プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

ビジネスで成功するポイント「Win-Win」をしっかりつかんでおこう!

成功者になるためのブログには、ビジネスを成功させるポイントについて、わかりやすくまとめられていますね。
その中で、Lose-Winの関係について書かれていることに注目してみたいと思います。
その前にまずは、LoseとWinという言葉の意味を理解しておかないといけませんね。
Loseは、「負け」をあらわす英語で、Winは「勝ち」を表す英語です。
ビジネスを成功させる上で、クライアントとより良い関係を築きあげながら、双方向が交流し合うことが必要になってきますね。

コミュニケーションは、自分の意思だけを一方的に相手に伝えるだけでも成り立ちません。また、自分の感情を相手にぶつけるだけだと、嫌がられてしまうこともあります。自分の思想や思考を押し付けると、ますます嫌がられてしまいます。

コミュニケーションを円滑にしていくことが、ビジネスの成功につながります。しかし、なんでも自分が思ったことを相手に伝えれば良いというものではありません。
本来、コミュニケーションをとるということは、相手がいてこそ成り立つものであり、自分と相手が思想や思考、意思を共有することでもあります。

自分の思想やアイディアに、相手に同調してほしいのであれば、それなりの説得力が必要です。きちんと筋道を立てて、相手に説明すること、相手が質問したら、しっかりとした受け答えができることです。
友達同士のコミュニケーションであれば、自分の感情を相手に伝えれば良いですが、ビジネスとなると、感情的になってはかえってマイナスになってしまいます。

鼻氏は本題に戻りますが、LoseとWinの関係について、ビジネスにおいては、Lose-Winの関係になってはいけないというのが鉄則です。お互いが良いビジネスを成功するには、どちらかが負けでどちらかが勝ちとなっては、ありえません。これは、勝ちである法が優越感にひたり、負けであるほうが、劣等感を感じることにもつながり、お互いの感情がより良いとは言えません。

では、ビジネスを成功させるためには、どのような関係を保つのが理想的なのか、それは、双方がWin-Winの関係になれることです。つまり、お互いが理解し合い、同等の立場になれること、相互理解することにより、ビジネスを成功に導くことにつながります。
要約すると、ビジネスを成功させるカギは、Win-Winであるということになります。

では、上司が部下に仕事についてあれこれと指示を出して、業務命令を下すのは、どのような関係になるでしょうか。
これは、上司から言われたことをその通り忠実に行うことはできても、部下が上司からの指示がなければ、動かないということになり、能動的ではなく受け身的になってしまいます。WinとLoseの関係で言えば、これは典型的なLose-Winの関係であると言えるでしょう。

しかし、上司が部下に対して、ただ業務命令を下すだけでなく、ミーティングなどで部下からのアイディアを受け入れて、積極的に意見を取り入れてくれる上司だったら、役職としては上司と部下という関係であっても、部下は上司に負けたということにはなりません。コミュニケーションがスムーズにできれば、社内でもWin-Winの関係を作り上げることができて、プロジェクトを成功に導くこともできます。

成功者になるためには、Win-Winのより良い関係を築くことが理想的だとはわかっていても、そこにたどり着くまでには、意見が分かれたり、いろいろと食い違いが出てくることもあるでしょう。
Lose-Winの関係になると、自分の意見や感情を思うように出しきれず、隠してしまうこともあります。それでは、ビジネスを成功させるのは難しいでしょう。中には、相手が言われたことを根に持ったり、その人には言わずに、他の人にグチをこぼしてしまったり、といったことにもなりかねません。

お互いが良い雰囲気で、主張し合い、お互いを高めることで、ビジネスの成功に導くことになります。それが本当のWin-Winであると言えるでしょう。このブログでは、そのことについて触れていますので、ぜひ読んでみて下さいね。

アフター5と休日はピアノ講師で副業しよう! OLに大人気の副業

OLに人気の副業のひとつとして、ピアノ講師の仕事があります。昔ピアノを習っていて、ソナタやバッハ、ツェルニー30番程度の曲が弾ける人は、自宅でピアノ教室の看板を立てて、子どもたちにピアノを教えている人もたくさんいます。

考えてみれば、ピアノ教室の看板を出しておけば、生徒募集ができるので、とくに音大出身でなくてもかまいません。ピアノ教室を開くには、これといった資格はなく、ある程度ピアノが弾ける人であれば、ピアノ講師として仕事ができます。

一昔前は、有名な音大出身のピアノの先生に習いたいといった風潮がありましたが、近年は近所にピアノの先生がいればいいと思って、習いに来る生徒が多いようですね。
夕方以降に残業のない会社だと、アフター5を自由自在に使えるのが、OLのメリットですよね。アフター5を彼氏とのデートの時間として過ごすのも良いですが、趣味と実益を兼ねて仕事をするのも良いものです。OLの仕事は、毎日、パソコンで伝票を入力したり、お茶くみやコピー、電話の応対など、単調な仕事でなんだか物足りないと思う方も、夕方以降に副業を持っていれば、心強いものです。

自宅に帰ったら、ピアノ講師の仕事を副業にしているOLも多いようですね。ピアノ講師の仕事は、とてもやりがいがあって、生徒を教える喜びが感じられます。
ところで、ピアノ講師の仕事をするためには、生徒募集はどのようにすれば良いのでしょうか。
もっともてっとり早いのが、自宅の近所に生徒募集のチラシを配る方法ですね。
もうひとつには、音楽教室のホームページやブログを作成して、生徒募集することもできます。チラシ作成は、インクや紙代などの費用がかかり、チラシを配るのも大変です。
ホームページやブログは、無料で開設できますので、初期費用がかからなくて安心ですよね。

近年は、少子化がますます進んでいて、生徒募集してもなかなか生徒が集まらないピアノの先生も多いようです。できれば、チラシ作成とブログやホームページなどを作成するなど、あの手この手で生徒募集をしたほうが良いでしょう。

ところで、ピアノ講師は、生徒からどれぐらいのお月謝をもらっているのでしょうか。
初心者の子供には、5,000円~6,000円が相場のようです。

ところで、余談ですが、ピアノ講師を本業している人の中には、少子化で生徒募集が難しくなり、副業をしている人が多いことをご存知でしょうか。
ピアノ講師がしている副業には、デイサービスセンターなどの介護施設で働くヘルパーや塾の講師、ブライダルプレーヤーなど、いろいろあります。

ピアノ講師の仕事をするには、とくに音大出身である必要はなく、むしろ音大を素次用したあと、就職が難しく、自宅でピアノ教室を開業する人もいますが、少子化の時代ねなかなか生徒募集が難しくなり、今やピアノ講師の数が多くて、生徒が先生を選ぶ時代になったとも言われていますね。

ピアノ講師の仕事を副業にしているOLと、ピアノ講師の仕事を本業にしているピアノ講師、そのどちらが良くてどちらが悪いとも言えません。
ピアノ講師は、学歴や実力よりも、子供が好きで、子供が好かれる先生に、生徒がどんどん集まってくるようです。
生徒募集でもっとも理想的なのは、1人の生徒がいたら、口コミで先生の評判が府警に伝わり、いもづる式に生徒が増えていくことです。これなら、生徒募集のチラシをわざわざ作成したり、ホームページやブログを持たなくても、生徒が集まってきます。

ピアノ講師の中には、エレクトーンが上手な人も多く、ピアノとエレクトーンを教える仕事を副業としている人も多いようです。なにはともあれ、不景気な時代ですから、本業だけではなかなかやっていけない時代、不安を安心に変えたいなら、副業を持つことでより心強くなれることでしょう。

チャットレディという言葉を耳にしたことがある方も多いと思いますが、チャットレディには大きく分けると2通りあります。ひとつは、パソコンで行うチャットレディの仕事と、パソコンをお持ちでなくても携帯電話1台でできる仕事があります。

チャットレディは、自宅にいながらにして、高収入が期待できるので、OLの副業としてもオススメですね。平日は夕方5時に仕事が終わったら、自宅に帰ってからチャットレディの仕事を副業にしている人もいますね。

携帯電話を使ったチャットレディの仕事は、自宅にいなくても、携帯電話を携帯しておけば良いので、外出先でも旅行先でもどこにいてもできます。チャットレディは、チャトレ、在宅チャトレといった呼び方をすることもあります。

ところで、チャットレディと聞くと、アダルトだと思っていませんか? チャットレディを募集しているサイトにはいろいろありますが、10~20代の若い女性を募集しているサイトの多くは、アダルト系です。中には、40~50代女性を募集しているサイトもありますが、こちらはノンアダルト系のサイトが多いようですね。

チャットレディの副業を始める前に、注意点をあげておくと、里によっては顔出し必須とされている場合があります。顔出しをするということは、ログインしてくる男性会員にチャットレディの顔が見えるということになります。
もし、ログインしてきた男性が会社の上司や同僚だったら、大変なことになってしまいますよね。女性にとっては、チャットレディの副業をしていることがバレてしまいます。
このような最悪の事態を引き起こさないためにも、できれば顔出ししないで良いサイトに登録しておくと良いでしょう。

チャットレディの報酬は、日払いで支払われるサイトが多く、時給はスーパーやレストランのアルバイトやパートなどに比べると高くなっています。時給3,000円以上のサイトもたくさんあります。中には分給で報酬が計算されるサイトもあります。

また、メールの送受信で報酬がもらえるところもありますが、送信するよりもメールを受信したほうが報酬が高いので、メールをするのが好きな方にとっては、チャットレディの仕事はオススメですね。

アダルト系のサイトとノンアダルト系のサイトを比較すると、高収入を狙うなら、アダルト系サイトでしょう。とはいっても、チャットレディの仕事が初めての方にとっては、いきなりアダルト系サイトは抵抗を感じるものです。最初は、ノンアダルト系サイトで、メールの送受信や待機保証などで収入を得ることにして、最初から高収入を期待しないことです。

OLなど、会社員が副業として、チャットレディの仕事をする場合、年間の所得に応じて、確定申告を行う必要が出てきます。チャットレディの仕事は、短時間で高い報酬が得られるので、確定申告についてもきちんと正しい知識を持っておく必要があります。

平日は会社でOLの仕事をしていて、黙々とパソコンに向かっている人も、チャットレディの仕事を始めたら、得意なおしゃべりを活かして高収入が得られるチャンスがあります。
チャットレディの仕事は、おしゃべり好きな方やメールのやりとりが好きな方に向いています。アダルトとはまったく関係がなく、ただ仕事のグチを聞いてほしくて、ログインしてくる男性もいるようですが、チャットレディに優しい言葉をかけられると、癒されるようですね。

万が一、男性会員との言葉のやりとりの中で、雰囲気が悪くなったり、ノンアダルト系なのにアダルト行為を要求されるといったような、マナーの悪い男性会員に対しては、サイトによってはキック機能など独自の機能を使うことにより、強制的にログアウトさせることができます。

ある程度のことは、仕事と割り切っていても、やはりマナーが悪い男性会員は、何度ログインしても同じようなトラブルを起こすことが多いので、そのような場合は、迷惑会員として退会させられる場合もあります。よほどのことがない限り、チャットレディの仕事をする上でのトラブルはないと思いますので、ぜひ初めてみてはいかがでしょうか。

ビジネスを成功させるためには開運するパワーを持つことが大切

ビジネスを成功させる人もいれば、失敗に終わる人もいますが、その違いはどういうところにあるのでしょうか。良い運をつかむ人もいれば、悪い運をつかんでしまう人もいます。その違いは、ビジネスチャンスをつかんだときに、運を開くパワーを持っているか、持っていないかの違いなのかもしれませんね。

それでは、「良い運を開く」にはどうすればいいのでしょうか。
ビジネスに成功している人は、なにも室内に開運グッズを置いているというわけではありませんが、やはりそれなりに努力はしているものです。

開運グッズを置くこと以外にも、開運する方法はいろいろありますが、古代中国では陰陽五行説に基づいて、九星気学や方位学、風水などが取り入れられており、いつしか日本国内にも伝えられてきました。九星気学は、干支と生年月日との組み合わせによる占術で、大変歴史が古い占いとして知られていますね。

ビジネスを成功させるために、良い運を呼び込むには、受け身になっていたり、他力本願ではいけません。自分で運を切り開くという強い信念とともに、良い運を招き入れるための努力も必要ですね。

会社を繁盛させるには、室内を常に清潔にして、ほこりやごみを払い、掃除をこまめにしておくことです。ごみやほこりが室内にたまっていると、悪い気がこもってしまいます。より良い運を呼び寄せるには、室内を明るい雰囲気にしておくことも必要ですね。

ビジネスが成功すれば、企業としては利益がアップすることにもつながるので、ふだんからお金を大切にして、硬貨をピカピカに磨いたり、古い紙幣は新しい紙幣に交換してもらうといったことも、開運につながるそうです。

もちろん、「開運」だけに的を絞りすぎるのも良くありません。ビジネスを成功させるには、それなりに知識や経験、技術も必要になってきます。自分のスキルアップをすることは、必要不可欠です。
とくに、IT業界の場合、常に技術が進歩しており、その変化についていかなければなりませんね。新しいものを取り入れながらも、自分流にアレンジするなど、オリジナリティを活かす工夫も必要ですね。

そして、自分がビジネスのリーダーシップに立つのであれば、自分から周りの空気を変えていくこと、良きムードメーカーになることも必要になってきます。
日本という国は資本主義社会であり、常に競争社会ですから、良いビジネスチャンスをつかみ、良いビジネスシーンが展開できれば、それなりにビジネスを発展させて、成功させることも夢ではありません。

1度つかんだビジネスチャンスを活かすのも、その人の開運力と努力にかかっていると言って良いでしょう。

もうひとつには、自分の部下を大切にすることであり、部下を上手に使う術を身につけることです。部下から慕われる上司は、部下とのコミュニケーションがスムーズにできています。

「成功者になるためのブログ」には、ビジネスを成功させるためにどんなことをしたら良いのか、ビジネスを成功させるためのヒントがたくさん掲載されていますね。
もちろん、ブログに書かれているすべてのことを実行しようと思ったら、大変なことですが、ひとつひとつで良いので、まずはこれならできる!と思ったことについて、実践してみると良いでしょう。

プロジェクトチームを組んで、長期間ひとつのプロジェクトに関わっている場合、小規模な組織の中で、ライバル心が出たりすることもあるでしょう。そんなときに、お互いが蹴落とそうとするのではなく、お互いの長所や短所を知った上で、お互いが高め合う関係になれることで、よりよいビジネスパートナーとなり、自然に連帯感が生まれてきます。
ビジネスを成功させる上で開運は必要ですが、開運をアップさせるには、チームワークが大切ですよね。

株式投資で資産運用で収入を増やしたい方に外国株のススメ! サラリーマンの副業に最適

今や日本経済は、不景気が長期化していて、日本国内の多くの企業は株がどんどん値下がりする一方ですよね。そこで、注目したいのが日本以外の株で、中国株やベトナム株に人気が集中しています。

とはいっても、これまで株式投資の経験がない人にとっては、まさに「株とはなんぞや?」という世界ですよね。日本国内の株式投資についての仕組みがよく理解できていない人が、いきなり外国株による投資を始めたからといっても、わけがわからないと思います。

そこで、外国株を始めるための準備として、まずは取引をスタートさせるための証券会社の口座を用意しておきましょう。基本的に口座開設料や口座維持費などは無料ですから、口座を開設したからといって、すぐに取引を始めないといけないというわけではありません。

2008年頃までは、中国株が注目されていましたが、近年はベトナム株に人気が集中していて、今やベトナム経済が急成長しており、中国もかなり成長してきましたが、ここ数年は横ばい気味のようです。証券会社では、ここ数年ほどベトナム株が積極的に取り扱われるようになり、年6~7%もの経済成長率 (GDP) がベトナム株が注目される最大の理由でしょう。

日本人から見ると、ベトナムは生活環境が良く、住みやすい国であるといったイメージはまだ薄いかもしれませんが、国民の貧富の格差が少なく、第1次産業から第3次産業まで、すべての産業の成長のバランスが良いこと、政治の状況が他の国と比べて比較的安定しているといった特徴があります。

株価の値動きは、経済状況だけでなく、政治やテロなどの状況にも大きく左右され、常に変動しています。

ベトナム株のメリットや特徴など、詳しく知りたい方は、証券会社が主催する株式投資のセミナーや講座に足を運んでみると良いでしょう。証券会社に口座を開設した人なら、無料で受講できるセミナーもありますので、積極的に利用してみて、まずは外国株の取引について基礎知識をしっかり学びとることです。

ベトナム株の取引は、日本国内の企業の株取引とはまた違った醍醐味があると思います。もちろん、日本国内の企業の株取引とは共通点もあれば、値動きの幅など、さまざまな違いもあります。それぞれのメリットやデメリットを正しく理解した上で、最初はまず少額資金での取引を行うことをおすすめします。

今やサラリーマンの多くが、副業を持つ時代となり、週末の休日を利用して副業にいそしむ人が増えてきました。ベトナム株の取引は、日本国内の企業の株取引とは少し仕組みが異なる点もありますが、シンプルでわかりやすく、継続的に成長を遂げている企業が多いので、安心して取引ができるということでしょう。

ベトナム株の投資について副業にするとはいっても、無理のない投資をしないと、副業どころか、かえって損失を生み出す結果になってしまいますので、値動きや株選びについて、冷静に・慎重に判断することです。

ベトナムの経済状況がここまで急成長できたのは、若い世代の人口が多く、若者の労働力が十分足りていることであり、すべての産業においてバランスが良く発展していることにあります。ベトナム株での取引を始めるには、ベトナムだけでなく、世界の経済状況について常にアンテナを張っておいて、経済や政治の状況などに関心を持つことですね。

証券会社を選ぶときは、セミナーや講座が充実していて、株取引に関する情報が豊富なところを選ぶと良いでしょう。投資経験が少ない方やまったくの株初心者が、ベトナム株などの外国株で注意すべき点は、最初からハイリターンを期待しないことです。ハイリターン・ハイリスクよりは、ローリターン・ローリスクのほうが無難ですよね。