた時間を活用していつでもできるのが魅力ですが、ソフトの使い方をきちんとマスターしておくことが前提となります。このような仕事を探しているなら、信頼性の高いSOHO求人のウエブサイトに登録して、まずはプロフィール作成しておくと良いですね。

プロフィールを作成するには、SOHO求人サイトに登録してから、ログインIDとパスワードを入力すると入室できるので、マイページなど自分専用のページから、プロフィールを作成することができます。もちろん、登録料や利用料は完全無料のサービスなので、このようなサービスを大いに活用することで、仕事をゲットすることができます。

データ入力の仕事をするのに、応募して採用される秘訣について、ご紹介したいと思いますが、これまでにデータ入力の実績がある人は、必ず書いておくことです。とくに在宅での経験がなくても、以前は会社で事務系の仕事をしていて、コンピュータを取り扱っていた経験があれば、そのことをアピールしても良いと思います。

データ入力での仕事の経験はなくても、エクセルやアクセスなどの技術を習得している人や、検定試験などに合格した実績がある人は、応募する時にそのことをおおいにアピールしておくと、採用される可能性大ですね。

在宅ワークには、データ入力の他にもポイントサイトを活用する方法や、モニター体験をする方法などもありますが、コンスタントにできる仕事ではなく、あくまでも趣味やおこづかい稼ぎといった感じですから、安定した収入が得られにくいと思います。データ入力で在宅ワークをする場合は、データ入力について単価が決められていて、数をこなしていくことで、まとまった収入になります。最初は、データ入力の単価が低くても、リピーターで仕事がもらえるようになれば、実績を積むことができるので、単価がアップされる可能性も多いに期待できると思います。

データ入力の在宅ワークで失敗しないためには、いったん請けた仕事については最後まで責任を持ってきちんとこなすこと、そしてクライアントからの信用を得ることです。仕事の内容によっては、難易度が高いものもあれば、納期を急ぐ場合もあります。中には、無理をしてまで仕事を請け負う人もいますが、生活に支障が出るほどの無理をしないことです。クライアントが要求する納期に対応が難しい場合は、むしろお断りしたほうが無難です。

在宅ワークをしている人の多くが、子育てや介護などをしていて、限られた時間の中で仕事をしているので、そこのところをきちんと踏まえた上で、毎日の生活に支障が出ないように、そして家族に迷惑をかけないように、常に周囲のことをよく考えて、仕事を調整することも必要です。

データ入力の仕事も、近年は多様化していて、とくにエクセルやアクセスなどのマイクロソフト系のソフトを扱うことができない人でも、ネット上からデータ入力する仕事や商品登録をする仕事などもありますので、資格やスキルに関係なくできる仕事が増えています。あとは、本人のやる気次第で効率良く稼げると思うので、自分に出来そうな仕事があれば、積極的に応募してはいかがでしょうか。

在宅ワークにはいろんな種類がありますが、一昔前のように手芸などの手作業で内職をする人は少なくなり、パソコンやスマホを使って在宅ワークを本業としている人もいれば、副業やアルバイトにしている人も増えてきたようです。

とくにここ数年の間に、スマホユーザーが増えてきて、今やインターネットをするのにパソコンよりもスマホを使う人のほうが増えてきているようです。スマホが1台あれば、外出先でもバスや電車の移動中にでも、仕事の出張先でも空いた時間があれば、手軽にインターネットやメール、ライン、フェイスブックなどで不特定多数の人とのコミュニケーションが楽しめます。

とくにOLや主婦に人気型回在宅ワークといえば、メールレディですよね。メールレディという言葉を聞いて、どのようなお仕事なのか、だいたい想像がつくことと思いますが、その名の通りメールのやりとりをする仕事であり、メールレディを募集している運営会社のサイトに応募して、登録手続きが簡単にできるので、今日からでもこの仕事を始めたいと思えば、始められます。

メールレディを募集している運営会社のサイトでは、応募資格があらかじめ決められているので、まずは年齢など条件が合っているかどうか確認した上で、専用のメールフォームから応募します。応募の際には、本人確認と年齢確認が必要になりますので、身分証明書の程度が求められます。とくに、メールレディの運営会社の事務所に行って面接を受ける必要はなく、年齢条件をクリアして本人であることが確認されれば、登録手続きが完了します。そして、登録が完了した時点で、早速今日からでも仕事を始めることができます。

メールレディの仕事は、サイトに登録してログインした男性会員とメール機能を使ってコミュニケーションをするので、男性会員と直接対面することはなく、相手に自分の顔や名前、住まいなどのプライベートな情報について知られることはありません。

メールレディの仕事は、基本的に男性会員とのメールのやりとりで報酬が発生する仕組みになってはいますが、運営会社によっては新人のうちは仕事に慣れるまでに時間がかかることもあり、サポート体制がしっかりしているところでは、待機保証がついているところもあるようです。つまり、サイトにログインする男性がいなくても、待っている間にも報酬がもらえるので、なんだか得した気分ですよね。

メールレディの仕事についておすすめポイントをいくつか挙げると、会社に出社して営業の仕事をするわけではなく、メールレディ自身が独立した個人事業主なので、決まった時間に仕事をする必要はなく、平日は夕方までOLの仕事をして、夕方以降や土・日・祝日などの休日などプライベートな時間を副業やアルバイトの時間として、この仕事をしてもOKです。

とくに、ひとり暮らしの女性は、空いた時間を自由に活用できるので、いつでも空いた時間に効率良く在宅ワークかできるのも、メールレディならではの魅力ですよね。パソコンを持っていなくてもスマホがあれば、どこにいても手軽に仕事ができるようになります。

メールレディのおすすめポイントをもうひとつ挙げると、ほとんどの運営会社で月払いや週払い、日払いと報酬振り込みについて融通をきかせてもらえるので、友達の結婚式に招待されて今月はお金が少し足りない時にも、日払いや週払いに対応してもらえれば、報酬の受取りがスムーズになります。

男性会員と音声通話をするチャットレディに比べると、メールレディのほうが報酬は低くはなるとは思いますが、人それぞれ向き不向きがあります。接会話をするよりもメールで楽しくやりとりするのが好きな人には、この仕事は向いていると思います。週何日勤務しなければならないといった決まりもなく、自分のライフスタイルに合わせて、いつでもできるので興味がある人は、お気に入りのサイトがみつかったら、応募・登録手続きをしてはいかがでしょうか。

パソコンのインターネット広告を見ていると、「在宅ワークを始めませんか」「SOHOワーカーを目指しませんか」といった触れ込みの広告をよく見かけることがありますが、そもそも在宅ワークやSOHOとはどのようなことを指しているのでしょうか。その名の通り、在宅で勤務する人、在宅で仕事をするワーキングスタイルのことを在宅ワークといい、在宅ワークをしている人のことを在宅ワーカーといった呼び方をすることもあります。

在宅での仕事について、もうひとつ別の表現に置き換えるなら、SOHOという言葉がよく使われていますが、SOHOとは英語で「Small Office Home Office」といい、直訳すると小さな事務所・家が事務所という意味になります。つまり、自宅兼事務所、職場という意味だと捉えて良いでしょう。SOHOとして働いている人のことをSOHOワーカーといった呼び方をすることもあり、在宅ワーカーとSOHOワーカーは、ほぼ同じ意味だと考えて良いと思います。

SOHOは、自宅で仕事をする人や小さな事務所を構えて個人で仕事をしている人もいれば、少人数で仕事を分担する人もいるようです。それでは、在宅ワークやSOHOとして働く目率とは、どんなところにあるのでしょうか。

自宅や小さな事務所で自分ひとりだけで仕事をするのが一般的なので、周囲に気を遣う必要もなくてすみます。これまで何度か転職を繰り返して失敗した人の多くは、仕事の内容以前に、人間関係につまずいて転職する傾向にあります。その点、在宅ワークなら、自宅で空いた時間に仕事ができるので、人間関係につまずくこともなく、煩わしい人間関係に悩む必要もないですね。

職場での人間関係がうまくいかないと、会社のレクレーションや飲み会といった行事に参加するのが、なにかとおっくうになることもあります。在宅ワークをしている人は、年間の恒例の行事もなく、仕事以外のことで時間を取られることはありません。

そう考えると、空いた時間を有効に活用して、好きなだけ仕事ができるという点では、在宅ワークのメリットは大きいですよね。とくに、子供がまだ小さくて外出が思うようにできないので、自宅でできる仕事を探しているなら、SOHOという形態で在宅ワークをするのはおすすめです。

在宅ワーカーとして働いている人は、どのような仕事をしているのでしょうか。一昔前の時代は、在宅ワークと言えば内職のようなイメージがあり、手芸や袋詰めの作業などこまごまとした作業が多いわりには、単価があまりにも安くて労働と報酬が見合わないものがほとんどでした。

しかし、現在ではどの家庭にもパソコンやスマホが一家に一台、というよりは家族ひとりにつき1台以上持つ時代となり、インターネットで簡単にお仕事探しもできるようになりましたね。在宅ワークは内職だった時代には、仕事を探すのも至難の業でしたが、今ではスマホを持っていれば外出先でも空いた時間にお仕事探しができるようになり、ハローワークなどの公共機関に出向いて行く必要もなく、時間と交通費のムダを省けるようになりました。

パソコンを持っていれば、マイクロソフト系のソフトであるワードやエクセル、アクセスやパワーポイントなどのソフトを使って、文章入力やレイアウト、データベースなどの仕事が自宅や事務所でできます。

パソコンを持っていない人でも、スマホが1台あれば、チャットレディやメールレディなどの仕事が自宅ではもちろん、外出先や出張先でもできるので、アルバイトや副業のような感覚として捉えている人もいます。子育てや介護をしながら、在宅で空いた時間を活用して仕事にいそしむ主婦もたくさんいます。在宅ワークを本業にしている人もいれば、副業としている人もいますが、いろんな働き方ができるのも、在宅ワークならではの魅力ではないでしょうか。

在宅ワークを行う前の心構えとして、1度引き受けた仕事は最後まで責任を持って行うこと、そして無理に仕事を増やそうとはせずに、最初は少しずつ無理のない範囲で仕事を請けて、慣れてきたら少しずつ分量を増やすようにしてはいかがでしょうか。