プロフィール


1978年10月2日生。某所出身。一市井人。
資格:行政書士、漢字検定(2級)、色彩検定、他。
尊敬する人:坂本龍馬、西郷隆盛
好きな芸能人:浅草キッド、ダチョウ倶楽部

初心者にお勧めのビジネス

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

リンク集

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集

最近の投稿

アーカイブ

固定ページ

カウンタ

結婚披露宴というお祝いの席で、進行をつとめるのは、司会者の仕事ですね。
私自身はこれまで、長い間結婚披露宴やパーティーなどで、エレクトーン演奏する仕事をしてきましたが、結婚披露宴やパーティーは、司会者がいてこそ、場が盛り上がります。
ベテランのプロの司会者は、声がよく通って、華やかな雰囲気が感じられますよね。

これまでいろんな司会者と結婚披露宴で一緒に仕事をさせていただきましたが、元アナウンサーで、結婚してから第一線を退いて、平日は主婦に専業して土日や祝日の大安や友引などに、結婚披露宴の仕事のみをしている人もいれば、平日はパートの仕事をしていて、休日は司会者に変身するという頑張り屋の主婦の方、もちろん現役アナウンサーで、結婚披露宴の司会の仕事にもバリバリ頑張っている方もいます。
みなさんとても輝いていて、素敵な主婦の方たちばかりです。
司会者には、男性の方もいますが、やはり華やかな雰囲気は女性にこそ出せるものですよね。

司会の仕事をするには、事務所に所属して、まずはみっちりと研修を受けて、結婚披露宴やパーティーの流れなど、レッスンを受けて慣れてきたら、エレクトーン奏者と一緒に、レッスンを行います。司会者とのレッスンは、私も何度か一緒に受けましたが、とても緊張したのを覚えています。

司会者の仕事の報酬は、事務所によっても格差が生じると思いますが、1万円~2万円程度で、エレクトーン奏者よりは、少し高めに設定されているようです。というのは、司会者の場合、式の数日前に、新郎新婦との打ち合わせに時間が必要です。エレクトーン奏者は、結婚披露宴の当日、司会者と軽く打ち合わせをする程度ですみますからね。

司会者の中には、最初の数年間は、事務所に所属して事務所から報酬をもらう形をとっていて、経験を積んでから結婚式場と直接契約して、フリーで活躍している人もいます。フリーなら、式場との直接契約なので、事務所を通さないため、報酬も少しアップされますね。

エレクトーン奏者の私もそうでしたが、結婚披露宴1本の報酬とは別に、運が良ければご祝儀をいただくこともあるんですよ。
司会者は、個性豊かで笑いをとるのが上手な方もいれば、花束贈呈では思い切り泣かせるのが好きな方もいます。
司会者の方に「この仕事のどんなところが好きですか。」と尋ねてみると、「お客様に”良い披露宴でした。”と言ってもらえることが、とてもうれしくてやりがいがありますね。」と言われる方が多かったです。

1日のうち短時間で、まとまった収入が得られる副業と言えば、ブライダルプレーヤーがオススメです。ブライダルプレーヤーという言葉を耳にしたことがありますか?
ブライダルプレーヤーは、結婚式の披露宴やパーティーで、エレクトーンやピアノなどを演奏する仕事のことを指します。

ブライダルプレーヤーは、ピアノやエレクトーンを習っている人なら、あこがれの職業と言われています。さまざまな副業の種類の中でも、収入がよくてやりがいのある仕事です。
披露宴の時間は、2~3時間程度で、お祝いの席で披露宴の進行に合わせてBGMを演奏したり、お客様から歌のリクエストにこたえて、「歌伴」の演奏をします。

今は、通信カラオケの時代となり、新曲も自動的にはいってきますが、私がブライダルプレーヤーの仕事を始めた20年前は、もっと原始的でした。披露宴会場にはカラオケの機械はほとんど設置されておらず、エレクトーン奏者がリクエストにこたえて、カラオケの役割も果たしていました。

カラオケとエレクトーンの歌伴が大きく異なる点は、エレクトーン奏者がいるということで、サービス精神が大きく関わってきます。カラオケの機械なら、歌う人のキーにリモコンで調節できますが、エレクトーンの生演奏では、お客様のキーに合わせて、その場で演奏しなければなりません。ここで、「移調」という裏ワザが必要になってきます。
さらには、歌の出だしの部分がわかるように、お客様と目線を合わせて合図をしたり、歌いやすいテンポに合わせるといった配慮が必要です。

今の時代、ほとんどの披露宴会場で通信カラオケが設置されているので、ブライダルプレーヤーが歌伴をする機会はほとんどなくなりましたが、仕事が多いブライダルプレーヤーと、ほとんど仕事がこないブライダルプレーヤーの差は、こんな地道な努力をするかしないかですね。

新郎新婦がお色直しで退場してから、約30分間はBGMを演奏します。ここが、ブライダルプレーヤーの腕の見せ処で、もっとも手腕を思い切り発揮できるシーンです。
さて、気になるブライダルプレーヤーの収入ですが、事務所に所属しているブライダルプレーヤーは、1本あたり1万円 ~ 2万円が相場です。華やかな衣装を身につけて、演奏するブライダルプレーヤーは、喜ばしいお祝いの席で演奏できて、演奏しているほうも、おめでたい気分になります。

大安や友引など、結婚式が多い日には、1日2本演奏することもあります。さらにうれしいのは、報酬とは別に、お客様から「おひねり」(ご祝儀) をいだくことがあります。
副業の副収入といったところでしょうか。
ブライダルプレーヤーになるまでは、しっかりとした演奏技術を身につけるとともに、お客様に対するサービス精神や感謝の心を持つことも大切ですね。

インターネット時代を代表する副業と言えば、ネットオークションでしょう。
ネットオークションの良いところは、とくに難しい専門的な知識や技術を必要としない点にあります。また、インターネットの接続環境が整っていれば、誰でもできるのが魅力ですね。

ネットオークションで購入するメリットは、店舗ではなかなか見つからないものでも安い金額で購入できることです。ネットオークションを副業にしたいと考えているなら、思い切って値段を高くしても売れるという自信のある品物を出品するのが重要ポイントになります。
ネットオークションは、若い人やサラリーマン、主婦の人にも大人気で、最初は安くていい品を購入することに熱心だった人が、今では出品することに気合いを入れていて、いつのまにかネットオークションが副業になってしまった、という人もいます。

ネットオークションの出品の手続きは、簡単で時間がかからず手間いらずといった感じです。出品する品物選びが肝心ですね。おそらく誰もが欲しがるであろうと思われる商品を出品すること、そして誰もがのどから手が出るほど欲しい品物であれば、多少値段が高くても売れるはずです。反対に、あまり売れそうな見込みがない商品を出品して、安く売ろうとしても、なかなか売れない場合もあります。

ネットオークションでは、出品する商品の選び方によって収入が左右されるといっても過言ではありません。出品する商品の個数や単価によっても、収入に影響されます。
ネットオークションでは、同じものを出品しても高く売れる人もいれば、まったくと言っていいほど売れない人もいます。

ネットオークションビギナーの方は、まずは部屋の中を整理して、いるものといらないものにきちんと分けて、不用な衣服や雑貨、古本、インテリア家具などを売りさばくことから始めてみるといいでしょう。人気歌手の古いレコードやサイン入りの写真集、人気ブランドの衣服などは、古くなるほど値打ちがあがってきます。自宅の中に思わぬ掘り出し物が隠れているかも知れませんよ。

ネットオークションでは、商品の写真を必ず入れることが必要です。たくさんの文章で商品に関する説明文を入れたところで、相手にとっては商品のイメージはまったく伝わりません。「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、ネットオークションを成功させるには、視覚で思い切り訴えるのがコツです。
もうひとつは、ネット検索を上手に活用して、検索に引っ掛かりやすいキーワードをちりばめておくことです。

若い女性はブランド志向が強く、有名ブランドのバッグをネットオークションで購入する人がたくさんいます。「限定品」「レア物」といった言葉を商品の紹介文に入れておくと、ブランド志向の女性のハートをゆさぶります。
ちょっとした工夫次第で、ネットオークションでガッツリ稼げるかも、ですね。

結婚披露宴やパーティーなどお祝いの席でピアノやエレクトーンを演奏する奏者のことをブライダルプレーヤーと呼ぶのに対して、葬儀やお別れの会などで演奏をする人のことをセレモニープレーヤーと呼びます。また、結婚披露宴・パーティー・葬儀での演奏をすべて行う人のことを総称してセレモニープレーヤーと呼ぶこともあります。

お祝いの席や葬儀がスムーズに進行するには、音楽が必要不可欠ですね。CDをそのまま流してしまうと、ただ時が単調に流れていく感じですが、人の手で演奏をすることにより、その場の雰囲気に合った演奏ができて、生演奏ならではの良さが感じられます。

セレモニープレーヤーは、葬儀やお別れの会などで演奏する仕事なので、短調の暗い曲を演奏しなければならないのかと思う人もいるようですが、けっしてそんなことはありません。近年は、葬儀のスタイルが変化してきて、家族葬・お別れの会・自由葬など、人生のファイナルステージには、人それぞれさまざまな形があり、人が生前好きだった曲を演奏したり、暗い曲を中心に流すのではなく、会場の雰囲気が落ち着く曲を流したり、その場の雰囲気に合わせて演奏します。
故人の人生のファイナルステージとして、旅立ちへのお手伝いをするのが、セレモニープレーヤーの使命と言っていいでしょう。

葬儀の時間は、約1時間で、そのうち演奏する時間は30~40分程度です。
演奏時間は短いですが、演奏力をみがくだけでなく、自分が好きな曲を弾くというのではなく、場の空気を察知してセレモニーの芯をしっかりと支えるのは音楽です。葬儀の場では、アップテンポの曲や派手な曲調の曲を演奏することは、控えたほうがいいでしょう。

近年は、葬儀のスタイルも自由になり、セレモニープレーヤーの仕事を始めた友人からは、葬儀に関するさまざまな話を聞きます。
「故人が”マツケン・サンバ”が好きでリクエストが来た」という話を聞きましたが、楽しい雰囲気の曲でも、故人が好んでいた曲であれば、リクエストに対応する必要があります。
結婚披露宴やパーティーのように、葬儀は何日も前からスケジュールが決まっているわけではありません。いつ来るかわからない葬儀の演奏は、急ピッチでリクエストにこたえるなど、すばやい対応が求められます。

1回の葬儀の報酬は事務所ごとに格差が生じますが、演奏する時間とともに拘束される時間が短いため、ブライダルプレーヤーよりは、報酬はやや低くなります。5,000円~1万円ぐらいが相場とみて良いでしょう。

FXは、株式投資に比べると、小額投資でできるという利点があって、サラリーマンやOL、主婦などに個人投資家が多いとよく聞きます。
FXとは、外国為替証拠金取引のことで、FX会社で取り扱っている2国間の異なる通貨ペアで、取引を行うというもので、株式投資の場合、不景気になると株価が下がりますが、FXには景気に左右されることがなく、2国間の金利差で利益が得られるスワップポイントが期待できる!というのが、なんといっても魅力ではないでしょうか。

さらに、FXの取引の経験の長いベテランは、レバレッジをきかせて思い切ったハイリターンを狙う取引もできます。スワップポイントやレバレッジなど、株式投資と大きく異なるところですよね。株式投資と違って、取引手数料体系がリーズナブルで、近年はFX人口が急増して普及したこともあり、インターネット上で取引ができるため、余分なコストがかからないため、取引手数料や口座維持手数料などが無料になっているFX会社が増えてきました。

FXや株式投資は、あくまでも投資であって賭けごとではないので、「FXでガッツリ稼ぐ」必勝本などには、あまりまどわされないほうがいいようです。
では、なぜFXがこんなに人気が高いのか?というと、パソコンや携帯電話のインターネットで取引できる手軽さと、仕事が忙しい人でもFXなら23時間世界の為替市場が動いているので、取引ができて、副業に最適ですね。

FXを始めるのが不安な人は、FX会社のサイト上でバーチャルFXが利用できるので、まずはそこからスタートしてみてはいかがでしょうか。本物の取引同様に仮想取引ができます。FX初心者は、高レバレッジをきかせるのは避けて、低レバレッジに設定して、まずはスワップ金利を狙うといいでしょう。日本国内の金融機関の金利は下がる一方で、定期預金をしても金利が低いことが最大のデメリットになりますが、FXでは反対に日本円の金利が低いことを活かして、金利が高い通貨を組み合わせて、利益が期待できるというメリットがあります。一時期は、外貨預金に人気が集中していましたが、金融機関の営業時間内でないと売買できないこともあり、手数料体系を比較してもFXがダントツ有利です。

FXは、副業として始める人も増えてきていますが、投資なので元本保証がないことと、ハイリターンとハイリスクは背中合わせの関係ということを理解しておく必要があります。
あとは、円とドルの関係やFXに関する知識をしっかり身につけることが必要ですね。
FXで利益を上げて成功させるには、FX会社の選び方も重要ポイント。
FXに関する旬の情報をゲットして、FXに関する講座やセミナーが無料で開催されているところもありますので、FXを始める前にまずは足を運んでみましょう。